今回は車の廃車手続きの費用について解説したいと思います。

いつかは訪れる愛車との別れ。愛車を廃車する際には、場合によって「廃車費用」がかかる事があります。

車の廃車とは
車の廃車とは、所有者が抹消登録を行いナンバープレートを取り外すことを指します。
  • 解体・滅失の為、車を再使用しない場合は「永久抹消登録」
  • 事情により長期間車に乗れないなど、一時的な使用中断の場合は「一時抹消登録」

では早速、

廃車手続きの費用がどれくらいなのか紹介しますね。

廃車に必要な費用

廃車にかかる大まかなお金は、

廃車に必要な費用
  • 車の引き取りや解体にかかる費用
  • 書類作成など手続きにかかる費用

に分けられます。

また、2005年からは自動車リサイクル料金の支払いが開始されました。

通常は先に徴収するため廃車時にはすでに払っている筈ですが、万が一未払いの場合は支払わなければなりません(8000~30000円)。

車の引き取りや解体にかかる費用

引き取り・解体費用
  • 引き取り費用…約10,000円(レッカー料金)
  • 解体費用…約10,000〜20,000円

※依頼する場所や車の状態によって、解体費用や引き取りにかかるお金は違ってきます。

車が動く場合は大丈夫ですが、動かない車を引き取ってもらう場合は、レッカー料金が必要になります。

さらに解体となると、1~2万円くらい必要になる場合があります。

しかし、

業者によっては無料で引き取り可能なところもあります。

書類など手続きにかかる費用

書類手続きにかかる費用
  • 抹消登録費用は自分で行う場合…無料
  • 業者に代行してもらう場合…0~10,000円

※自分で手続きを行う場合でも、一時抹消の手続きには350~500円ほどが必要になります。

総合的な費用

廃車手続きにかかる費用

例)引き取りにレッカーを使い、永久抹消登録を業者に代行してもらった場合

  • 引き取り費用…約10,000円
  • 解体費用…約10,000円
  • 手続き代行費用…約10,000円
【合計】30,000円
(リサイクル料金未払いの場合、これにリサイクル料金(8000~30000円)がかかります。)

全てを業者に任せた場合の費用になりますので、高くついた事例ですね。

自分で持ち込んだ場合は10,000円安くなりますし、解体費用の安い業者、無料引き取りの業者ならさらに安く済ます事が出来るでしょう。

「廃車」=絶対お金がかかるわけじゃない

代表的な廃車費用をあげてきましたが、実は廃車に関わるお金は出費だけではありません。

逆にお金がもらえたり、支払ったお金が戻ってくるケースも結構多いんですよ。

廃車する際にお金が戻ってくるケース:その1

4月1日時点で車を所有していると、1年分の自動車税が課せられます。この車を廃車にした場合、手続きが完了した翌月〜3月までの月割り計算された税金が還付されます。

注意)月を1日でもまたいでしまうと1ヶ月分減ってしまいます。

自賠責保険や任意保険に関しても、保険会社に申請を出すことで還付されます。

申請した日からの計算になるので、廃車が完了したらできるだけ早めに伺いましょう。

さらに永久抹消登録(軽自動車は返納届け)に限っては、車検が1ヶ月以上残っている状態で廃車にすると重量税が還付されます。

残りの車検期間までの分が月割り計算で返ってくるので、廃車を決めたなら車検が残っているうちに手続きしたほうがお得ということですね。

廃車する際にお金がもらえるケース:その2

「解体してもらうためにお金を払う」

これは車に詳しくない人の知識かもしれません。

実は廃車にするような車でもしっかりお金になるケースが珍しくないのです。

解体して部品別に販売したり、材質別に原料として使われたり。

十分に使えるような状態なら、アフリカやロシアなどの海外へ輸出されることも多いので、そういった再利用する価値がある廃車なら、逆にお金をもらって引き取りしてもらえますよ♪

廃車でお金をGETする為の2つの方法

方法1:廃車専門店にみてもらうのがベスト

お金がもらえるケースその1は、廃車専門店に引き取ってもらう方法です。

一般的なディーラーや車屋は、廃車を再販するルートに乏しいことも考えられます。

つまり、

廃車の使い道をより有意義にするためには、その道に詳しい業者に頼むのが一番なのです。

方法2:廃車専門の一括査定も便利

とはいっても、近くに廃車専門業者がいるとは限りませんよね。

また、

実は廃車専門の部署を持つ買取業者がいる場合もありますが、それを一軒一軒確認するのは面倒ですよね。

そんな時に便利なのが、廃車を専門とする車一括査定サービスです。

廃車の買取に強い業者だけを集めているので、高く引き取ってくれる業者を効率的に探せるんです。

オススメの廃車専門車一括査定サービス 2選

カーネクスト

カーネクストの特徴
  • 廃車レッカー代…無料!
  • 書類代行手数料…無料
  • 顧客満足度…95%

入力事項もとても少なく20秒もあれば完了してしまう手軽さなのに廃車に関してはしっかりとした対応をしてくれ、尚且つ思ってもいなかったような金額が手に入ることも!

年中無休でWEB査定に関しては24時間対応なのも嬉しいですね!

廃車でお困りの場合はカーネクストで決まりです!

廃車ラボ

廃車ラボの特徴
  • 廃車手続き代行手数料…無料
  • スクラップ費用…無料
  • 廃車引き取り費用…無料

廃車に関するあらゆる費用が無料なのは嬉しいですね♪

しかもそれだけではなく、

車を持ち込みし多人に対しての段階的(3000~10000円)なキャッシュバックは更に嬉しい!

24時間年中無休で受け付けしてもらえるので、急な廃車の依頼にも応えてくれるでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は車の廃車手続きの費用がどれくらいかかるのかについて紹介しました。自分でやる場合は、

廃車手続きにかかる費用

例)引き取りにレッカーを使い、永久抹消登録を業者に代行してもらった場合

  • 引き取り費用…約10,000円
  • 解体費用…約10,000円
  • 手続き代行費用…約10,000円
【合計】30,000円
(リサイクル料金未払いの場合、これにリサイクル料金(8000~30000円)がかかります。)

がかかってきます。自分で廃車の手続きは出来るわけですが、業者に任せる事でこれらの時間や手間を節約することができます。

ぜひ、

あなたに合った廃車の手続きをして下さいね。

あなたにおすすめの記事