この記事では車で自損事故した際、事故車は買取りしてもらえるのか?について紹介しています。

車を運転していると思わぬ自損事故を起こしてしまう事があります。

人の車と事故してしまい走行不能!って状態なら事故車として割り切れますが、ガードレールや壁に当たったぐらいの傷だと走行は出来ますよね。

こんな場合は事故車扱いになるのでしょうか?

この場合は事故車扱いにはならない場合が多いので買取額にもあまり影響はないです。

今回はそんな自損事故車の買取りについてです。

事故車(修復歴車)にはキチンとした定義があります

走行中、壁や塀にぶつかって車が傷ついて自損事故!これって事故車になるの?って思ってしまいますが、事故車(修復歴車)にはキチンとした定義が決められています。

この定義については次の3つの組織によって定義付けられています。

3つの組織
  • (社団法人)自動車公正取引協議会
  • (財団法人)日本自動車検査協会
  • 日本中古車自動車販売商工組合連合会

大まかにいうと、

車の骨格部分にあたる部分を修理していることで事故車(修復歴車)になると位置づけられています。

骨格部分というのは次の①~⑨までの骨組みのことを言います。

出典元:JAAI(一般財団法人 日本自動車査定協会 東京都支所)

一般的に業者の人がフレームと言っている部分は上記の①~⑨までのことを言っているわけですね。

したがってこれらの部分が損傷していたり、修復している場合は事故車(修復歴車)ということになります。

そうはいっても細かいところまでは一般の人からすれば分かりにくいところもありますよね。

特に自損事故の場合は。。。

事故車(修復歴)かどうかの判断は骨格部分の影響による!

事故車(修復歴車)には明確な定義があることは分かりましたが、自損事故の場合は事故車になるのでしょうか?

車を運転していると様々な自損事故のケースがあると思います。例えば、

事故例
  • 建物の塀にぶつかってしまったが骨格部分には影響はない⇒事故車にならない
  • 自転車が衝突してきたが骨格部分には影響はない⇒事故車にはならない
  • ガードレールに衝突してしまい骨格部分を損傷してしまった⇒事故車(修復歴車)扱い
  • 車を駐車していたところ他の車にぶつけられ骨格にヘコミが。。。⇒事故車(修復歴車)扱い

要は自損事故の内容に限らず車の骨格部分に影響があるかないかで事故車(修復歴車)になるか決まるのですね。

なので、

自損事故においても事故車かどうかを判断するには骨格部分の影響を見る必要があるということです。

残念ながら、

たとえ自損事故であっても事故車(修復歴車)と判断されてしまうと査定額はかなり下がってしまいますので、日ごろからの愛車の取り扱いには気を付けなくてはいけませんね。

とは言っても、

自損事故は思わぬところで起こしてしまいがちです。

  • よそ見
  • 居眠り運転
  • 確認不十分

など色々なパターンで自損事故を起こしがちです。

自損事故以前に安全運転は自分の身を守るためにも当然大切なこと!と同時に愛車を大切にすることにも繋がってきます。

自損事故で事故車になったとしても車は買い取ってもらえる!

事故してしまうと、

  • 修理するべきか?
  • 廃車にするか?

で決断を迫られる事があります。

事故車扱いになったら買取額は下がってしまうわけですが、買い取ってもらうことは出来ます。

下取り額は期待できそうにないし、一体どこで?

事故後の車を買い取ってもらう場合、事故車専門の買取業者があります。

事故車専門!?

はい、事故車専門で買取を全国展開しているタウという会社があります。

1日の取り扱い事故車は100以上で、ユーザーからとても信頼を置かれている会社です。

しかも、

事故車にも関わらず高額な査定が期待できる頼りになる業者でもあるのです。

以下の記事でタウの評判を紹介していますので参考にしてみて下さい。

参考記事事故車買取専門店タウの口コミや評判が良い理由!

まとめ

いかがでしたでしょうか!?事故車の有無というのは車体のフレームの損傷具合で決まってくる事がわかりましたね。

しかし、

思わぬ自損事故で愛車が事故車判定されても、タウのように高額で買い取ってくれる業者はあります!

本来なら廃車にしなくてはいけない様な事故車を買い取ってくれるのはかなり嬉しいですよね。

もちろん、

廃車の手続きも全て行ってくれます。

では、

通常の状態で査定するのと事故車として査定するのとでは査定額にどれくらい差ができるものなのでしょうか?

▶︎交通事故で査定額はどれくらい減額されるの!?

3. 車一括査定サイトおすすめランキングベスト5

かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!
たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる! 業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。
24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。
業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。 提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!
特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト
 
カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!
参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー
リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。
一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。
特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト
 
ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!
芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。 何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!
私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。
従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。
特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る
 
カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社
車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。
新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。
200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。 入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね
 
ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!
などバランスのとれた車一括査定会社です。 申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀
平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。
ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。
特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事