ホンダ・フィットハイブリッドは2010年からフィットのラインナップに加えられた1.5Lのハイブリッド車です。また、スズキ・ソリオハイブリッドは2016年11月からソリオのラインナップに加えられた1.2Lのハイブリッド車です。

両車ともオートバイを生産する自動車メーカーのハイブリッド車ということになりますね。そこで今回はこの両車を徹底比較してみたいと思います。比較内容としてはタイトルにもある様に、

  • 燃費
  • 価格
  • 乗り心地
  • 評判

など、フィットとソリオのどちらを選ぶか悩んでいる方への貴重な判断材料となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

【燃費編】ホンダ・フィットハイブリッド VS スズキ・ソリオハイブリッド

ホンダ・フィットハイブリッドとスズキ・ソリオハイブリッド。両車ともハイブリッド車です。ハイブリッド車に期待される性能の第一位はやはり燃費でしょう。

そこでまずはその燃費の比較からです。カタログ燃費だけではなく実燃費も掲載いたしましたのでかなり参考になると思います。

ホンダ・フィットハイブリッドの燃費

フィットハイブリッド Lホンダセンシング(FF)

  • カタログ燃費:34.0km/L(JC08モード)
  • 実燃費:20.30km/L
  • 燃費達成率:59.7%

燃費達成率が6割を切るというのはあまり良くない数字ですが、実燃費は走り方や季節によって異なるので必ずしもこの数値というわけではありません。

※実燃費のデータはe-燃費による。

スズキ・ソリオハイブリッドの燃費

ソリオハイブリッド SZ(FF)

  • カタログ燃費:32.0km/L(JC08モード)
  • 実燃費:17.86km/L
  • 燃費達成率:55.8%

ソリオハイブリッドも燃費達成率が低いですね。フィットハイブリッドよりもさらに低い数値です。ただ、ソリオハイブリッドはフィットハイブリッドよりもユーザー数が少ないので母体となるデータ数も少ないこともこの数値の結果になるかもしれません。

※実燃費のデータはe-燃費による。

【価格編】ホンダ・フィットハイブリッド VS スズキ・ソリオハイブリッド

燃費の次に気になるのはやはり価格ですよね。ホンダ・フィットハイブリッドは1.5Lのハイブリッド車ですから、1.2Lのハイブリッド車であるスズキ・ソリオハイブリッドよりも価格面では不利かもしれません。

そのかわりスズキ・ソリオハイブリッドには設定がない4WDを選べるのがホンダ・フィットハイブリッドの利点と言えそうです。

フィットの価格

新車価格:1,699,920円(税込)〜 2,419,200円(税込)

ガソリンエンジンの1.5L車の価格が1,853,280円(税込)〜 2,050,920円(税込)ですから、ハイブリッド車としては価格を抑えていることがわかりますね。

ソリオの価格

新車価格:2,019,600円(税込)〜 2,231,280円(税込)

価格を調べて驚きました。1.2Lのハイブリッド車にしては割高であると言わざるを得ません。マイルドハイブリッド車の価格も1,703,160円(税込)〜 2,133,000円(税込)と強気のプライスタグをぶら下げています。

というわけで価格面ではホンダ・フィットハイブリッドに軍配が上がりそうですね。

【乗り心地編】ホンダ・フィットハイブリッド VS スズキ・ソリオハイブリッド

乗用車で重要視される乗り心地についてはどうでしょうか。ホンダ・フィットハイブリッド、スズキ・ソリオハイブリッドはともにハイブリッド車ですが、フィットは5ドアのハッチバックソリオはハイトワゴンという違いがあります。それも含めて見ていくことにしましょう。

フィットの乗り心地

ホンダ・フィットハイブリッドはホンダがパテントを持つ「センタータンクレイアウト」を採用しています。これは重量物であるガソリンタンクを薄く伸ばして車両の中央に配置するというもので、車体の低重心化と室内スペースの確保に役立っています。

