車一括査定に申し込む際に必要な書類や事務的な情報について紹介したいと思います。

必要書類がきちんと用意されているか、用意されていないかによって一括査定後の業者とのやり取りも変わってきます。

出来るだけスムーズに事を進めたい場合は必読です。

車一括査定に必要な書類

車一括査定を通して売却する場合に必要な書類は、車を中古車買取業者に売る場合とほとんど変わりません。

一括査定のために何か特別な書類が必要なわけではありませんし、一括査定の申し込み時に書類の提出が必要となるわけでもありません。

最後は結局、どこか1社との契約になりますから、通常の車の売却同様に契約時に提出する書類を揃えれば良いのです。

契約時に提出する書類

車を売却する場合、次の書類が必要になります。

車売却時に必要な書類
・車検証
・自賠責保険の証明書
・自動車税の納税証明書
・振り込み口座のメモ
・リサイクル券

これらの書類は、どの車でも提出する必要がありますよね。

さらに”普通車”ならば印鑑登録証明書、これは必ず求められます。

また、

  • 車検証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合
  • 住民票の姓名が異なる場合

は併せて戸籍謄本の提出が必要になります。

これは、車の一括査定を通して契約した買取業者に対しても、変わらないことです。また、車の買取の際、必ず必要となる書類の他に、用意できると良い条件で進みやすい書類等もあります。

例えば、

「整備手帳」

売却したい車が今まで手入れされてきたことの証明にもなります。

つまり言うなれば車の履歴書の様なものです。

整備手帳を用意することができれば査定額に好影響を与えます。
<% metaKeywords %>

理由は、

整備手帳を見る事で、車がこれまで手入れされ大切に扱われてきた事が予想できますし、今の車の状態にも納得がいく為です。

仮に査定に出した車の状態が悪かったとしても車一括査定後、査定額が落ちすぎずに済むわけですね。

用意出来れば有利なその他の書類関係

売却する業者を決めたとしても、

「書類」+「売却したい車に関係する書類」

は出来るだけ用意するのが理想的です。

具体的には、

その車の取り扱い説明書であったり、社外品を付けている場合は、その説明書や保証書も用意できると良いですね。

また、

過去に修理に出した事があるなら、

  • 修理業者からの見積書
  • 修理内容を説明しやすい書類

等も一緒に提出できると、査定額も好意的なものになりやすいです。要は売却対象の車に関する書類の有無でも、査定額の上げ下げは決まってきます。

そして当然、査定にかかる期間が長くもなるし短くもなるわけですね。

▶︎車一括査定にはどれくらいの期間、時間が必要なのか?

車一括査定サイトはどこを利用すれば良い?

「書類関係は集める事ができた!」

「では実際に車一括査定のサイトで査定の申し込みをしよう!」

…と思うけど、どこを利用すれば良いのでしょうか?

車一括査定サイトは現在たくさんあって、どのサイトにも特徴・特色があります。自分のスタイルに合った一括査定サイトを利用する事が最も高額で査定できる近道でもあります。

そこで、

次の記事では私が過去に利用してきた中で特に、

  • 利便性が良い
  • 登録業者が多い
  • 高額査定が実現できた

サイトをランキング形式でまとめましたのでぜひ参考にしてください。

▶︎車一括査定サイトランキング!各査定サイトを比較してみた

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は車一括査定に必要な書類などの事務的な情報について紹介しました。通常の車売却同様、

  • 車検証
  • 自賠責保険の証明書
  • 自動車税の納税証明書
  • 振り込み口座のメモ
  • リサイクル券

を用意する事でスムーズに事を進める事ができます。そして必要に応じて、

  • 戸籍謄本
  • 車、社外品の取扱説明書や保証書

等も用意しておくと査定額アップに繋がるでしょう。

さらに言うと、車売却時のちょっとした”コツ”や”裏技”を知っておくだけで、高額査定に繋がるケースもあります。

▶︎車買取の裏ワザ!車一括査定で高額査定をGETする為の必須項目!

あなたにおすすめの記事