N-BOXとタントを徹底比較!どっちがオススメで買い!?

ホンダ・N-BOXとダイハツ・タントはどちらも人気のトールワゴンタイプの軽自動車です。N-BOXとタントはどちらも良い車なので正直どっちが買いなのかとても悩ましいですよね。

ただ、比較してみないとN-BOXとタントの良さや自分にとってどちらの方がメリットが多いのか?というのは分かりにくいですよね。

そこでこの記事ではホンダ・N-BOXとダイハツ・タントを徹底的に比較してみました。比較内容は、
比較内容
  • 外観(エクステリア)
  • 内装(インテリア)
  • 走行性能
  • 燃費性能
  • 安全性能
  • 価格・グレード
  • 維持費

など、ほぼ全ての気になるところを網羅いたしました。ぜひ、N-BOXとタントを比較してあなたにとってどちらが買いなのかを見極めてみて下さい。

スポンサーリンク

N-BOXとタントを徹底比較!

それでは早速、N-BOXとタントを比較していきましょう。エクステリア・デザインやインテリア・デザイン。走行性能や燃費。安全性や価格など多方面から見ていきます。まずはエクステリア・デザインから。

【N-BOX VS タント】外観(エクステリア)

まずはN-BOXとタントの大きさを比較する前に確認しておきましょう。

■ホンダ・N-BOX

3,395mm(全長)×1,475mm(全幅)×1,790mm(全高)

■ダイハツ・タント

3,395mm(全長)×1,475mm(全幅)×1,750mm(全高)

N-BOXとタントともに軽自動車の規格いっぱいに作られていますね。全高はタントの方が40mm低いんですが、見た目の印象はほとんど変わりません。トールワゴン同士なのでデザインも似通っていますが、タントの方が少し丸みを帯びたスタイルになっていますね。

【N-BOX VS タント】内観(インテリア)

N-BOXとタントの室内の広さをチェックしたいと思います。

■ホンダ・N-BOX

2240mm(室内長)×1350mm(室内幅)×1400mm(室内高)

■ダイハツ・タント

2,200mm(室内長)×1,350mm(室内幅)×1,365mm(室内高)

N-BOXとタント、どちらもかなり広い室内を持っていますが、それぞれ持ち味が異なります。ホンダ・N-BOXはリアシートを倒すとフルフラットのカーゴルームが出現します。


出典元:https://www.honda.co.jp/

これはホンダお得意のセンタータンクレイアウトによるものです。

変わってダイハツ・タントは助手席のドアと左リアスライドドアを開けると、センターピラーがないので広々とした開口部が出現します。


出典元:https://www.daihatsu.co.jp

ダイハツではこれを「ミラクルオープンドア」と称していますが、開口部はなんと1,490mmにもなります。ただ、ダッシュボードなどのインテリア・デザインは、ややホンダ・N-BOXの方が高級感があります。

【N-BOX VS タント】走行性能

ホンダ・N-BOXとダイハツ・タントはともに、N.Aエンジンとターボエンジンを持っています。FFと4WDを揃えているところも同じです。

その為、走行性能はほぼ同じと言えます。街中中心なら両車ともN.Aエンジンで問題ないでしょう。時々、高速道路を使う人はターボエンジンがいいのかもしれません。

【N-BOX VS タント】燃費性能

ホンダ・N-BOXとダイハツ・タントともに燃費についてはカタログ燃費だけではなく、実燃費もチェックしたいと思います。

■ホンダ・N-BOX

グレード 駆動方式 カタログ燃費 実燃費 燃費達成率
G FF 27.0km/L 15.38km/L 56.96%
ターボ FF 25.6km/L 14.92km/L 58.28%

■ダイハツ・タント

グレード 駆動方式 カタログ燃費 実燃費 燃費達成率
X FF 28.0km/L 16.14km/L 57.64%
Xターボ FF 26.0km/L 15.52km/L 59.69%

燃費はダイハツ・タントの方がやや上ですが誤差の範囲だと思います。ホンダ・N-BOXとダイハツ・タントはともに差は無いと言えるかと思います。

【N-BOX VS タント】安全性能

ホンダ・N-BOXには「Honda SENSING」

ダイハツ・タントには「スマートアシスト」が装備されています。

ともに車線逸脱やふらつき警告、誤発進抑制や自動ブレーキといった機能が搭載されていて、安全性能についてもホンダ・N-BOXとダイハツ・タントはともに違いは無いといっていいでしょう。

