現行の新型プリウスは2018年12月にマイナーチェンジを受け、内外装のデザインが変更されました。実際に新型プリウスの購入を考えた場合、乗車しているオーナーの口コミや評判は非常に参考になりますよね。

私も現にプリウスに乗っているのですが、実際に乗っているプリウスオーナーの口コミや評判は購入前の参考にしていました。そこで今回は新型プリウスの、

  • エクステリア
  • インテリア
  • 燃費・性能
  • 走り

についての評判や口コミを集めました。生の声を聞く事で自分が実際に乗っているイメージも付きやすいので購入するキッカケにもなるかもしれません。ぜひ最後まで読んで頂き新型プリウスの魅力を見つけてみて下さい。

ちなみにプリウスの大きさ等については以下で紹介しましたので参考にしていただけると幸いです。

新型プリウスのエクステリアの特徴と口コミや評判

まずは新型プリウスのエクステリアについての口コミや評判についてですが、合わせてエクステリアの特徴についてもみていく事にしましょう。

新型プリウスのエクステリアの特徴

新型プリウスのエクステリアデザインは空力を重視したものとなっています。ボンネットの低いラインからリアにかけて涙滴型となっています。従来、不評だったヘッドライトもリデザインされ、常識的なフェイスとなりました。トヨタも前期型のエクステリアデザインはアグレッシブすぎたことに気が付いたようです。

新型プリウスのエクステリアの口コミや評判

新しくなったプリウスのエクステリアデザインについてはどんな評判なのでしょうか。

「見た目はカッコいいとは思わないが、特別悪いとも思わない。デザインで買う車ではないことは確か」

「ダサいとコメントする人もいるようですが、近未来的かつスポーティーなデザインだと思う」

「マイナーチェンジ後はスッキリして良くなった」

新型プリウスのエクステリアについては思いの外、好評だと言えますね。

新型プリウスのインテリア(内装)の特徴と口コミや評判

エクステリアに続いてインテリアについての口コミや評判についてです。まずは新型プリウスの内装の特徴についてチェックしておきましょう。

新型プリウスのインテリア(内装)の特徴

新型プリウスのインテリアの最大の特徴は広さが保たれているという点です。特にフロントの運転席と助手席は十分な天井高があります。ただ、涙滴型のデザインのため、後部座席の天井高は不足しているという指摘が多く寄せられています。

また、シートの出来は良く、長時間座っても疲れは少ない車です。インパネ周りは上質感のあるデザインとなっていて、かのメルセデスベンツの様な風格さえ感じ取れます。先進的なインパネはもちろんの事、自然と高級感が得られる内装となっています。

新型プリウスのインテリア(内装)の口コミや評判

インテリアデザインについてはどんな評判なのでしょうか。

「フロントコンソールトレイやインストルメントパネルがブラックなので、落ちつきと高級感が感じられます

「天井が低めで子供を下ろす時に不便」

「シートのホールド性や座り心地は満足しています」

やはり先述したように天井高の低さが気になるとの声が多いようですね。

新型プリウスの燃費・性能の特徴と口コミや評判

プリウスと言えば燃費です。新型プリウスの燃費性能は実際の所どうなのでしょうか。カタログ上では39.0km/Lという驚きの燃費なのですが、実燃費はどうなのか気になりますよね。まずは新型プリウスの燃費性能の特徴からです。

新型プリウスの燃費・性能の特徴

新型プリウスの燃費は実燃費が優れていることが特徴になります。e-燃費でも多くの人が20km/L以上を記録しています。中にはリッター30kmを記録した人もいますので、いかにプリウスが燃費に優れた車なのかが理解できます。

従来は苦手だった高速道路の燃費も向上していますので、燃費については死角のない車に仕上がっていると言えそうです。

新型プリウスの燃費・性能の口コミや評判

新型プリウスの燃費について皆さんの口コミや評判はどうなのでしょうか。

「国道やバイパス、高速を道路を走行して平均燃費は26km/Lでした。」

「夏場のエアコンを入れて平均燃費が27km/Lという数値には満足しています」

「月に17,000キロ程度の走行距離で平均25km/Lなので大満足です」

やはりプリウスの燃費はすごいですね。実燃費の良さで満足している人はとても多いように感じます。燃費については次の記事でも紹介していますので参考にして下さい。

また、軽自動車との維持費の比較について紹介しましたので参考にして下さい。

新型プリウスの走りについての口コミや評判

四代目プリウスですが、三代目プリウスとはサスペンションが変わっています。リアサスペンションにダブルウィッシュボーンの独立懸架をおごり、走りもしっかりさせようとしています。その効果は出ているのでしょうか。プリウスの走りの特徴についてまず見てみましょう。

新型プリウスの走りの特徴

ボディの低重心化とリアサスペンションの変更は、気持ちのいい走りに繋がっています。新しいプラットフォームであるTNGAはボディ剛性も上がっているのでしっかりした走りを見せてくれるはずです。車としての出来の良さは、数あるトヨタ車の中でもトップクラスの仕上がりと言っていいでしょう。

新型プリウスの走りについての口コミや評判

「加速も乗り心地も良くて非常に快適。ただし後方の視界が悪いのが難点。カメラは必需品」

重心が低く安定性があるのでカーブでも安心できる」

「前モデルと比較すると明らかにハンドリングが良くなっている」

新型プリウスの走りっぷりもかなり好評のようですね。

プリウスとプリウスPHVの違いは!?

プリウスを検討している人の中にはプリウスPHVも気になっている人もいるかもしれません。プリウスPHVはプラグインという点もあり、外見のみならず性能面も大きく違ってきます。

まず、プリウスとプリウスPHVの違いは、プリウスPHVは外部から電気を充電することで、電気自動車として走らせることが出来るという点で、プリウスPHVは68.2kmまでならモーターのみで走行することが出来るのです。

そしてもう1つ違いがあるのは乗車人数です。プリウスは5人乗車ですがプリウスPHVは4人乗車となっています。4人ということは狭いのかな?と思われますが言うほど狭くはありません。

そして何よりもプリウスPHVは自宅に充電設備を設置する必要も出てきます。次の記事ではプリウスPHVの充電設備の費用面について紹介しましたので、プリウスPHVもきに方は是非一読してみて下さい。

まとめ

以上、新型プリウスの口コミや評判について紹介しました。プリウスをチョイスする最大のメリットはやはり燃費のようですね。実燃費で20km/L以上というのは魅力的です。

一方、空力を意識するあまり後部座席の天井を低くしすぎたのはデメリットと言えるのかもしれませんね。後ろに乗るのが子供でも下ろす時に不便では困りものです。また背の高い人が後ろに座ると圧迫感を感じるかもしれませんし、後方視界が悪いのも感心しません。

後方視界についてはバックカメラを付ければ解決するのだと思いますが、本来であればカメラ無しでもよく見えるようにデザインすべきだと少し思った次第です。

とは言っても新型プリウスはとても人気なのでまずは試乗してみることをお勧めします。試乗することで口コミや評判では得られなかった新しい気付きが得られるかもしれません。

画像出典元:TOYOTA

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事