アクアとプリウスを中古車比較!購入するならどっちがオススメ!?

アクアとプリウスの中古車どっちにしようか迷う〜

運転しやすさや維持費はどっちが良いのかな?

トヨタ・アクアとプリウスの中古車購入で、どっちにしようか迷う方も多いのではないでしょうか。

どちらもハイブリッド車ですし迷うはずです、ただこれだけは言えますが燃費が良い点は共通しています

そこで今回はアクアとプリウスを見た目の違いから始め、運転しやすさや維持費など様々な視点で比較していきます。

やっぱりアクアとプリウスはどっちにしようか迷う…

そんな方にはきっとお役に立てる記事だと思いますので、ぜひ最後まで読んでいただきアクアもしくはプリウスの中古車を購入する上での判断材料にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

「アクア」と「プリウス」見た目違いが分かりにくい?

「アクア」と「プリウス」の比較をする前に、多くのカーユーザーから指摘されているアクアとプリウスの見た目をハッキリしておきましょう。パッと見、見た目の違いが分かりにくいとの事なので写真を並べてみました。

【前方の違い】「アクア」&「プリウス」

プリウスとアクア

【横の違い】「アクア」&「プリウス」

プリウスとアクア

【後方の違い】「アクア」&「プリウス」

プリウスとアクア

確かに見た目の違いは分かりにくいので何も知らない人は迷うかもしれませんね。しかしお気付きの方もいるかと思いますが、上の写真のプリウスは30系後期のプリウスです。

現在は50系なので上の写真は前のモデルという事になります。現在の50系はこちらです。

見た目も大きく変わってハッキリと違いが判別できるようになりました。また、3ナンバーなのか5ナンバーなのかによっても判別ができます。では、見た目の違いもハッキリしたところで早速「アクア」と「プリウス」の比較をしていきましょう。

迷うあなたに!アクアとプリウスを比較!中古車ならどっちがオススメ!?

当サイトとしてはアクアとプリウスの中古車ならプリウスを断然オススメしたいと思います。

もちろん自分が乗っているのも理由としてありますが、それ以外にも多くのお勧めできる点があるのです。

プリウスをおすすめするわけですが、

  • 室内空間
  • 足回り(運転しやすさ)
  • 販売台数
  • 維持費

などを順に比較していくとその理由が見えると思います。

まずは両車の簡単なスペックを見てみましょう。

トヨタ アクアのスペック

全 長 4.0m~4.07m
全 高 1.42m~1.5m
全 幅 1.7m~1.72m
駆動形式 2WD
燃 費(JC08モード) 33.8km/L~38.0km/L
排気量 1,500cc
車両重量 1,325kg~1,385kg

やはりハイブリッド車という事で燃費の良さがかなり際立ちますね。では次にプリウスのスペックを見てみましょう。

トヨタ プリウスのスペック

全 長 4.28m~4.58m
全 高 1.47m~1.49m
全 幅 1.70m~1.76m
駆動形式 2WD/4WD
燃 費(JC08モード) 34.0km/L~39.0km/L
排気量 1,500cc~1,800cc
車両重量 1,495kg~1,735kg

驚いたのはプリウスとアクアの燃費がほとんど同じだという事。しかし言い換えればプリウスの方が車体の大きさでは優っているのに同じくらいの燃費だということは、燃料タンクの大きなプリウスはアクアよりも長い距離を走れるということです。

ではもう少し、プリウスとアクアを比較してみましょう。

スポンサーリンク

「アクア」と「プリウス」を色々な視点で比較!!

「アクア」と「プリウス」の室内空間の比較

まずはアクアとプリウスの室内の寸法から見てみましょう。

室内長 室内幅 室内高
アクア 2,015mm 1,395mm 1,175mm
プリウス 2,110mm 1,490mm 1,195mm

プリウスの方が「室内長:9.5cm×室内幅:9.5cm×室内高:2.0cm」広いことがわかりますね。つまり、家族が多い人はプリウスの方がおすすめできます。

ではそんな室内空間を彩る室内色を見てみましょう。

「アクア」と「プリウス」の内装色の比較

プリウスの内装色は「クールグレイ」と「ブラック」の2色だけに対してアクアの内装色は「シルバーブラック」を始め7色の内装色を選択できます(オプション含める)

プリウスの内装色

プリウスの内装色

プリウスの内装色は2種類しかないものの吸音材の使用から質感はもちろん静粛性も高いと言えそうです。ちなみにインパネ付近は「ウッド調」と「ブルーシェル」を選択でき、どっちも近未来的です。

ではアクアの内装色を見てみましょう。

アクアの内装色

アクアの内装色は、

  • シルバーブラック
  • ホワイトソフトレザー
  • ブラックソフトレザー
  • ダークブラウン
  • ブルーブラック
  • レッド
  • ナチュラルグレー

の7色から選ぶことができます。ちなみに以下はダークブラウンです。

アクアの室内色

プリウスと比較するとやや簡素な感じは否めませんが、それをカバーするかのように室内色を7色選べるのはプラスだと思います。ただ、質感はやはりプリウスの方が上だと言えます。

「アクア」と「プリウス」の足回りや操作性を比較

足回りや操縦性もアクアよりプリウスの方が優れています。特に「ツーリング・セレクション」が付いたモデルは限定の装備もありますし見た目も運転しやすさも見事なものです。

