プラグインハイブリッド車の代表選手であるプリウスPHVに興味を抱いている方も多いのではないでしょうか。充電式だとガソリン代も節約出来そうだという事もあり近年注目を集めています。でも、

  • 充電設備がいるのでは!?
  • 充電設備の費用はどれくらい?
  • 補助金とか出ないの?

と色々疑問が出てきますよね。そこでこの記事では、プリウスPHVの充電設備の設置や費用、または補助金などについて紹介したいと思います。プリウスPHVに興味のある方はぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

プリウスPHVの充電設備について


出典元:プリウスPHV充電設備のご案内

プラグインハイブリッド車はハイブリッド車と異なり充電が必要となります。そのため自宅に充電設備を設置しなくてはなりません。充電設備は家庭用の100Vでも可能ですが、出来れば200Vの方が良いです。理由は後述しますが、充電時間が変わってくるためです。

とは言っても実際に設置するとなると設置費用はどれくらいかかるのか気になりますね。補助金も出ますので補助金の申請方法や手続きについても後述したいと思います。

プリウスPHVの充電設備の費用は?

プリウスPHVの充電設備はディーラーに工事を頼むと割高になりやすいです。では、相場はいくらくらいなのでしょうか。じつは充電設備には種類があってそれぞれ設置費用が変わります。大まかに分けると、

  • 壁掛型
  • 縦置き型

の二種類になります。ではそれぞれの充電設備の費用について見ていきましょう。

壁掛型


出典元:Panasonic

壁掛型は家の外壁に穴を開けてそこにコンセントを設置する方法です。充電コードを収納できる物や鍵付きの物などいくつか種類がありますが、コンセントのみなら8万円ほどの費用で済む事がほとんどです。

縦置き型


出典元:Panasonic

家と駐車スペースに距離がある場合、独立した縦置き型を設置することになります。コンセントの追加も簡単にできますが、電気工事だけではなく土木工事も必要になるので、費用は約30万円とやや割高になってしまいます。

いずれの充電設備設置工事も町の電気屋や工務店で行うことが可能です。また紹介した料金は電気屋や工務店に依頼した場合の金額です。

トヨタのディーラーに依頼するとトヨタホームが施工してくれるのですが、場合によっては電気屋や工務店の2倍の料金になることもあります。では、少し高めのプリウスPHVの充電設備ですが補助金はどれくらい出るのでしょうか?

プリウスPHVの充電設備に補助金などは出る?

プリウスPHVの充電設備の補助金ですが、結論を先に言えば申請すれば補助金は降ります。ですが面倒臭いと感じる方もいるかもしれません。ただ、設置費用の概ね半額ほど出してくれますから、申請しなければ損ですよね。※プリウスPHVに関しては20万円の補助金が出る様です。


出典元:http://www.cev-pc.or.jp/

では、具体的に設置費用の申請方法を見ていくことにしましょう。

補助金申請から交付までの流れ
  1. オンライン申請システムにアクセスする
  2. 申請に必要な書類を揃える
  3. 審査
  4. 工事が完了
  5. 交付

以上が補助金申請から交付までの段取りなのですが、概ね交付が完了するまでに3ヶ月程度かかるかと思います。では、順に各項目を見ていくとしましょう。

1オンライン申請システムにアクセスする


出典元:http://www.cev-pc.or.jp/

補助金は「一般社団法人 次世代自動車振興センター」から支払われます。まずは▶︎次世代自動車振興センターのホームページにアクセスしましょう。オンライン申請システムにアクセスしたら、アカウントを作成します。手順通りに行えば簡単です。

※補助金申請開始は毎年4,5月からが多い模様

2申請に必要な書類を揃える

補助金の申請には、

  • 本人確認書
  • 工事の見積書
  • 工事の見取り図
  • 施工箇所の写真
  • 電気系統図

などが必要になります。本人確認書以外は施工する業者に揃えてもらいましょう。

3審査

補助金申請の必要書類を送付すると審査が行われます。約1週間ほどで審査が終わりますが、交付決定されたら30日以内に工事を開始する事になります。

4工事が完了したら

工事が完了したらオンライン申請システムで報告します。必要な書類は、

  • 振込先の通帳
  • 電気配線図
  • 見取り図
  • 充電設備本体の発注書
  • 請求書・領収書

などになります。工事の際にもらった書類を、一式保管しておけば問題ありません。

5交付

工事報告後、審査を経て確定したら1~2ヶ月後に指定の金融機関に支払われます。

では、次にプリウスPHVの充電方法について紹介したいと思います。

プリウスPHVの充電方法について


出典元:TOYOTA

プリウスPHVの初代は急速充電を使うことが出来なかったのですが、二代目の現行モデルでは急速充電にも対応しています。町中の充電設備で充電可能となったのは喜ばしいことですが、基本は自宅に設置した充電設備での充電ということになります。

充電方法は至って簡単で車と充電設備をケーブルで繋げるだけで済みます。ただ、その充電ケーブルが少し高いかもしれません。

プリウスPHVの充電ケーブルの価格は?

トヨタ自動車製の充電ケーブルを追加購入するにはディーラーに別途問い合わせる必要があります。なぜならオプションでの購入が想定されていないからです。アマゾンなどではトヨタ自動車に対応したケーブルが売られており、200Vで8万円〜9万円と価格はやや高価になっています。

プリウスPHVの充電時間や電気代はどれほど?

それではプリウスPHVの充電時間や電気代はどれくらいかかるのでしょうか。これは100Vと200Vで大きく変わってきます。充電時間は、

  • 100Vの場合・・・14時間
  • 200Vの場合・・・2時間20分

で終了します。100Vではお得な深夜料金が使えない事になりますので、電気代はかなり割高になるかと思います。その点、200Vなら深夜料金を2時間ほど払えば済みますので、工事にお金がかかったとしても後々かなりお得になるわけですね。

プリウスPHVは充電設備なしでも購入は可能?

プリウスPHVは充電設備なしでも購入は可能なのでしょうか。実は購入すること自体は可能です。ただ、後々お金がかかることになります。充電設備が自宅にない場合、ディーラーや商業施設に設置してある充電設備を利用することになります。

当然ですが料金が発生します。しかし、最近はコンビニや道の駅などでも充電する事ができますし、急速充電だと20分くらいで80%を充電する事ができます。ただ、毎度毎度コンビニにプリウスPHVを充電する為だけに向かわすのは気が引けます。

以上を踏まえるとプリウスPHVで充電設備が家にないというのはあまり現実的ではないと言えそうです。充電設備が設置出来ない場合、普通のプリウスの購入の方が気が楽かもしれませんね。

普通のプリウスでもかなり燃費は良いです。中にはプリウスの燃費が悪くなったという人もいますが、歴代のプリウスから比較すると燃費は明らかに良くなっています。

また、最近はプリウスよりも少し小型のAQUA(アクア)も人気ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はプリウスPHVの充電設備の設置や費用、そして補助金などについて紹介しました。マンションなど集合住宅では充電設備が設置出来ない場合もあるので、充電設備が設置出来ない場合は普通のプリウスを購入することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また、戸建住宅にお住まいの方でプリウスPHVを購入される場合は、充電設備は200Vを選択するようにしましょう。プリウスPHVは充電設備が必要にはなりますが、その分ガソリン代も大幅に節約出来ますので、初めの初期費用が支払える場合はオススメしたい車でもあります。

ただ、燃費に関してはハイブリッド車でも十分に満足できるはずなので、色々なハイブリット車を見てみると言うのも一考だと思います。

あなたにおすすめの記事