車に長く乗っているとヘッドライトが曇ってきたり、黄ばんでくることがあります。ヘッドライトの交換は費用がかさむので、出来ることなら自分自身で磨き方を覚えて車のケアをしたいですよね。

でも、磨き方ってよく分からないし、失敗はしたく無い。

そこでこの記事では、ヘッドライトが曇ったり黄ばんだりした時の対処法とヘッドライトのおすすめの磨き方について紹介したいと思います。

上手く対処すれば交換しなくて済みますし、今後の車のケアにも役立てることが出来るはずです。是非最後まで読んで頂きヘッドライトの失敗しない磨き方を覚えてみましょう。

ヘッドライト磨きは必要?黄ばみの原因は何?

まず始めに、基本的にヘッドライトが透明であるならば磨かなくても問題はありません。しかし、車に長く乗っているとどうしても曇ったり黄ばんでくる事があります。ヘッドライトが曇ったり黄ばんだ状態が長くなると、当然ヘッドライトは暗くなってきます。

あまり暗くなってしまうと車検に通らなくなる可能性も出てきますので注意が必要です。そこで、まずはヘッドライトが曇ったり、黄ばむ原因について理解しておきましょう。

ヘッドライトが曇ったり黄ばんでしまう原因は以下の場合が多いです。

  • 気温差で曇る
  • ポリカーボネイトの劣化
  • 薬品をかけた

ではもう少し詳しくみていきましょう。

気温差で曇る

ヘッドライト内部の気温と外部の気温差が大きいと、冬に窓が曇るようにヘッドライトも曇ります。この場合の対処法については以前「ヘッドライトの曇りの原因は何?内側の結露を防止する方法は!?」に詳しく解説しましたので参照してみて下さい。

ポリカーボネイトの劣化

現在の車のヘッドライトはガラスではなくポリカーボネイトという樹脂製品が使用されているのですが、ポリカーボネイトは紫外線に弱いという弱点があります。

特に青空駐車の場合は紫外線を多く浴びるので、どうしても劣化が早くなってしまいます。また、ポリカーボネイトの劣化が進行すると、透明度が失われ徐々に黄ばんでしまうのです。

薬品をかけた

ポリカーボネイト製のヘッドライトに誤って薬品をかけてしまった場合、ポリカーボネイトには薬品の耐候性がないので黄ばんでしまいます。具体的には、

  • オイル
  • 有機溶剤
  • 農薬等

で黄ばみが生じるので、オイル交換や近くでペンキや農薬を使用する時は十分に注意して下さい。

失敗しないヘッドライトの磨き方やオススメの方法

では、黄ばんでしまったヘッドライトの磨き方やオススメの裏技について紹介したいと思います。その前に準備するものとして、

  • マスキングテープ(ヘッドライトの周りを保護する為)
  • 耐水ペーパー(粗い目〜細い目まで1000番、1500番、2000番など何種類か用意)
  • 専用クリーナーもしくはコンパウンド
  • 乾いた布

を用意しましょう。そして、ヘッドライトの磨き方の手順は、

ヘッドライト磨きの作業工程
  1. マスキングテープを貼りヘッドライトの周りを保護します
  2. 水洗いにてヘッドライトの表面についた埃や汚れを落とします
  3. 耐水ペーパーで水をかけながらヘッドライトを優しく磨きます(黄ばみが強い場合、1000番、1500番から磨き始め、黄ばみの少ない箇所は2000番くらいから磨き始めるのがおすすめです)
  4. 耐水ペーパーによる研磨後、専用クリーナーかコンパウンドでさらに細かく磨きます。
  5. 【重要】磨き終えたら最後にコーティング剤でヘッドライトをコーティングします(研磨後はヘッドライトが紫外線に弱い状態になっていますので必ずコーティングするようにして下さい)
  6. 作業完了

以上の手順で行います。では、まずオーソドックスにヘッドライトの磨き方についてです。

失敗しないヘッドライトの磨き方

ヘッドライトを磨くためには上記でもクリーナーかコンパウンドを使用すると書いたのですが、私のオススメは金属磨きの「ピカール」です。

「ピカール」は金属磨きを謳っていますが、プラスチックにも対応しています。液体なので布につけて磨くととても使いやすく、きれいに仕上げることが出来ます。

ただし表面を削るわけですので、磨き終えたらコーティングをすることが必要です。コーティングについては後ほど述べます。

【裏技】ヘッドライト磨きでオススメの方法

これは裏技になります。

ヘッドライトに使用されているポリカーボネイトは薬品に弱いと前述しましたが、それを逆手に取る方法として「KURE CRC 5-56」をヘッドライトに吹き付けて乾いた布で磨くという裏技方法です。

「ピカール」は表面を削るわけですが、「KURE CRC 5-56」は表面を溶かします。もちろん「ピカール」と同様、磨き終えたらコーティングすることが不可欠ですよ。

ヘッドライト磨きのオススメのコーティング剤3つ

ここからは磨き終えたあとのコーティング剤についてです。コーティングする事なく磨きっぱなしで放置しておくと、すぐに黄ばんでしまいます。

それを避けるためには必須の作業となりますので、必ずコーティング作業は行うようにして下さい。私のオススメするコーティング剤は次の3つになります。

SOFT99 ヘッドライトリフレッシュ(927円〜)

どこのカーショップでも手に入れることが出来るSOFT99ブランドの商品です。黄ばみを取るクリーナーとセットになっています。

ただし持続効果は6ヶ月ほどとなっていますので、容量からすると2回分くらいは作業ができそうなので、1年間は持つはずです。

住友3M ヘッドライトコーティング 38060(7,225円〜)

こちらは業務用のコーティング剤です。

コーティング剤のみの販売となっています。業務用ですから容量があるのはいいのですが、素人には使い切れないかもしれません。複数台を作業する予定のある方や、何回も施工する方にはオススメです。

ワコーズ ハードコート復元キット(6,243円〜)

モータースポーツで活躍しているワコーズの製品がこちら。業務用で黄ばみを取るベース処理剤と、コーティング剤のセットになっています。少々高めですが耐久性は1年間となっているので、長い目で見ればお得ですね。

ヘッドライト磨きをプロに頼むのも一考!?

ヘッドライトは自分でも出来ますし、プロショップに依頼することもできます。もちろんメリット、デメリットはあります。

【メリット】

プロによる的確な判断による作業で安心して任す事ができます。プロショップでは、一般のお宅には無いポリッシャーと呼ばれる磨き専用のモーター付きブラシを使用しますので、人の手では十分に磨き切れなかった箇所でもピカピカに磨いてもらえます。

また、専用の用具、車種にあった薬剤やコンパウンドを使用してくれますので磨き上げた後の輝きはさすがと言えます。

【デメリット】

デメリットはズバリ料金が高いということです。自分で磨く場合は1万円以内で収まる場合でも、プロショップだと2万円以上することもあります。利用する場合は料金だけを判断基準にせず、プロショップの対応なども参考にする事が大切です。

まとめ

以上、ヘッドライトの黄ばみの原因とその対処法について見てきました。「ピカール」や「KURE CRC 5-56」を使うのが気が引ける方は、まずは「SOFT99 ヘッドライトリフレッシュ」を試してみましょう。

価格も低廉でどこのカーショップでも、手に入れることが可能です。

また、自分でヘッドライトが綺麗に磨けるかどうか心配な場合は先ほども紹介しましたように、プロショップに一任するもの一考だと思います。

是非、黄ばみによって曇ってしまったヘッドライトをピカピカにして下さい。

あなたにおすすめの記事