車の運転と事故は常に隣り合わせ。

万が一事故を起こして車を損傷した場合、修理して乗るのと売って買い換えるのとではどちらがお得なのでしょうか。

事故で愛車が破損してしまった…

ここでユーザーに突き付けられる選択肢、

「修理に出してそのまま乗る」

か、

「新しい車に乗り換える」

かの2択ではないでしょうか?

どちらを選択するにしても、損をしたくないのが本音。

しかし、

とっさにそんな判断はできませんよね。

今まさにそういった選択で悩んでいる人も、どちらがお得なのか考えていきましょう。

フレームの修理・交換をしたら「修復歴車」

そもそも事故を起こした=修復歴車というわけではありません。

売られている中古車でも、修復歴車と書かれているものはフレームの修理や交換を行った車に限ります。

そのため、

ぶつけて修復したことのある車でも、バンパーやドアの交換くらいでは修復歴車にならないことを覚えておきましょう。

参考記事車で自損事故!事故車は買取りしてもらえるの?

修理して乗り続ける場合

事故車を売らずに修理して乗る場合、

  • 保険金を使うかどうか
  • 修理代がいくらかかるか

などで金銭的な負担が変わってきます。

加入している保険の内容や等級にもよるので、自分の場合ではいくらになるのかのシミュレーションをしておくのが大切です。

免責割合で様々に変化

免責とは?
ユーザーが支払う修理代金の一部のこと

修理代が100万の場合、免責10と設定すれば保険会社が90万、残り10万は契約者本人が支払います。

免責割合が0の場合は負担がないので得なのでは?と思うかもしれません。

しかし、

免責割合が少ないほど普段の保険料が上がります。

また、

保険を適用して修理代を払うと、その後3年間の保険料は3等級下がった割合になるのでかなり高額な負担になってしまうのです。

少額であれば全額自己負担が得か?

10万でも100万でも、保険を使ってしまうと等級が3年間は下がることになります。

10万円程度の修理代のおかげで高額な保険料を払い続けるくらいなら、全額自己負担したほうが安くつく場合もあるのです。

免責を増やすことで車両保険は安くなりますが、修理費が高額になると自己負担額が増える上に等級が下がって保険料も高くなる…それなら全額負担してもらったほうがよかった、と思う場合もあるでしょう。

ケースバイケースなので、自分の場合はどの選択が最善かを計算するのが第一ですね。

乗り換える場合

フレームに損傷があり「修復歴あり」となった場合、どうしても売りたくなった時には修復歴車として売却しなくてはならないため、価値が急激に下がってしまいます。

せっかく修理代を払って綺麗に直しても、車そのものの価値は元には戻らないのです。

そのため、

いっその事次の車に乗り換えようと考えるユーザーも少なくありません。

買取査定額がいくらになるか?

買い替えの際に最も重要なのが、事故をした車をいくらで買い取ってもらえるかです。

当然ながら、破損した車を高く買い取ってくれる業車少ないです。

しかし、

価値がゼロになることも実は少ないのです。

特にディーラーの下取りなどでは査定額が伸びにくいのですが、それは中古車市場での再販を前提に買取するため。

修復歴ありの車が高く売れる訳ありませんよね。

しかし、

「買取専門」「廃車の買取専門店」などは違います。

中古車で流通ができないような車でも、解体することでパーツ単体としての価値を見出せば、全く価値がなくなることはないのです。

つまり、

乗り換えを検討しているなら買取専門店や廃車買取に強いお店を当たるほうが得策なのですね。

税金が戻ってくる場合も!

廃車にすることで戻ってくるお金も見逃してはなりません。

すでに支払っている自動車税(軽自動車は除く)自動車重量税などは、廃車にすることで手元に戻ってきます。

例えば、

自動車税は1年分先払いするので、5月に廃車すると6月から翌年の3月分が返金されます。

月を1日でもまたぐと1月分減ってしまうので、廃車の可能性があるなら迅速に検討したほうが良いでしょう。

まとめ:保険の状態や車の使い方などで損得は異なる!

以上をまとめると、どちらが絶対得、損とは言い切れません。

保険を使うかどうかや保険の内容以外にも、事故しなかった場合の車の価値、車に対する愛着などでも何が最善なのかは違ってきます。

その時に何を優先するかによって、修理して乗るか、新たに買い換えるかを慎重に決断する必要があるでしょう。

そして、

業者の中には事故車を専門に買取りしてくれるタウという業者がいます。

しかも、

思っていた以上に高額査定を受けているユーザーも相当数いるため非常に満足度の高い業者と言えます。

参考記事【買取例あり】事故車買取専門店タウの評判や口コミが凄く良い理由!

3. 車一括査定サイトおすすめランキングベスト5

かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!
たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる! 業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。
24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。
業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。 提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!
特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト
 
カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!
参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー
リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。
一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。
特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト
 
ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!
芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。 何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!
私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。
従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。
特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る
 
カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社
車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。
新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。
200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。 入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね
 
ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!
などバランスのとれた車一括査定会社です。 申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀
平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。
ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。
特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事