中古車を売ろうと考えたものの実際にどんな手続きをすればいいのかが分からない人も多くいます。そして、「よく分らないから。。。」といってディーラーに丸投げしてしまうのは非常にもったいないのです。
この記事では、中古車の売却を考えている人に向けた基本的な基礎知識について紹介したいと思います。
その中でも中古車を売買する際に「下取り」と「買取り」という言葉があります。
この2つの言葉はとても間違われやすいので、是非この記事で基礎知識として知っておきましょう!

中古車の買取りとは?

買取りというのは、自分の所有する車を買取り専門店に査定してもらい車と引き換えにお金を受け取る行為をいいます。買取り専門なので、査定額に関しても下取りよりも大幅に高額で査定される事も多いです。
その理由としては、査定の評価基準も非常に細かいので高評価になりやすいのです。
しかも、最近は社外のパーツを装備している車も高額査定の評価対象になりやすいので比較的満足のいく査定額になりやすいのです。

中古車の下取りとは?

下取りというのは、次の新しい車を購入する際に現在所有している車をその販売店に売却し、査定額分を値引いてもらう事を言います。
最近は家電などでも「下取りします!」といったキャッチコピーをよく聞きますので一般的にもかなり浸透してきています。
馴染みのあるディーラーでのやり取りなので安心できるのですが、それとは相反してデメリットがあるのも事実です。

ディーラーでの下取りのメリットとデメリット

下取りのメリットとしては今現在所有している車が人気のない車であったり古い車種であったとしても金額の大小はあるものの、ある程度一定の値段をつけてくれます。しかも、新しく購入した車の納車と引き換えの場合が多いので代車を必要としません。
その為、車が手元にないという事態を避けることができます。
また、担当者との馴れ合いもありますので、安心して取引が出来るのもメリットと言えるでしょう!
では、逆にディーラーで下取りをする際のデメリットとなどんなものがあるのでしょうか?
デメリットとしては査定額が買取り専門店と比べるとかなり低い事が多いので、売却金額に不満を生じやすいです。
いくら仲良くしている担当者の人にお願いをしても下取り金額が大きく上がることはまず無いと考えていいでしょう。

ディーラーに下取りしてもらうのは損してしまう!?

sonnshiteru01

新車を購入しようとするときにディーラーに下取りをしてもらう人が一般的には多いのですが、先ほども紹介したように金額面で損してしまう場合が多いのです。
もちろん、査定に関しての面倒な手続きなどを任せることは出来るのですが多くの場合、買取り専門業者で査定してもらう金額よりも下回ってしまう傾向が強いです。その理由として、

・ディーラー自体が買取りに関して力を入れていない。
・下取りを行うディーラーのメーカーと所持している車のメーカーが違う場合。

これらが挙げられます。
営業マンとの信頼関係が強い場合は、担当の営業マンも下取りには力を入れてくれる場合もありますがほとんどの場合、ディーラー独自の下取り基準がありますので、希望している金額よりは少なくなってしまう事が極めて多いです。
実際、私も過去に車を売買する時に買取りの専門店とディーラーでの下取り、どちらが金額面で納得いくのかを試したことがあります。
結果としてはやはりディーラーでの下取りよりも中古車買い取り専門店の方が10万円以上も高く査定してもらえました。
ここで言えることは、中古車の査定額に重点を置くのであれば、自分の所持している車の平均的な相場を調べることが大切です。
ディーラーでの下取りを考えるのであれば、所持している愛車の市場相場は最低知っておく必要があります。
もし、知らない場合知らず知らずのうちにディーラーでの下取りによって損してしまう可能性がありますので気を付けて下さいね。
そうすると直接買取り業者とやり取りの出来る車一括査定はデメリットもありますが、愛車を高額で買い取ってくれるのは大きなメリットと言えるはずです。
ただ、車一括査定のサイトはインターネット上にたくさん存在しています。
「結局どれが一番イイの!?」
こう思ってしまうかもしれませんので、次の記事では数ある車一括査定サイトの中から5つ厳選してランキングにしてみました。
是非あなたと一番相性の良さそうな車一括査定サイトを選んでみてください。
osusume01

あなたにおすすめの記事