スマートキーとは何?キーレスとの違い!スペアキーは作成可能?

近年の車の多くがスマートキーによる車のドアの開閉が可能になっています。ただ、その呼び名で困惑する人もいる様です。そこでこの記事ではキーレスエントリーやスマートキーについて色々紹介したいと思います。

今までどっちがどっちなのか分からなかった人も、しっかりと理解することができると思います。また、キーレスエントリーやスマートキーは便利なものなのですが使い方次第ではトラブルにもなってしまう可能性もありますのでその際の注意点などについても解説したいと思います。

スポンサーリンク

スマートキーとは何?キーレスとの違いについて

スマートキーとキーレスの違いは何なのでしょうか。どちらもリモコンであることには違いありませんが、スマートキーの方が多機能なんです。具体的に二者の違いについて見ていきましょう。まずはスマートキーからです。

スマートキーとは?

スマートキーは大枠で言えばキーレスの範囲に入ります。すなわちリモコンですね。ですがただのキーレスよりも進化をしたキーとなっています。スマートキーを身に付けておけば、車に近づくだけでドアが解錠されます。そして車に乗り込んだら、ダッシュボードにあるスタートボタンを押せば、エンジンが始動します。

降りる時は再びボタンを押してエンジンを停止させ、そのまま降りて車から離れるとドアは施錠されます。つまり「キー」と呼ばれていても持っているだけですので「キー」の操作を全くしなくていいわけですね。一度使い慣れてしまうと従来のキーを使う車が煩わしくなるほど便利です。

キーレスとは?

キーレスとはリモコンでドアを開閉するシステムのことです。車に乗り込む際、キーに付いている「解錠ボタン」を押すとドアが解錠します。そして車に乗り込んだら、キーを差し込んで回しエンジンを始動させます。

降りる時もキーを回してエンジンを停止させ車から離れるわけですが、その際にはキーに付いている「施錠ボタン」を押さないとドアはロックされません。つまりドアの開閉だけをリモコンで操作しているわけです。

後の操作は従来の車と変わりません。それでも実用化された当初はとても便利に感じたものでした。ですが進化したスマートキーと比較してしまうと、色あせて見えるのは仕方がないことかもしれませんね。

スポンサーリンク

スマートキーはメーカーによって呼び名が違う!?

スマートキーは機能が同じでも自動車メーカー各社によって呼び方が異なります。

メーカー 名称
トヨタ スマートエントリー&スタートシステム
日 産 インテリジェントキーシステム
三 菱 キーレスオペレーションシステム
ホンダ Hondaスマートキーシステム
マツダ アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム
スバル キーレスアクセスシステム
スズキ キーレススタートシステム
ダイハツ キーフリーシステム

各社、いろいろ考えているんですね。

便利なスマートキー故のトラブル事例

かほど便利なスマートキーですが、便利さ故のトラブルはあります。いくつか事例を見てみましょう。

電池が切れてしまった

電池が切れてしまうとドアの開閉はもちろん、エンジンを始動することも出来ません。キーレスの場合は従来の車のようにキーでドアを開閉できますが、スマートキーの場合はどうしようもなくなります。

そして電池切れ間近のスマートキーを車内に置いたまま車を降りてしまうとドアがロックされることがあります。そうなるとお手上げとなります。

ズボンに入れたまま洗ってしまった

うっかりトラブルですが、スマートキーの場合は深刻な事態です。対処法としてはすぐに電池を取り出し、よく拭いてからドライヤーで乾かすことです。この時は必ず「クール」で送風して下さい。

「ホット」では中の回路がダメになります。

よく乾かしたら新しい電池を入れて動作確認をして下さい。大抵は使えると思いますが、動作しない場合はディーラーに相談することになります。

落としてしまった

従来のキーやキーレスの場合はスペアキーでなんとかなりますが、スマートキーの場合はそうは行きません。スマートキーと車はIDで紐づけされているので、たとえ同型車であっても他の車のスマートキーは使えません。

対処法はディーラーに相談するしかありませんが、新しいスマートキーを取り寄せ、車の情報を書き換えなければならないので、相当の出費となります。

スマートキーのスペアキーは作成可能?値段の相場は!?

スマートキーのスペアキーは作成することは可能です。

ですが従来のキーのように近所の鍵屋さんで削ってもらえば済むというものではありません。新しいスマートキーを用意して車に追加登録を行う必要があります。

専門の業者もありますが、やはりディーラーにお願いした方が無難でしょう。その場合の費用は安くても1万円、高い場合では5万円もすることがあります。

まとめ

便利なスマートキーですが機能が凝縮されているのでなにかあると大事になってしまいます。ともかく紛失しないように気をつけたいものです。それから電池は1年毎に必ず交換しましょう。電池の寿命自体は2年ほどありますが転ばぬ先の杖ですね。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事