普段ふつうに生活していても止むを得ずおきてしまう交通事故。

事故による車の破損は、査定時にどれくらいの影響を与えるのでしょうか!?

ドライバーであれば、交通事故のないよう運転するのが当たり前ですが、予期せぬ事故により車を破損してしまった…という出来事もゼロではありません。

実際に、

中古車を探している時「修復歴あり」と記載された物件を見かけたことはありませんか?

修復歴のない同じ車種と比べると、格段に安いと感じたはず。

売値が安いということは、売却時にもそれなりの待遇になってしまうということです。

修復歴車の査定への影響はどれくらい?

修復歴のある車は、大部分は査定額にマイナスの影響となります。

もちろん修復の程度や買取業車などによって様々ですが、基本的には減額は避けられないでしょう。

平均的な減額度合いは、修復歴なしの場合の7~8割程度と言われています。

ただし、

元々の車の状態が良い、つまり査定額が高いほど減額も大きくなるのが通常です。

元々の査定額が低い車の方が、金額的には減額が低くなっていきます。

車の状態によって変化する減額

減額例
例えば、買ったばかりの新車が修復歴なしで200万の査定額の場合。修復歴がついてしまうと150万にまで減額します。
さらに3年後に査定をした場合は80万の査定額だったとしましょう。
この時に修復歴の減額を計算すると、3年後の査定額に準じた20万の減額となるのです。これが500万の査定額の場合には、事故直後の減額部分は200万。
元値が高額なため、減額幅も大きくなってしまいます。

しかし、

この場合も先述と同じく、年数経過によって減額部分の金額は減少していくのです。

つまり事故直後よりも、ある程度期間が経過してからの方が減額の金額自体は少なくなることになります。

ここでの数字はあくまで目安ですが、修復してすぐに手放すよりも、一定期間経ってからの方が金額的には減額幅が少なく感じるかもしれませんね。

「事故に遭った車」=「修復歴車」ではない!

修復歴車の俗語としてよく使われるのが事故車という言葉。

事故に遭った車は全て修復歴車に分類されるような言い方ですが、それは大きな間違いなのです!

 

実は一概に事故をして直した車といっても、修復の箇所によっては修復歴ありとならない場合があるのです。

ここを直したら修復歴車

この箇所を直すと修復歴車
① フレーム(サイドメンバー)
② クロスメンバー
③ インサイドパネル
④ ピラー
⑤ ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロア
⑧ トランクフロア
①~⑧に当てはまる箇所は、車の骨格部位に該当します。

これらを交換、または修復すると初めて修復歴車と区分されます。

逆に言えば、

これら以外の箇所を事故で破損、修復したとしても修復歴車には当てはまらないということ。

ドアの外側を擦ってしまった、バック中にリアバンパーの角をぶつけた…この程度の事故と修理では、修復歴ありにはならないのです。

修復歴は隠せない

車を売却する際、あなたがその車を修復歴ありと把握している場合は、それを申告する義務があります。

万が一故意に隠蔽して売却した場合でも、「事後減額要求」が適用されるので売却金額は大きく減額されます。

また、

本当の修復歴というのは業者が見ると簡単に判断できるものなので、隠すことは売り手に損しかありません。

誠実に取引をした方が、何倍も良い商談となるはずなのです。

参考記事車で自損事故!事故車は買取りしてくれるの?

修復歴ありの車をなるべく高く売るには?

仕方ないとはわかっていても、それでもなるべく高く売りたい。

あなたもそう思っていませんか?

修復歴のある車を少しでも高値で手放すには、なるべく複数の買取業車に査定してもらうことです。

一般的なディーラーなどで売るとかなりの値下がりをくらうので、避けた方が無難。

また、

修復歴車を専門に買い取る業者ですとなお良いでしょう。

その分野に精通していますから、修復歴ありの車を高く買い取っても、さらに高く売るノウハウを心得ているためです。

他にも輸出系のルートに強い業者もおすすめで、実は日本で中古車になった車というのは、海外へ流れていることも多いのです。

海外は日本のように修復歴を気にする習慣があまりなく、例え修復歴のある車でも十分に需要が期待できます。

SUV車など海外人気が高いモデルならなおさらです。

一般的な下取りやディーラーでの査定にこだわらず、様々なルートを活用することが大切です。

事故車専門で買取を行っているタウは有名ですよね。

タウは国内のみならず独自の販売ルートで世界にも販売網を敷いています。そのことから、

  • ボロボロの車
  • 事故車
  • 水没・冠水車
  • 炎上車

などどんな車でも買い取ってくれます。

実際に私も過去にお世話になったことがあったのですが、下取りでは5万円と言われた車が、タウでは28万円で買い取ってもらうことが出来ました。

ぜひ、

あなたも買取を考えるのであれば▶︎【公式】タウに申し込んでみて下さい。

関連記事【買取例あり】事故車買取のタウの評判や口コミは本当?

3. 車一括査定サイトおすすめランキングベスト5

かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!
たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる! 業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。
24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。
業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。 提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!
特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト
 
カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!
参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー
リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。
一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。
特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト
 
ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!
芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。 何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!
私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。
従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。
特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る
 
カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社
車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。
新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。
200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。 入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね
 
ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!
などバランスのとれた車一括査定会社です。 申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀
平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。
ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。
特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事