TOYOTAが販売しているミニバンタイプのヴェルファイア。

ヴェルファイアのご購入を考えているなら、この記事が役に立つかもしれません。

この記事で書かれてある事
  • ヴェルファイアの大きさ(幅、高さ、長さ)
  • ヴェルファイアの定員(何人乗り)
  • ヴェルファイアの燃費・維持費
  • ヴェルファイアはどんな人にオススメな車?

また、お金関係は特に気になると思いますので、ヴェルファイアに実際に乗るとどれくらいの維持費がかかるのか?についても紹介してます。この記事を読むことで、

  • ヴェルファイアがどんな車なのか?
  • ヴェルファイアにかかるお金はどれくらいなのか?

以上についてイメージしやすくなるはずです。ぜひ、最後までお付き合いいただければと思います。

ヴェルファイアはこんな車


ヴェルファイアはトヨタ自動車が販売している大型Lクラスの高級ミニバンで、現行車は2015年にフルモデルチェンジされた2代目となります。

同時にモデルチェンジされたアルファードは姉妹車になり、上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、ヴェルファイアでは力強さや先進性を謳っています。

フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用するなどアルファードより尖鋭的なデザインになっていますよね。

パワートレーンはアルファードと同じで、

  • 2.5リッターのガソリンエンジン
  • 3.5リッターのガソリンエンジン
  • 2.5リッターのハイブリッド車

が用意されます。駆動形式はガゾリン車・ハイブリッド車ともにFF(前輪駆動)と4WDを選ぶことが出来ます。

新車価格は337〜750万円

日産のエルグランドと並び、国産車では最大級のミニバンとなります。

【グレード別比較】ヴェルファイアの大きさ、定員、燃費は?

では、ここからは具体的にヴェルファイアの大きさや定員、それに気になる燃費について見ていくことにしましょう。まずはベルファイアハイブリッドから。

ヴェルファイアハイブリッド

ヴェルファイアハイブリッドには、

  • 「Z」
  • 「ZR」
  • 「X」
  • 「V」
  • 「Executive Lounge Z」
  • 「Executive Lounge」

の6グレードがあります。ハイブリッド車の駆動形式は全車「E-Four(電気式4輪駆動方式)」となっていて、車体の大きさや定員、それから燃費については以下の通りとなります。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
Z 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
ZR 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
X 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
X 4,935mm 1,850mm 1,950mm 8人 8人 19.4Km/L(JCO8モード)
V 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
Executive Lounge Z 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
Executive Lounge 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)

※JC08モードとは、1リットルの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つ
引用元:Wikipedia

さすがハイブリット車と言える燃費ですね。ヴェルファイアほどの大きさの車でリッター20km近く走れるのはハイブリッドであるがこそかなと思います。

もちろん走行する道路の状況にもよりますので、信号待ちが多い場所では少なくなるでしょうし、高速道路などでは更に距離は伸びるのではないかと思います。

ヴェルファイア

ヴェルファイアには2.5リッターと3.5リッターの2種類のエンジンが用意されていて、それぞれ2WDと4WDを選ぶことが出来ます。グレードは、

  • 「Z」
  • 「ZG」
  • 「X」
  • 「V」
  • 「VL」
  • 「Executive Lounge Z」
  • 「Executive Lounge」

の7グレードとなっています。車体の大きさや定員、それから燃費については以下の通りとなります。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
Z 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7/8人 11.4〜11.6(12.4〜12.8)km/L(JCO8モード)
ZG 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.8(10.4)km/L(JCO8モード)
X 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 8人 11.6(12.4〜12.8)km/L(JCO8モード)
V 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 11.6(12.4〜12.8)km/L(JCO8モード)
VL 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.8(10.4)km/L(JCO8モード)
Executive Lounge Z 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.6(10.4)km/L(JCO8モード)
Executive Lounge 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.6(10.4)km/L(JCO8モード)

※( )内は4WD

2.5リッターエンジン車
「Z」、「X」、「V」
3.5リッターエンジン車
「ZG」、「VL」、「Executive Lounge Z」、「Executive Lounge」

ヴェルファイアの維持費はどれくらいかかる!?

ヴェルファイアの維持費には毎年納める自動車税の他、ガソリン代、自動車保険、メンテナンス代、点検や車検に関する費用、そして人によっては駐車場代もかかることになります。

  • 自動車税:2.5L 45,000円 3.5L 58,000円
  • 任意保険:75,240円(35歳 車両保険あり)
  • ガソリン代:147,108円(年間1万キロ 実燃費10.4km/L レギュラー153円)
  • 車検代:110,000円(2年毎)
  • タイヤ代:235/55R18×4本=77,025円(3年毎)
  • 駐車場(月極):96,000円(8,000円×12ヶ月)

タイヤ代を除いても一年間で418,348〜431,348円もかかります。これに有料道路の料金を加えると500,000円以上になるでしょう。

国産最大級のミニバンですから仕方がないかも知れませんね。

ヴェルファイアはどんな人にオススメ!?

ヴェルファイアは、お爺さん、お婆さんがいる大家族にはピッタリの一台かもしれません。理由は、3列目のシートもゆったり座ることが出来ますからね。

高級ラウンジを思わせるような広々とした空間は乗っている人もストレスを感じることはないでしょう!

オススメは7人乗りタイプなのですが、8人のフル乗車というのは滅多にありませんよね。7人乗りを大人6人で使うというのがゆとりがあっていいと思いますよ。

また、運転しやすい構造になっていて、とても視界が広いです!ミニバンに乗ったことのある方ならわかるかと思うのですが、視界が広いということは死角も減るということ。

もちろんバックモニターも付いていますので後ろの死角も十分に捉えることができます。

また、アルファードは法人のカンパニーカーに使ってもおかしくありませんが、ヴェルファイアのフロントマスクはアグレッシブなデザインとなっているので、パーソナルな使い方の方が向いているかと思います。

若者からシニア世代までヴェルファイアはかなりの人気ですので、まさに人を選ばない車かもしれませんね。

まとめ

ヴェルファイアはアルファードの姉妹車ですが、よりパーソナルなデザインを与えられています。

大型Lクラスの高級ミニバンですから所有する人を選ぶ車ですが、駐車場などの諸問題が解決できる方にはオススメの一台です。

特にハイブリッド車は燃費がいいので遠出をしても安心です。

あなたにおすすめの記事