初代プリウスが発売されたのは1997年。そしてその2年後の1999年にホンダから発売されたのがインサイトです。どちらもハイブリッド車ですがその成り立ちは異なるものでした。しかし巷では、

「インサイトはプリウスのパクリでは!?」

という声もあります。そこで今回はトヨタ・プリウスとホンダ・インサイトについて見て行くことにしましょう。外見だけではなく、燃費の比較などについてもみて行くことにしましょう。

インサイトはプリウスのパクリ?

初代プリウスは3BOXの5人乗りセダンでした。一方、初代インサイトは2ドアクーペの2人乗りと、デザインやコンセプトがまるで違う車でした。

そして心臓部のハイブリッドシステムも、トヨタはエンジンとモーターを切り替えながら走る方式であるのに対して、ホンダは常にエンジンを始動させている方式でした。

全く異なる車だったわけですが、問題は2009年〜2014年まで販売されていた、二代目のインサイト。二代目インサイトは、初代の燃費だけを追求するコンセプトから、通常の小型車として使えるように5ドアハッチバックの5人乗りで登場したのです。そしてそのデザインは、

「お前さん、そりゃないだろう」

と言いたくなるくらい、二代目プリウスに酷似していたんです。

フロントやリアの造形はもちろん、サイドフォルムまでよく似ていたので、口さがない評論家からは「プリウスのパクリ」と揶揄(やゆ)されてしまったのです。

2018年12月から発売が開始された三代目のインサイトは、トランクリッドを持つ4ドアセダンに変更されたので、現在は全く異なるデザインとなっています。

ホンダ インサイトとは

三代目インサイトは先代とは異なり、4ドアセダンとして登場しました。パワートレインは2モーターのハイブリッドシステムと、1.5Lのガソリンエンジンの組み合わせです。

出力はエンジンが109PSを、モーターが131PSをそれぞれ発生します。グレードはLX、EX、EX・BLACK STYLEの3種類が用意されます。

いずれもFFのみのラインナップとなっていて価格は3,261,600円(税込)〜3,628,800円(税込)に設定されています。

トヨタ プリウスとは

四代目となるプリウスは先代から踏襲した5ドアハッチバックとなっています。パワートレインは1.8Lのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムです。

出力はエンジンが98PSを、フロントモーターが72PSをそれぞれ発生します。4WDの場合はリアにもモーターが与えられ、7.2PSを発生させます。システム総合出力は122PSとなっています。グレードは、

  • E
  • S
  • S "ツーリングセレクション"
  • A
  • A "ツーリングセレクション"
  • Aプレミアム
  • Aプレミアム "ツーリングセレクション"

と細かく用意されています。最廉価版であるEグレードを除き、全車で4WD(E-four)の選択が可能となっています。価格は2,518,560円(税込)〜3,284,280円(税込)に設定されています。

インサイトとプリウスの販売台数状況

2019年1月の二車の国内での販売台数は、

  • プリウス:10,000台
  • インサイト:1,300台

となっています。インサイトの月間販売目標は1,000台ですから、目標を上回っていることになります。プリウスの10,000台には驚かされますが、じつは2009年以降このクラス(Cセグメント)の車で、販売台数がトップなのはプリウスなんですね。

インサイトとプリウスを比較(ボディサイズ、燃費、エンジン性能、安全性能)

ではここからはインサイトとプリウスを比較していきましょう。

  1. ボディサイズ
  2. 燃費
  3. エンジン性能
  4. 安全装備

などを順に見て行きたいと思います。

①ボディサイズ

インサイト
  • 全長:4,675mm
  • 全幅:1,820mm
  • 全高:1,410mm
  • ホイールベース:2,700mm
プリウス
  • 全長:4,575mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm(FF)/1,475mm(4WD)
  • ホイールベース:2,700mm

①−1車両重量

■インサイト:1,370〜1,390kg

■プリウス:1,320〜1,460kg

②燃 費

■インサイト:34.2km/L(JC08モード)

■プリウス:34.0km/L~39.0km/L(JC08モード)

③エンジン性能

インサイト
  • 1,496cc
  • 直列4気筒DOHC
  • 最高出力109PS/6,000rpm
  • 最大トルク13.7kgf・m/5,000rpm
プリウス
  • 1,797cc
  • 直列4気筒DOHC
  • 最高出力98PS/5,200rpm
  • 最大トルク14.5kgf・m/3,600rpm

③−1モーター性能

インサイト
  • 最高出力:131PS/4,000〜8,000rpm
  • 最大トルク:27.2kgf·m/0〜3,000rpm
プリウス
  • 最高出力:72PS(フロントモーター)7.2PS(リアモーター)
  • 最大トルク:16.6kgf・m(フロントモーター)5.6kgf・m(リアモーター)

④安全装備

インサイト
  • 安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車に標準装備。
  • 標識認識機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム
  • 車線維持支援システム
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 衝突軽減ブレーキを備えている。
プリウス
  • 「Toyota Safety Sence」を全車に標準装備
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御、ふらつき警報機能付)
  • プリクラッシュセーフティを備えています。

インサイトとプリウスどちらがおすすめ?

燃費だけ見てみるとプリウスの圧勝と言えそうですが、車は燃費だけで購入するものでもないでしょう。インサイト、プリウス共に車としての魅力があります。

それぞれおすすめ出来る車ですが、中でも特におすすめしたいグレードについて紹介しましょう。

インサイトのおすすめグレード

インサイトのおすすめグレードは「EX」です。

その理由は自動防眩ルームミラーとブラインドスポットインフォメーションが装備されているからです。いずれも後から取り付けることは出来ませんし、運転席8ウェイパワーシートやLEDフォグライトといった装備も魅力的です。

プリウスのおすすめグレード

プリウスのおすすめグレードは「A ツーリングセレクション」です。理由はブラインドスポットモニターが装備されていることと、17インチアルミホイールを履いていることです。

ツーリングセレクションは足回りを強化しているので、燃費は多少落ちますが、その分走りっぷりはかなり良くなっています。

まとめ

以上、インサイトとプリウスを比較してきました。先代とは異なりインサイトはなかなか魅力的なセダンに仕上がっていると思います。プリウスは昨年マイナーチェンジをしたばかりですからこちらも魅力は衰えていません。

車両価格はインサイトの方が高めですが、その分車格は上と言っていいでしょう。どちらを選んでも間違いのない車選びになると思いますよ。

あなたにおすすめの記事