「ハイエースって大きいし運転難しそう…」

「いや、大きいからこそハイエースは運転しやすいのかも!」

「運転する際のコツとかあるのかな!?」

などハイエースを運転に関して色々思った事はないでしょうか!?ハイエースはキャブオーバータイプのワンボックスカーで、そのタフネスさから業務用としてはもちろん、趣味の車としても大変人気がありますよね。

そこで、この記事ではそんなハイエースを運転する際の注意点や運転のコツなどについてまとめてみました。最後まで読んで頂く事でハイエースの運転が向上するかもしれません。

ハイエースは運転が難しい?運転しやすい?

ハイエースは運転が難しいのでしょうか。それとも運転がしやすい車なんでしょうか。結論から言えばいくつか注意する点に気をつけ、コツを掴めば誰でも問題なく運転することが可能な車です。そもそも運転が難しい車ならこれほど多くのハイエースが走っているわけがありませんからね。

ハイエースを運転する際のコツなどはある!?

コツ1:内輪差を把握する

内輪差とは曲がる際に前輪よりも後輪の方が内側を通ることですが、ハイエースの様なキャブオーバータイプの車は内輪差が大きく出ます。つまり乗用車感覚でコーナーを曲がると、後輪が縁石に乗り上げてしまいます。

内輪差は一度把握すれば問題なく運転できます。最初のうちはコーナーは大回りをする感覚で曲がりましょう。

コツ2:スピード感覚を掴む

ハイエースの様なキャブオーバータイプの車は座席が高いのが特徴です。エンジンの上に座るわけですのでそうなるわけですが、その場合乗用車よりもスピードが遅く感じる事があります。

その為、スピード感覚を掴むまでは、スピードメーターをチェックして速度を調整しましょう。

コツ3:車間距離は長めに

ハイエースの様なキャブオーバータイプの車はボンネットがないので見切りが良く、ついつい前の車に近づきすぎてしまいます。

ですが前を走る車にとっては大きな車に煽られているように感じてしまいます。そのようなことがないように車間距離は長めに取るようにして下さい。

コツ4:ブレーキは早めに

ハイエースは大きさ自体は他の乗用車と変わりませんが、車重が重いので制動距離が長めになる傾向があります。ブレーキはしっかりしたものが付いていますが、物理的に重いのでブレーキは早めにかける癖をつけましょう。

コツ5:バックは注意

ハイエースの運転で注意したいのはバックをする時です。運転席からリアドアまでが遠いので、サイドミラーやバックミラーだけでは不安です。

そこでバックする際に見てほしいのがリアドアの上部についているミラーです。後ろの障害物を確認できるので、後ろを向いてこのミラーを見るようにして下さい。

ハイエースを運転する際に気をつけたい事

ハイエースを運転する際のコツについてはわかりましたが他に何か気をつけなければならない事はあるんでしょうか。実はあります。

これから紹介する3点を主に気をつけてみましょう。

①乗車前に確認をする

ハイエースは運転席の位置が高くかつボンネットがないため直前の状況が掴みにくい車です。ですから乗車前にハイエースの前後に何もないことを確認して下さい。もしも小さな子供がいたら大変なことになります。

②横風に注意

ハイエースのようなスクエアで大きな横面積の車はどうしても横風に煽られます。特に高速道路や橋の上などは要注意です。台風など強風が吹いているときは運転をしない方が賢明です。

③コーナーはゆっくり

ハイエースはキャブオーバータイプのワンボックスカーです。フロントエンジン・リアドライブなので基本的には素直な運転感覚の車です。ですがワンボックスカーは重心が高いということも忘れてはいけません。

普通の乗用車の感覚でハイスピード・コーナリングなどを試みたら、まず間違いなく転倒することになります。無理をせずにコーナーは安全に走りましょう。

ハイエースは女性が運転しても大丈夫!?

ハイエースはそのデザインから大きく見えますが、4ナンバーのバンの場合、トヨタ・ヴォクシーとさほど大きさは変わりません。幅はむしろヴォクシーの方が広いくらいです。

ですからコツや注意点を守れば誰でも運転することが出来ます。パワーステアリングや6速オートマチックも付いていますから、女性でも問題なく運転することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハイエースの運転のコツと注意点について見てきました。キャブオーバータイプのワンボックスカーならではのコツや注意点はありますが、車の運転に慣れた方ならすぐに体得できます。

ハイエースは運転していて、とても楽しい車です。しかも頑丈なので長く乗れるのも魅力的です。しかも2017年11月のマイナーチェンジで最新の衝突安全装備である「Toyota Safety Sense P」が標準化されました。これでますます死角のない車に仕上がったと言えますよ。

そんなハイエースの維持費については次の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事