車のチャイルドシートの着用義務は何歳から何歳まで?

子供が生まれたらチャイルドシートが必要になりますよね。

でも着用義務は何歳までなの?

ジュニアシートとの違いもあるのでややこしい…

ですよね。そこで今回はチャイルドシートについて色々見ていきたいと思います。今まで車のチャイルドシートの着用義務について詳しくなかった方でも何歳から何歳までなのかも理解できるはずです。

また、チャイルドシートの選び方も紹介しますので、ぜひ最後まで読んで頂き正しいチャイルドシートの使い方を知ってみて下さい。
スポンサーリンク

車のチャイルドシート着用義務は何歳から何歳まで?

チャイルドシートが義務化されたのは2000年4月1日からです。これ以降、生まれた子供を病院に迎えに行っても、チャイルドシートが装備されていなければ病院は退院の許可を出してくれません。

そしてチャイルドシートの着用義務ですが、これは道路交通法第七十一条3項に記載があります。

第七十一条の3項

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

この「幼児用補助装置」がチャイルドシートを指します。そして「幼児」は6歳未満を意味しています。

つまり法律ではチャイルドシートの着用義務は0歳から5歳までということになります。

チャイルドシートとジュニアシートの違い

法律では6歳になればチャイルドシートの着用義務はなくなります。しかし大人と同様にシートベルトを付けると、首にベルトが掛かることになるので大変危険です。

この場合にジュニアシートを使用することになります。

ジュニアシートには様々な種類がありますが、手軽なのは座面だけの「ブースターシート」です。

これは車の座席に置くだけで済むのでとっても便利です。

身長が140センチになるまではジュニアシートを使いましょう。
スポンサーリンク

チャイルドシート着用義務を違反したら罰則がある?

6歳未満の幼児を車に乗車させる場合は、チャイルドシート着用が義務付けられています。もし違反をしたらどうなるのでしょうか。

またチャイルドシートの着用義務が免除される場合も実はあります。それはどんな場合なのでしょうか。

罰則や交通違反点数は!?

チャイルドシートの着用義務を怠った運転者には、交通違反の点数が加点されることになります。点数は1点ですが反則金や罰金などはありません。

軽微な違反ではありますが事故が起きた場合には、子供に深刻なダメージを与える恐れがありますから、チャイルドシートの着用義務は守るようにしたいものです。

チャイルドシート着用義務を免除されるケースは!?

チャイルドシートの着用義務が免除されるケースもあります。これは道路交通法施行令第26条3の2の2に規定されています。

着用義務が免除されるケース

①その車の座席の構造上チャイルドシートの取り付けができない時は免除されます。

②定員内の乗車で乗車する幼児全員分のチャイルドシートを取り付けると、全員が乗れなくなる場合は免除されます。

③乗車する幼児がケガや病気でチャイルドシートに乗せると悪化する可能性がある時は免除されます。

④著しい肥満など幼児の身体の状態により、チャイルドシートを適正に使用できない場合は免除されます。

⑤チャイルドシートをしたままでは、おむつの交換や授乳など日常生活上の世話ができない場合は免除されます。

⑥タクシーやバスに乗る時は免除されます。

⑦道路運送法第七十八条第二号又は第三号に該当する運送車で運送する場合は免除されます。具体的には旅館の送迎車がこれに該当します。

⑧迷子の子供を保護して警察に向かっている場合や、ケガや急病で子供を病院に連れて行く場合は緊急性が高い場合は免除されます。

チャイルドシート選びの3つのポイント

ここからはチャイルドシートを選ぶ際に抑えておきたいポイントについて見ていきましょう。

1身長・体重・年齢からタイプを選ぶ

チャイルドシートは身長・体重・年齢からタイプが分かれています。

  • 新生児〜1歳児:ベビーシート
  • 1歳児〜4歳児:チャイルドシート
  • 4歳児〜11歳位:ジュニアシート

最近ではロングスパンで使用できる物が増えています。乳幼児兼用モデル(新生児~7歳児)なら7年間使えますからかなりお得ですよ。

2ISOFIX(アイソフィックス)対応モデルを選ぶ

ISOFIX対応モデルなら車の座席についている金具に「カチッ」と差し込むだけで固定されます。2012年7月以降に販売された乗用車には搭載されているので安心です。

3回転機能で選ぶ

回転機能があると子供の乗り降ろしがとても楽に出来るというメリットがあります。ただし回転機能付きのチャイルドシートは、サイズが大きくなり重くなるというデメリットもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はチャイルドシートについて色々見てきました。チャイルドシートが必要な期間や、免除されるケースについても、おわかりいただけたかと思います。

またチャイルドシート選びは先述しました3つのポイントを押さえておけば問題ありませんので安心して下さいね。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事