今回は車を売るときの査定基準について解説したいと思います。

こんな人に読んでもらいたい内容です
  • 車の下取りを考えている。
  • 売却の際の査定基準が知りたい。
  • 下取り以外で愛車を高く売る方法は無いのか探している。

車の売却を考えている人は、出来るなら愛車を高額で売りたいと考えている人がほとんどです。

しかし、

ディーラーでの下取りで良いのか?

それとも、

色々な業者に査定をお願いしたほうがいいのか?

など、揺れ動いているかもしれません。

結論をまず言うとディーラーでの下取りはオススメしません。
※理由は後述します。

また、

車の査定金額って業者によってバラバラです。一体何を基準に決定してるの!?って思うこともありますよね。

そこでこの記事ではそんな疑問について答えてみたいと思います。

ディーラーの下取りをオススメしない理由

まず始めにディーラーなど、車を販売している業者は下取りや買取がメインではありません。

ディーラーは車を販売する事をメインに営業していますので、下取り額と言うのは極力抑えたいと考えています。

また、

ディーラーでの下取りの場合、

  • 年式
  • 走行距離
  • ボディーカラー

などで下取り額が、アニュアル化されています。

つまり、

どれだけ綺麗に乗っていたとしてもそのマニュアルの範囲内でしか下取りの価格を決定する事が出来ません…とディーラーの担当者はおっしゃっていました。

つまり下取りで高額な査定を狙うのは非常に難しいのです。

車の査定基準が決まってくる流れ

では、逆に買取をメインに行なっている業者に関してはどうでしょうか!?

車の査定金額はもちろん業者ごとによってバラバラなのですが、実はある経路をたどった最終金額になります。

実際の査定基準の流れというのは、日本自動車査定協会が出した基準価格を参考にして、各買取業者が自社の利益や経費などを計算し、基本価格が決まります。

そして最終的に売却希望の車の状態を考慮した後に買い取り価格が決まってきます。

そして、

日本自動車査定協会が決めた査定項目というのは50項目以上あり細かい査定が出来るようになっています。

また、

車買取り業者の査定内容がぶれない様に「カーチェックシート」なるものが用意されています。

つまり、

車の買取り業者はこの「カーチェックシート」を元に加点や減点をし査定価格を決めているのです。

カーチェックシートの内容は全部で11項目

カーチェックシートには全部で11項目のチェック欄があり、それぞれが細分化されており細かい査定が出来るようになっています。

今回はその内容を抜粋して紹介してみたいと思います。

カーチェックシートの11項目
  1. 車格や駆動方式・・・車台番号(車体番号)等
  2. 形状やミッションの種類
  3. 検査証の内容情報 重要定期点検整備記録簿のチェック
  4. 外装の状態・・・人気の高いボディカラーは加点しやすい
  5. 修復歴等の確認
  6. 車内の状況 重要査定士が一番重要視している部分
  7. 内外装の機能の状態の確認
  8. タイヤ、ホイールの種類やサイズの確認
  9. 走行距離や書類の有無
  10. 装備品の有無とその状態
  11. 加減点集計と査定額の算出項目

この他にも車検証自賠責保険の残り日数など色々な査定基準を経て査定金額が決定されます。

車の買取り業者によって査定金額が違うのはなぜ!?

車を査定するプロセスは分かったけど何故各業者によって査定金額の違いが出てくるの?って疑問に当たると思います。

それは、

各業者によって基本価格の内訳が違ってくるためです。

どういうことかというと、

車の整備費等に関して自社工場を構えている業者は整備費を安価で済ますことが出来ますが、もし外部に委託している業者であればその費用は割高になってしまいます。

そうすると必然的に査定から転売するまでの日数も変わってきますので見込みの経費にも差が出来てしまいます。

そしてもう一つは、各業者の販売力やマーケティング力の差です。

例えば、

軽自動車を専門としている業者なら軽自動車の買取りには力を入れることが出来ますし、ミニバンに力を入れているのであればミニバンの査定金額は他業者よりも査定金額が上になったりします。

こういった関係性のもとに査定額が決まってきますので、各業者によって査定額に違いが出てくるわけですね。

なので、

車を査定するにあたって一つの業者に絞ったりするのはナンセンスですし、大手だから一番高額金額を出してくれると思っていると思わぬをしてしまったりするわけです。

その為、

車の査定をする際は複数の業者に査定依頼をするのが一般的ですし、ネットでの一括査定サイトは非常に理にかなった査定方法と言えます。

しかし、

中には車の査定を名目にした詐欺会社もありますので注意も必要です。

当サイトでは厳選した優良な車一括査定サイトを5サイト紹介していますので是非積極的に登録して高額査定を実現しください

おすすめの車一括査定ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ディーラーの下取りだとなかなか高額査定というのは難しいです。

しかし、

付き合いなどもあったりすると下取りにした方がいいのかな…?と考えてしまいがちです。

ただ、

冒頭でも書きましたようにディーラーなどの販売店は車を下取りしてもらうよりも車を購入してもらう方が嬉しいわけです。

こちらとしては今乗っている車を高く売却して次に乗る車の資金に充てたいですよね。

という事は、買取は買取業者に任せて高額で売却し、その金額を持ってディーラーで車を購入すればお互いにメリットがあるとは思いませんか?

一概にディーラーの下取りが悪いとは言いませんが、お互い納得できる方法を考えた時に、この方法が得策ではないのかな?と個人的には思います。

下取りで10万と査定された車が30万だったり、下取りでは、

50万しか査定が付きませんね

と言われた車が80万で売れたりと車一括査定サイトでは当たり前のように頻繁に起こっています。

ディラーでの”下取り”と”車一括査定サイト”どちらの方があなたにとってメリットがありそうでしょうか?

おすすめの車一括査定ランキング

あなたにおすすめの記事