2015年12月に四代目プリウスが登場したことで、三代目プリウス(30系)の中古車が増えるようになりました。中古車価格も下がっているので30系プリウスは手軽に買えるハイブリッド車となっています。

しかし、同じ30系プリウスでも前期と後期があるわけで、どこが違うのか分からない人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、

  • 30系プリウスの前期と後期の違い
  • 中古車としてはどちらがオススメなのか

などについて紹介したいと思います。最後まで読んでいただく事で30系プリウスの違いが分かるかと思います。プリウスの維持費に関しては以下の記事で紹介しましたので参考にしてみて下さい。

30系プリウスの前期と後期の違いは?

30系プリウスは2009年5月〜2015年11月まで生産されました。そして2011年12月にマイナーチェンジを受けています。その為、

  • 2009年5月〜2011年11月まで・・・前期型
  • 2011年12月〜2015年11月まで・・・後期型

ということになります。マイナーチェンジを受けてどのように変わったのでしょうか。その違いについて見てみましょう。

30系プリウス:前期と後期の違い10選

■フロントバンパーとロアグリル

30系プリウスの前期型と後期型ではフロントバンパーとロアグリルの形状が異なります。前期型のロアグリルは長方形ですが後期型は台形となっています。

■ヘッドライト

前期型はハロゲンとLEDしか選べなかったのですが、後期型はそれらに加えてHIDも選べるようになりました。デザインは変わりませんが点灯方式が異なるわけです。

明るさ的割合としては、

(暗い)ハロゲン<LED<HID(明るい)

といった感じです。

■ウインカーとフォグランプ

前期型はウインカーとフォグランプが一体で長方形をしていましたが、後期型は分離されウインカーは三角形となりフォグランプはロアグリルに埋め込まれています。

■テールランプ

前期型は透明なテールランプですが、後期型は赤いラインが入っています。

■ドアミラーのウインカー

前期型はLEDですが後期型は電球になっています。コストダウンかもしれません。

■シートカラーのバリエーション

前期型は「アクア」と「ミディアムグレー」の2種類のシートカラーですが、後期型はオプションで「ツートーンシート」が選べるようになりました。

■ハザードボタン

前期型のハザードボタンは黒いボタンでしたが、後期型のハザードボタンは赤いボタンに変わっています。

■ステアリングスイッチ


出典元:http://kspec-now.com/

ステアリングを握りながらオーディオなどを操作するステアリングスイッチも前期型と後期型ではデザインが違います。

■ドリンクホルダー

前期型のドリンクホルダーはコンソールボックスを開けないと使用出来なかったのですが、後期型のドリンクホルダーはオープン式となりそのまま使えるようになりました。

■スポット溶接箇所の最適化

目に見えない部分ですが後期型ではスポット溶接の箇所が増やされています。これによりボディ剛性が上がりました。

それ以外にも以下の様な変更点があります。

  • 近接通報装置追加(停止ボタン新設)
  • 15インチホイールの意匠変更
  • レインセンサーによる雨滴感知式ワイパー採用
  • スポット溶接箇所の最適化
  • メーター表示一部変更
  • エアクリのインレット部形状変更
  • THS-Ⅱに緊急停止機能追加
  • ブレーキペダルのストロークセンサー変更
  • エアコンパネル意匠変更
  • ナビ11年度仕様へ変更
  • アクセサリーソケットの配置変更
  • ボディカラーの追加・変更
  • インナーハンドル等の意匠変更
  • 遮音材・吸音材追加
  • シートヒータースイッチ変更
  • 自動防眩ミラー採用
  • 前席に電動パワーシート採用

ほか多数の変更点あり

プリウス30系の中古車ならどちらがオススメ?

30系プリウスの中古車なら断然、後期型がオススメです。じつは30系プリウスはかなりコストダウンして生産されていました。そのため前期型の評判はかなり悪かったのです。

トヨタもそれに気が付いてマイナーチェンジを行ったという経緯もあるので中古車として購入する場合、前期型は避けた方が無難です。30系プリウスの前期型と後期型は外観から容易に区別できますので是非購入の際は後期型を選ぶようにしましょう。

30系プリウスの前期と後期、燃費の違いは?

30系プリウスの燃費は前期型と後期型で以下の通りとなっています。

三代目プリウス(ZVW30)

■2009年5月〜2011年11月(前期型)

  • 10・15モード:35.5〜38.0 km/L
  • JC08モード:30.4〜32.6 km/L
  • 実燃費:19.54 km/L

三代目プリウス(ZVW30)マイナーチェンジ(後期型)

■2011年12月〜2015年11月

  • 10・15モード:35.5〜38.0 km/L
  • JC08モード:30.4〜32.6 km/L
  • 実燃費:19.69 km/L

カタログ上の燃費は全く同じです。実燃費もほぼ誤差の範囲に入りますから前期後期共に全く変わらないと言えそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は30系プリウスの前期型、後期型の違いについて紹介しました。一見パッと見ると前期型と後期型の見分けはつきにくいと感じた方もいるかもしれません。

しかしよく見ると結構違いがありましたね。

これから30系プリウスの中古車の購入を考えた場合は、間違いなく後期型をお勧めします。また走行距離に関しても5万キロ以内のプリウスを選ぶ事で満足のいく購入ができるかと思います。

中古車プリウスの購入の際のポイントについては以下についてまとめましたので、前向きにプリウスの購入を考えている方には非常に参考になるかと思います。

あなたにおすすめの記事