この記事では車の一括査定で洗車や車内清掃はどれくらいすればいいのかについて紹介したいと思います。

車を査定に出す際に気になることの一つとして査定前に洗車や車内清掃はしておいた方が良いのか?ってことなのですが、人間の道理としても洗車や車内清掃は必須ではないかと思います。

もちろん洗車や車内清掃をしなくても中古車買取専門店業者の方は査定して金額を出してくれますが、大小なり査定額にも差が出てくる可能性があるということは知っておきましょう。では、

なぜ洗車・車内清掃により金額に差が出てくるのか?また、どれくらい掃除をしておけばいいのか?について紹介してみたいと思います。

高額査定を実現するためにはどれくらい掃除をすればいい!?

車を下取り、買取りに出す際にいったいどれくらい掃除をしておけばいいのか?ということは査定を考えている人は誰しもが思う事ではないでしょうか?

もちろんピカピカの状態で査定に出せればいいのは言うまでもないのですが、どれくらいすればいいのかもわからないし無駄な努力もしたくはない。。。と思っている人もいると思います。

実際、私も査定に出した際、

疑問
  • 掃除をしていると査定額ってどれくらいアップするの?
  • 掃除ってどこからどこまでが掃除なの?
  • ってかどうやって掃除すればいいの?

と思っていました。もしかするとあなたもこんな疑問があるかもしれません。そして中には、

普段、忙しくて掃除まで手が回らないし、掃除の有無でどれくらい査定に影響するのかが知りたい

と思っている方もいると思いますので、そんな方の参考になれればと思います。

洗車や車内清掃の有無で査定にどれほど影響が出るのか?

洗車や車内清掃をすることで査定額に大きな差が出るのであれば、時間を割ってでも清掃する必要があると思いますが、結論から言ってしまうと掃除の有無により査定額が大幅に変わることは無いと言えます。

んじゃ、洗車や車内清掃なんてしなくてそのままの現状で査定してもらおうかな?

…というのもマナーの観点から言うと少し違います。

車の洗車・車内清掃が査定額に直接影響はしない

基本的な知識として、どんなに綺麗に洗車や車内清掃をしていたとしても車の査定額には大きく影響はしません。

その理由は、

ディーラーや買取り専門店が車を引き取った際に専門の清掃業者により更に清掃をする為です。

そしたら掃除なんて面倒なことしない方が良いじゃん!

って思ってしまいそうですが実はそうではありません。

最低限の掃除をしておいた方が良い理由とは?

先に紹介した通り洗車や車内清掃自体が査定額に直接影響しないといいましたが、手放す際は掃除をしておいた方がいいです。

その理由として、車を査定してくれる人も人間ですので掃除の有無でオーナーがその車をどのように扱ってきたのかを印象的に察知しイメージするめです。

どういうことかというと、査定する車が見られるのは当然のことなのですが、それと同時に所有者の人間性なども精査されている可能性があるということです。

逆の立場になって考えると分かり易いと思うのですが、

車の年式は古いけど手入れが行き届いていて割と綺麗に扱われていたことが見てわかる。

車の年式は比較的新しい車なのだがほとんど掃除などはされていなく小汚い印象を受ける。

おそらく10人いれば7人くらいは後者よりも前者の車の方が印象はいいのではないでしょうか?前者の車だと、年式は古いが大切に扱われてきたんだなと感じることが出来ると思います。

そうです!この部分(所有者の人間性)も査定で加味されている場合が多くあるのです。実際、査定会社の友人も言っていましたが、高級車の買取りで車の扱いが酷いなと感じる場合は所有者の印象も悪くマイナス査定を付けてしまう事もあるようです。

生理的な問題もあるようですが…。

その為、いくら手放してしまう車だからと言って最低限の清掃すら行わずに査定してしまうのは、本来あるべき査定額よりも下がった査定金額が出てしまう可能性もあるので、せめて目に付くところくらいは掃除していた方が良いということですね。

では、

どこを掃除しておけば最低限の掃除をしていることになるのでしょうか?