このレイアウトによりフィットのハンドリングは実にキビキビとした小気味の良いものになっています。乗り心地はフラットで上級のクラスと比較しても遜色がありません。

ソリオの乗り心地

スズキ・ソリオハイブリッドは背の高いハイトワゴンです。重心が高いのでフラフラしそうな気もしますが、ソリオの足回りはしっかりしており重心の高さを感じさせません。

このクラスにしては乗り心地もしっとりしていて、シャシーをしっかりさせたことが窺(うかが)えます。ハンドリングも軽やかで好感が持てますよ。

というわけで乗り心地については互角と言えそうですね。走行性能まで含めると明らかにフィットの方が上ですが、フィットはクラスも上ですので。

【エクステリア編】ホンダ・フィットハイブリッド VS スズキ・ソリオハイブリッド

先述した様にフィットは5ドアのハッチバックでソリオはハイトワゴンという違いがまずあります。それを前提にしてエクステリアデザインを見ていくことにしましょう。

フィットのエクステリア

フィットは2017年に施されたマイナーチェンジで、フロントマスクを2種類用意するようになりました。標準グレードのマスクもシャープで低重心をイメージさせるデザインですが、上級モデルにはブラックにシルバーのラインが施された専用デザインが用意されています。

ボディは玉子のようなコロンとしたデザインに、エッジを効かせたラインを入れ力強さを表現しています。デザインコンセプトは「Low wide Gravity」ですが正に狙い通りに成功していると思います。

ソリオのエクステリア

ソリオはコンパクトカーのハイトワゴンです。フロントフェイスはコンパクトながらも力強いグリルが与えられています。ボディは四角い箱という印象ですが角ばった感じはありません。

フロントグラス、サイドグラス、リアグラスのすべてが立てられていて垂直な面を形成しています。全体的にはよくまとまった癖のないデザインに仕上がっていますね。

【評判編】ホンダ・フィットハイブリッド VS スズキ・ソリオハイブリッド

フィットとソリオ。巷の評判はどうでしょうか。口コミなども知りたいですね。そこで「みんカラ(https://minkara.carview.co.jp/)」から、オーナーの声をいくつか拾ってくることにしました。実際に車を使っている方の声ですから参考になると思いますよ。

フィットの評判

実燃費で20km/Lを越える燃費が良い。

・クルーズコントロールやパドルシフト、シートヒーターなど快適機能が多い。

・パワートレインは終始スムーズ。

運転操作にストレスを感じない。日本車の美点だと思う。

・ダイレクトかつショックのない変速フィールは7速DCTならでは。

走行性能や充実した装備がかなり評価されていますね。

ソリオの評判

・暖気運転でも静かで振動もありません。

視界が広いので気分良く運転できます。

・高速コーナーではセダンに迫る安定性の良さを見せる。

・外から見ると軽自動車にしか見えないが中はとても広々している。

・ハイトワゴンのため横風の影響を強く受けます。

ハイトワゴンですから中が広いのが長所ですが、同時に横風を受けやすいという短所でもあるようですね。

ホンダ・フィットハイブリッド VS スズキ・ソリオハイブリッド 何を基準に選べば良い!?

ホンダ・フィットハイブリッドとスズキ・ソリオハイブリッドは全く性格の異なる車です。人を乗せることを考えるとフィットの方がいいでしょう。

理由はソリオよりも車格が上だからです。

それを考慮すると荷物を多く運びたいのならソリオということになります。言い換えるなら、

  • 乗用車として普通に使うのであればフィット
  • 時にはトラックのような使い方をしたいのならソリオ

ということになりそうです。どんな車の使い方をするのか!?と言うのが大切になってきそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ホンダ・フィットハイブリッドとスズキ・ソリオハイブリッドを比較してきました。率直に言うと車の完成度はフィットの方が上だと思います。

スズキも頑張ってハイブリッド車を開発しましたが、やはりホンダやトヨタにはまだ及ばない点がある様にも見受けられました。(個人的な感想です)

ソリオが悪い車というわけではありませんが、マイルドハイブリッド車も含めて価格設定が高めなのが気になるところです。大手メーカーと比較するのは可哀想かもしれませんが、それでも車というものは相対的に評価されますので今後に期待したいものですね。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事