今回は車の査定前にステッカー等は剥がしておく方が良いのか?紹介したいと思います。

車を長年使用しているとボディー面やガラス面などにステッカーを貼ったりすることもあるかもしれません。

また、

子供のいる家庭だと子供が好き勝手にシールやステッカーを貼ったりすることもありますよね。

では、

車を査定する時、ステッカーやシールが貼ってあると査定にどう影響があるのでしょうか?

査定に影響が出るとなると剥がした方が良さそうですよね。

ステッカーやシールは剥がしておいた方が良い?

結論を先に言うとステッカー・シールを貼っている車が必ずしも査定金額が下がってしまうというわけではないようです。

つまり、

買取り業者の査定士次第というわけですね。

もちろんステッカーやシールが貼ってある車は、引き取り後にそれを剥がす作業をしなくてはいけない為、手間がかかります。

つまりその手間分(作業料金分)が査定額に反映されてしまう可能性があるということ。

知り合いの査定士に聞いたところ、

出来ることならステッカーやシールは剥がしてる方が本来の車の状態を確認できるので査定する側も助かります

と言っていましたので、ステッカーシールをそのまま貼った状態で査定をするよりは出来れば剥がしておく方が良さそうですね。

査定する側も車の状態が分かりますし、売る側も査定金額に影響があるかもしれないですから。

また、

通常使用していたとしても太陽の紫外線による塗装面の劣化は免れません。

劣化した塗装面とシールやステッカーが貼ってあった部分は剥がしてみるとやはり色にムラが出来てしまいますので、基本的には車体にシール・ステッカーは貼らないようにしたいものですね。

傷を隠すためにステッカーを貼っている場合は正直に伝えましょう!

中には車に出来てしまった傷やヘコミを隠すためにステッカーやシールを貼っている人もいるかもしれません。

しかし、

査定を受ける際はキチンと伝えておく方が良いです。

査定の時にバレなかったとしても引き取った後に隠していた事がバレてしまうと当然査定金額は減額されますし、売り手のオーナーの信用自体が疑われることになります。

そうなってしまうとその他の査定項目にも影響が出てくる場合があり、結果的に二重査定などのトラブルの原因になってしまう可能性があります。

つまり、査定してもらう時には素直に伝えておいた方が良いということですね。

ステッカーやシールを剥がす2つの方法

ステッカー・シールを貼ったままだと減額対象になるのであれば何とかして剥がしたい!と思うはずです。

しかし、

ヘラなどで無理やり剥がそうとして傷をつけてしまうと元も子もありません。

ここでは具体的にどうやってステッカーやシールを剥がせばいいのかについて紹介したいと思います。

(1)ドライヤーを使って剥がす方法

ステッカー・シールを剥がす方法としてまず上がってくるのがドライヤーを使った方法です。

剥がしたいステッカーやシールを温めて接着面の糊(のり)の粘着力を弱めてゆっくり剥がしていく方法です。

動画はバイクに貼られたステッカーを剥がしていますが、車の場合でも要領は同じですね。

あと、

ステッカーやシールというのは炎天下の中でも剥がれてしまわないように強力な糊を使っている場合が多いです。

ドライヤーで表面の紙の部分は剥がすことが出来たとしても肝心の糊の部分が剥がれずに白く残る場合があるので、この剥がれ跡は強引にヘラなどで取るのではなく「ステッカー剥し」専用の溶剤などを使うようにしましょう!

(2)「ステッカー剥し」専用の溶剤で剥がす方法

「ステッカー剥し」等の溶剤には接着面の糊を溶かす成分が含まれています。

これを使うことで上記の方法で剥がれなかった糊の部分を剥がすことが出来ます。

ただ、

キレイに完璧に剥がすためにはかなりの時間がかかります。

手順としては溶剤をステッカー部分に塗布し十分に浸透させた後(数時間は必要)に布やティッシュ等で根気よく剥がしていくようになります。

ステッカー剥がしは基本的にかなりの時間と労力がかかると思っておきましょう!

しかも必ずキレイに剥がれる保証もありませんので、剥がさないといけないステッカー・シールが多いのであれば、割り切ってそのまま査定に出す方が良い場合もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ステッカーやシールを貼る時はテンションも上がっているので満足感に満たされるものですが、いざ車を査定に出したりする場合は査定金額に影響することもあります。

基本的には貼らないようにしておくのが一番いいのですがそうもいかないですよね。

今回紹介した方法で、ステッカー・シールを剥がすことは出来ますが、キレイに簡単にというわけではありませんので自信がない場合は割り切って貼ったまま査定に出した方が良い時もあります。

また、

査定する業者は決まっているでしょうか?

最近はディーラーの下取りではなく車一括査定を利用しているユーザーがどんどん増えています。

理由は、

高額で買い取ってもらえるからです。

うちの車はそんなに高くは売れないかも…

そんな風に思っていた車が30万円で買い取ってもらえた事例などもたくさんあるので、まだ利用したことのない方には是非利用してもらいたいと思っています。

次の記事では私が今までに車一括査定を利用してきた中で、満足できたものだけを5つ厳選しました。

おすすめの車一括査定ランキング

あなたにおすすめの記事