今回は車の査定でしつこい営業マンに対しての上手な断り方について紹介したいと思います。

最近は中古車の売却で車一括査定を利用する人も多いと思います。

車一括査定サイトに申し込み、登録すると複数の業者に査定金額を提示してもらえるので高額査定が望めるのですが、その反面、中には”しつこい営業”を掛けてくる業者もいたりします。

車を査定してもらう上では仕方ないのですが、しつこいと何かと面倒ですし、何より嫌気がさしますよね。

そんな状況になった場合、どうやってその業者に対して断りを入れましょうか?今回はそんなしつこい業者に対しての断り方やその時の秘訣について紹介します。

車買取業者のしつこい営業を未然に防ぐ方法

車一括査定サイトに申し込み・登録するとあなたの車を買い取ってくれる業者一覧が表示されるのですが、出来るだけ有名な業者を選ぶといいです。

その理由は、ある程度有名な買取業者になると、

  • 社員教育の徹底
  • コンプライアンスの遵守
  • お客様満足度の向上

などを意識して営業している事が多いです。

仮にある程度有名な会社がしつこい営業を掛けているとその評判は瞬く間に口コミなどで広がってしまい、会社の運営や利益にも響いてくる可能性があります。

そういったトータル面の事を考えると無名のよくわからない業者を選ぶよりはある程度有名な業者を選ぶ方が安全性にも長けていると言えます。

しかし、

中には一括査定の登録はしたもののどれもあまり聞いた事のない業者ばかり…、ということもあります。

そういった時は、

ネットでその会社の評判や口コミなどを調べてみるといいですね。

インターネットを使って調べる方法

インターネットを使った検索の仕方としては、

検索方法
  • 「○○業者 + 評判」
  • 「○○業者 + 口コミ」
  • 「○○業者 + 詐欺」

上記のキーワードで検索を掛けてみると、当サイトの様なサイトや知恵袋などの質問サイトが表示されますので参考にしてみてください。

実際に利用した人の体験談や、買取業者で働いていた人、会社内部を暴露している情報などもあったりと面白い部分も見つけたりすることが出来ます。

こういった情報を元にしつこい営業を未然に回避することも出来ますよね。

自分は契約するつもりが無いにも関わらずしつこい営業に負けてしまい契約してしまうと、あとあと後悔してしまったりするのは自分自身です。

さらに、

あまり知られていませんが車の査定においての買取り契約はクーリングオフ対象外になってしまいます。

そんな願ってもいない契約をしてしまわない為にも未然に防げるものは始めに防いでおきましょう!

しかし、

もう業者と接触してしまって困っている人もいるかもしれませんので、その場合の対処法などを少し紹介しておきます。

訪問営業においての断り文句

中古車の買取り業者というのは良い車があればその日に契約をして持ち帰りたいと思っています。

そんな事もあって、結果しつこい営業になってしまう業者もいたりします。実際に訪問時においての断り方はどうすればいいのでしょうか?

  • 思っていた査定金額よりも少ない
  • 他の査定業者の金額も見てみたい

こんな場合は断りたいと思いますよね。そんな時に有効なのが、

「自分一人だけでは決めることが出来ない!家族(夫もしくは妻)に相談したい」ということを伝えてください。自分自身に決定権が無いということを伝えれば契約までには結び付きません。

業者の中には「買い取るまで帰ってくるな!」と教育されているところもあるようですが、立場上有利なのは依頼者の方なので、「この業者は無いな」と思ったのであればハッキリと断ってください。

要は相手に「このまま押したら売れるかも!?」と思わせるようなスキを作ってはいけません。

中古車買取り業者のほとんどは出来るだけ即日に売買契約をしたいと思っていますので中には、

「本日中に売ってもらえるのであれば更に上乗せした金額が出せます」

などと甘い言葉を言ってくるところもあります。しかし、そんな言葉は無視してください。

複数の業者と競り合わすことで高い金額で売ることが車一括査定での特徴でもあります。その日はおとなしく帰ってもらいましょう。

業者からの営業電話を断る方法

一度、車一括査定を申し込むと何日か経ってから買取り業者から連絡が来ることがあります。

提示された査定金額が満足できない場合はハッキリと断る必要があります。相手はプロですので曖昧な返事をしてしまうと何かに付け込んで売ってもらおうと攻めてきます。

なのでその時に一番有効な断り文句としては、

断り文句の例
  • 「もう他の業者に売ってしまった」
  • 「家族が引き継ぎで乗ることになった」
  • 「友人に譲った」

など、もう手元に車が無い事をイメージさせるような言葉を使うと良いですね。ほとんどの場合呼応行った言葉を使うと電話がかかってくることは無いと思います。

しかし、

これは私が体験したことなのですが以前買取りの査定をしてもらったb○gモー○ーという業者があるのですが、査定額が私の中でいまいちだったので他の業者に買い取ってもらったのです。

それを当時ハッキリと伝えたのですが、翌年もそのまた翌年も、

「車の買取りはどうなりましたか?」

といった営業の電話がかかってきました。さすがに私もこれは酷いと思ったので、

「去年も一昨年も他の業者に売って手元にない!と伝えてきた!どれだけいい加減な顧客管理してるの!?次掛けてきたら消費者センターに電話するよ?」

と一喝入れました。さすがにその言葉が効いたのかそれから数年経ちますが電話の営業はかかってきません。

なので一括査定をしてもらった際に、興味のない業者に対してはキチンと「売る気が無い」もしくは「手元に車は無い」ということをハッキリと伝えるようにしましょう。

まとめ

車一括査定サイトに申し込み・登録すると色々な業者が様々な査定額を提示してきます。

高い金額を出している上位3社、多くても4社くらいに絞って価格交渉をするようにしましょう!安い金額を提示している業者とやり取りしても時間が勿体無いですので、早い段階で省いておくようにしましょう!それが査定においてのコツであったりもします。

そしていくつかの業者との交渉段階に入ったら、

「他の業者は○○万円以上は出せると言っていたよ」

と言って、相手業者を意識させるような言葉を使い査定金額を上げていくような言い回しを使っていくようにしましょう。

あくまで車を査定する際に有利な立場なのは依頼者ですから。

そして、どうも売却金額に納得出来ない場合は先ほど紹介したような断り方を使い、あなたの満足できる査定額で車を売却するようにしましょう。

以上が車を査定してもらった際の上手な断り方と売却方法のコツになります。

また、

業者とのやりとり自体が嫌だ!という人も中には、いるかもしれません。

そんな場合は、芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務めている「ユーカーパック」がとてもおすすめです。

たくさんの業者とやり取りをせずとも、多くの業者に査定価格を釣り上げる事が出来るのです。

そんなユーカーパックは口コミ・評判ともにとても良いです^^

▶︎ユーカーパックの口コミや評判はなぜ良いのか!?

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事