せめてここだけは掃除をしておきたい!って場所を紹介してみたいと思いますので査定前に掃除をしておきましょう。

査定前の車はどこからどこまで掃除しておけばいいのか?

査定自体には直接的に影響はしないものの、ある程度掃除をしていた方が、査定士の印象をよくするのも事実です。

これから紹介する3つのポイントを掃除しておけばまず大丈夫だと思いますので、是非時間を割いて掃除してみてください。

1)たとえ時間がなくても掃除しておきたい場所

時間が無くとも掃除しておきたい場所
  • コイン洗車を利用して洗車をして外観の汚れを落としておく
  • 足元のマットを取り外し掃除機等で土、泥を落としておく
  • トランク内やダッシュボードなどにいらないモノが無いか確認しておく
  • 車内清掃において目立つ部分の拭き掃除をしておく
  • 消臭剤、芳香剤の除去と車内アイテム(ドリンクホルダー等)を撤去しておく

以上の事を査定前にしておくだけでも査定額に影響してくると思います。

しかもこれらのことはさほど時間もかかりませんし、手際よくすれば1時間半もあればできてしまいますよね。

どれだけ時間が無いといってもこれだけは時間を割いてでもしておきたい項目です。

2)車内の消臭をしておく

これは余裕があればでいいのですが、車内の消臭をしておくこともとても効果的です。

あなたが喫煙者で車内でタバコを吸っていたりした場合は車内のタバコのにおいは結構染みついていると思っておきましょう、査定士の中には非喫煙者の方ももちろんいると思います。

それ以外にも車内の消臭を行うのであれば最低1、2週間は車内の換気を意識しながら生活をしてみましょう!

無臭の消臭剤を利用するのも効果的だと思います。

3)傷やヘコミは修理しない方が良い?

洗車などをしていくと車の小傷やヘコミが気になってしまう事があるかもしれません。

人によったら直しておきたい!という衝動に駆られるかもしれませんが下手に修復は加えないようにしましょう。

あなたがプロの板金屋さんなら話は別ですが素人である場合、修復した箇所が余計際立ってしまうこともあるかもしれません。

下手な修復は引き取り後に余計手間がかかってしまう事もあるかもしれませんしマイナスポイントにも繋がってしまうかもしれません。

カーコンビニや板金屋での修復はかえって出費もかさみますし、自分自身で完璧に直せないのであれば手を加えない方が賢明だといえます。

関連記事車の査定で傷アリ・ヘコミは査定額にどれくらい影響がある?

掃除や洗車をしていないと査定額は下がる!?

先ほども掃除の有無で車の査定額は直接影響はしないと書いたのですが、あまりにも酷い場合は査定額にも多少響いてくるようです。

査定士の友人に話を聞いたところ、

車を査定に出す人は本当に色々な人がいる。中には高級車にも拘らず車内の土や泥、食べかすなどが散乱している人もいた!清掃が査定額に直接影響しないといったものの、あまりにも酷い場合は気分も悪いし数万単位で査定額を変動さすこともあるよ。

といった事実もありますので最低限の清掃くらいはしておいた方が良いのでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?車内の清掃、洗車が査定額に直接は影響してくることは無いかもしれないですが、最低限の掃除くらいはしておく方が良いと思います。

それがマナーでもあり今まで乗ってきた車に対してのお礼にもなります。

そして傷やヘコミなどは下手に修復してしまうとマイナス査定を受けてしまいかねませんので完璧に治せないのであれば手を加えるのはやめて出来る範囲で清掃するようにしましょうね。

自分の車を査定してもらうわけですから出来れば綺麗な状態で見てもらいたいですからね。

そして、

車を査定に出すのであれば車一括査定サイトがオススメです。

次の記事では私が今までに利用してきた中で特に満足できたものだけを5つ厳選しました。まだ査定の依頼をしていないのであれば尚更次の記事は参考になると思います。

おすすめの車一括査定ランキング

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事