そして現行の4代目のモデルでは更に足回りが強化され、後輪にはダブルウィッシュボーン・サスペンションが奢られ、さらにプリウスは死角のない車に仕上がっています。

一方、アクアの方はそこまで凝ったサスペンションは与えられていません。街乗りではそこそこなのですが、高速道路やワインディング・ロードでは運転しやすさの差は歴然と現れます。

「アクア」と「プリウス」の販売台数を比較

2018年の販売台数はプリウスよりもアクアが若干上回っています。販売台数は中古車市場ではとても大事なことで、それだけ多くの玉数から車を選ぶことが出来るということです。

アクアの販売台数(前年比) プリウス販売台数(前年比)
2018年 126,561台(96.2%) 115,462台(71.8%)

2018年に関しては度重なるプリウスの事故が目立った影響なのか前年比(71.8%)と販売台数は伸びませんでした。

▶︎プリウスが事故多い理由や原因はブレーキペダルやシフトレバー!?

2018年の販売台数こそアクアには負けていますが、累計販売台数を比べるとプリウスの方がはるかに売れているのは歴然だと言えます。

「アクア」と「プリウス」の維持費を比較

やはり購入してからのランニングコスト”維持費”は気になりますよね。アクアとプリウスの年間維持費を紹介したいと思います。

アクア(1.5L) プリウス(1.8L)
自動車税 34,500円(毎年) 39,500円(毎年)
任意保険 58,920円(35歳・車両保険あり 年間) 59,880円(35歳・車両保険あり 年間)
ガソリン代 62,184円(年間1万キロ 実燃費:24.6km/L レギュラー153円) 63,744円(年間1万キロ 実燃費:24.0km/L レギュラー153円)
車検代 85,000円(2年毎) 100,000円(2年毎)

維持費はプリウスの方が車体が大きい分費用がかかってしまいがちです。以上の観点からも維持費に関してはアクアの方が安く済むと言えそうですね。

プリウスの”デメリット”とアクアの”メリット”

ここまでプリウスを推してきたわけですがプリウスにデメリットがないわけではありません。プリウスがアクアに劣るところも当然あるので頭に入れておきましょう。ここでは3つほど紹介します。

燃費は若干アクアの方がいい

初代から4代目までのプリウスの平均カタログ燃費は34.5km/Lです。一方、アクアの方は36.2km/Lなのでプリウスよりも燃費では上回っていることになります。

燃費といえばプリウスとまで言われていたわけですが、実はアクアの方が燃費は良かったんですね。ただ、先述したように一度の給油で走れる距離はプリウスの方が燃料タンクが大きい分走れるという事です。

中古車価格はアクアの方が安い

プリウスの中古車平均相場は135.2万円です。対するアクアの中古車平均相場は119.9万円となっています。平均相場の差額は15.3万円になりますのでアクアの方がお手頃だと言えます。

アクアの方が小回りがきく

プリウスの最小回転半径は5.1mに対し、アクアの最小回転半径は4.8mです。車の大きさもアクアはプリウスより一回り小さいので、狭い場所の取り回しではアクアの方が有利と言えそうですね。

プリウスがオススメの人・アクアがオススメの人

人によってはプリウスが向いている人と、アクアが向いている人がいます。しかし、どんな基準で選べばいいのか分かりませんよね。

そこで私の独断と偏見でそれぞれオススメの人とその理由について述べたいと思います。

プリウスがオススメな人

プリウスがオススメの人は、

  1. 家族が多い
  2. 荷物を多く積み込みたい
  3. 中・長距離の移動が多い

ということになります。特に長距離の移動では疲れ方に差が出ます。小さな車は街中では便利ですが、高速道路は苦手だと思っておいた方が◯です。つまり長い距離を走るのであれば、プリウスの方が総合的に疲れ度は少ないと言えそうです。

実際私も関東から四国までプリウスで走ったことがありますが、さほど疲れは出ませんでした。(もちろんサービスエリアで休み休み行きましたよ^^)

▶︎プリウスの大きさ(幅、高さ、長さ)や定員について

アクアがオススメな人

アクアがオススメの人は、

  1. 家族が少ない
  2. 運転に自信がないので小さな車がいい
  3. 荷物を積み込むことは殆どない

と言えそうです。街中を中心に使うのであれば小さな車の方が便利です。あまり遠出をしないのならアクアでも十分満足できるはずですよ。

▶︎アクアの大きさ(幅、高さ、長さ)や定員について

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアクアとプリウスについて比較してきました。車の出来としてはプリウスの方が勝っていますが、使い方によってはアクアの方が便利なこともあります。

ともにハイブリッド車ですので、燃費で不満が出ることはないはずです。あとは自分の好き好みにはなってしまいますが、要は自分のライフスタイルに合わせて車を選ぶことが大切ですよ。

またプリウスには初代から4代まであるわけですが、中古車で購入する場合はそれぞれの注意点があります。購入を検討しようか迷われている方は特に知っておいた方がいいです。

中古プリウス2代目、3代目、4代目それぞれの注意点は何!?」で詳しく注意点についてまとめましたので一読してみて下さい。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事