【N-BOX VS タント】価格・グレード

■ホンダ・N-BOX

  • N-BOX G・Honda SENSING(FF/4WD)  1,385,640円/1,516,320円
  • N-BOX G・L Honda SENSING(FF/4WD) 1,499,040円/1,629,720円
  • N-BOX G・スロープ Honda SENSING(FF/4WD) 1,575,640円/1,696,640円
  • N-BOX G・EX Honda SENSING(FF/4WD) 1,596,240円/1,726,920円
  • N-BOX G・スロープL Honda SENSING(FF/4WD) 1,689,040円/1,810,040円
  • N-BOX G・L ターボ Honda SENSING(FF/4WD) 1,695,600円/1,826,280円
  • N-BOX Custom G・L Honda SENSING(FF/4WD) 1,698,840円/1,829,520円
  • N-BOX G・EX ターボ Honda SENSING(FF/4WD) 1,749,600円/1,880,280円
  • N-BOX Custom G・EX Honda SENSING(FF/4WD) 1,752,840円/1,883,520円
  • N-BOX G・スロープL ターボ Honda SENSING(FF/4WD) 1,885,600円/2,006,600円
  • N-BOX Custom G・スロープL Honda SENSING(FF/4WD) 1,888,840円/2,009,840円
  • N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING(FF/4WD) 1,895,400円/2,026,080円
  • N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING(FF/4WD) 1,949,400円/2,080,080円

ズラーっと並んでいますが正直何を基準に良いのか分かりませんよね。この中でも個人的にお勧めなN-BOXはこちらになります。
ホンダ・N-BOXのオススメグレード

N-BOX G・L Honda SENSING(FF):1,499,040円

左リアスライドドアが電動になっているグレードです。オプションで右リアスライドドアも電動化出来ますがこれは必要ないでしょう。価格も150万円を切っていることも考慮すると、ホンダ・N-BOXではこのグレードが一押しです。

■ダイハツ・タント

  • L 1,220,400円(FF) 1,350,000円(4WD)
  • L “SA ” 1,285,200円(FF) 1,414,800円(4WD)
  • X 1,285,200円(FF) 1,414,800円(4WD)
  • X “SA ”1,420,200円(FF) 1,544,400円(4WD)
  • X “ホワイトアクセントSA ”1,485,000円(FF) 1,609,200円(4WD)
  • Xターボ “SA ”1,501,200円(FF) 1,625,400円(4WD)
  • G “SA ” 1,533,600円(FF) 1,657,800円(4WD)

タントに関しても個人的にお勧めなのはこちらになります
ダイハツ・タントのオススメグレード

X “SA ”(FF):1,420,200円

タントはこちらのグレードがいいでしょう。装備も十分ですし「スマートアシスト」も搭載しているので安心ですね。低廉な価格も魅力です。

N-BOXとタントそれぞれの維持費は!?

N-BOX タント
自動車税 10,800円 10,800円
重量税 3,300円 3,300円
自賠責保険 13,185円 13,185円
任意保険 46,030円 46,030円
車検代 30,000円 30,000円
消耗品費 10,000円 10,000円
合 計 113,315円 113,315円

軽自動車同士なので年間の維持費は変わりません。この金額の他にガソリン代と有料道路代、駐車料金などが別途かかります。

スポンサーリンク

N-BOXとタントそれぞれ何を基準に選べば良い!?

では最終的にホンダ・N-BOXとダイハツ・タントは何を基準に選べばいいのでしょうか。私からのアドバイスとしては、両車それぞれの持ち味から選べばいいと思います。つまり、

ホンダ・N-BOXはリアシートを倒すとフルフラットなカーゴルームが出現します。荷物をたくさん積むことが出来るので、そういう使い方をする人に向いています。

ダイハツ・タントはなんといっても「ミラクルオープンドア」が魅力的です。小さなお子さんばかりでなく、お年寄りも乗り降りがしやすいので喜ばれると思います。

あなたの車の使い方に合わせて選びましょう。

まとめ

以上、ホンダ・N-BOXとダイハツ・タントを徹底的に比較してきました。動力性能や安全性、燃費などは両車には差がありませんが、それぞれ強い個性を持っています。

N-BOXとタントどちらを選んでも間違いはありませんから、自分に合うと思った方を購入検討してみてくださいね。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事