この記事ではスカイラインの買取価格・査定相場について紹介しています。

日産車を語る上で外せないモデルと言えば「スカイライン」でしょう。長らく同社の基幹車種として稼働した、スポーツカーの王道でもあります。

スカイラインの歴史は1957年にまで遡ります。

当時の富士精密工業から発売となり、その後はプリンス自動車、さらに日産自動車との合併後も引き続き販売されたモデルです。間も無く生産70年を迎えるスカイライン。

自動車界全体で見ても息の長いモデルであり、中でもスポーツカーとしての存在感や功績は計り知れません。

ただ、最近はスポーツカーやセダンモデル人気の低迷により、苦戦を強いられていることも否めないモデルでもあります。

おすすめの車一括査定ランキング

スカイラインの買取価格・査定相場

これまで幾多のフルモデルチェンジを行ってきたスカイラインですが、その年代ごとに様々なグレードがラインアップされてきました。

タイプ・年式

走行距離

査定額

250GT(2007年式)

1~2万km

68.9万円

250GTタイプV(2007年式)

12~13万km

36.2万円

GT(1999年式)

9~10万km

104.3万円

350GTタイプSP(2007年式

6~7万km

60.8万円

RSターボ(1983年式)

14~15万km

18.6万円

370GTタイプS(2009年式)

5~6万km

69.2万円

クーペ370GT(2007年式)

8~9万km

79.1万円

クーペ25GTターボ(1998年式)

8~9万km

56万円

クーペ370GTタイプS(2008年式)

2~3万km

160.5万円

クーペGTS 25t タイプMエアロ(1996年式)

10~11万km

17.8万円

セダン及びクーペタイプのスカイラインの買取実例です。

かなり古い年式のモデルも取引されており、長く愛されてきた車であるのがわかりますね。

新車価格ではそれなりに高額なモデルなので、すぐさま価値がなくなるということはないと思いますが、昨今の車業界のニーズから考えれば、厳しい事情が多くなりそうです。

スカイラインを高く売るためには?

(1)現行型なら高値で売れる

歴代13代目となる現行モデルのスカイラインですが、北米ではインフィニティ・Q50として販売される、高級志向のスポーツモデルです。

2014年5月発売のモデルということで、中古車では数が少ない現行スカイラインなので、現在であれば高く買い取ってもらいやすいでしょう。

  • ハイブリッド仕様
  • エクスルーシブといった上級仕様車

ならなお、高評価ですし上品質なモデルなので、質感がキープされているほど高価買取となるはずです。

(2)知名度の割にはあまり良くない

現行以外のスカイラインはどうでしょうか?かつては日産の看板車種とも言われたスカイラインですが、今ではその人気も下火

セダンやスポーツタイプの車自体、人気が低下していますので、名前はかなり浸透しているものの、以前ほどのニーズは期待できません。

特に近年のスカイラインは海外市場を意識して大型化が進み、デザインも保守的になってしまいました。現役で人気だったのはR34型くらいまででしょうか。

もちろんセダンの不人気も影響していますが、スカイライン自体の評価も下がってしまっているのです。したがって、新車価格からの値落ち率でいうとどうしても値下がり感が強くなってしまうでしょう。

特に不評になったV35型以降は厳しいかもしれません。

逆にかなり綺麗な状態なら、古くて人気のあった頃のスカイラインの方が評価されるかもしれませんし、さらにMTターボ車であるなど、とことん趣味に偏っているくらいが高評価になるでしょう。

(3)海外需要も視野に!

近年は日本で人気低下が続くスカイラインですが、インフィニティブランドで売られる海外では評価が高かったりもします。

そのためあまり良い査定額が出ないようであれば、輸出系の業者もあたってみてはいかがでしょう。

まとめ:スカイライン売却時のポイントは?

levogu-satei

ネームバリューは抜群なのですが、やはり時代のニーズにはマッチしていません。

ただ、根強いファンがいるのも事実。そういったファンの需要を考えると、スポーツカー専門店などにも相談すると良さそうですね。

走りの性能も重視されるでしょうから、日々のメンテナンスを怠らないようにしたいものですし、あまり荒い走行で車を傷つけないよう注意しましょうね。

そして、スカイラインを査定する際はやはり当サイトでも紹介しているような車一括査定サイトを利用して複数の業者と査定額を競り合わすことで高額査定も実現しやすくなると思います。

おすすめの車一括査定ランキング

3. 車一括査定サイトおすすめランキングベスト5

かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!
たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる! 業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。
24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。
業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。 提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!
特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト
 
カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!
参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー
リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。
一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。
特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト
 
ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!
芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。 何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!
私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。
従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。
特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る
 
カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社
車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。
新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。
200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。 入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね
 
ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!
などバランスのとれた車一括査定会社です。 申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀
平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。
ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。
特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事