ヴェルファイアの大きさ(幅、高さ、長さ)定員(何人乗り)燃費は?

TOYOTAが販売しているミニバンタイプのヴェルファイア。

ヴェルファイアのご購入を考えているなら、この記事が役に立つかもしれません。

この記事で書かれてある事
  • ヴェルファイアの大きさ(幅、高さ、長さ)
  • ヴェルファイアの定員(何人乗り)
  • ヴェルファイアの燃費・維持費
  • ヴェルファイアはどんな人にオススメな車?

また、お金関係は特に気になると思いますので、ヴェルファイアに実際に乗るとどれくらいの維持費がかかるのか?についても紹介してます。この記事を読むことで、

  • ヴェルファイアがどんな車なのか?
  • ヴェルファイアにかかるお金はどれくらいなのか?

以上についてイメージしやすくなるはずです。ぜひ、最後までお付き合いいただければと思います。

スポンサーリンク

ヴェルファイアはこんな車


ヴェルファイアはトヨタ自動車が販売している大型Lクラスの高級ミニバンで、現行車は2015年にフルモデルチェンジされた2代目となります。

同時にモデルチェンジされたアルファードは姉妹車になり、上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、ヴェルファイアでは力強さや先進性を謳っています。

フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用するなどアルファードより尖鋭的なデザインになっていますよね。

パワートレーンはアルファードと同じで、

  • 2.5リッターのガソリンエンジン
  • 3.5リッターのガソリンエンジン
  • 2.5リッターのハイブリッド車

が用意されます。駆動形式はガゾリン車・ハイブリッド車ともにFF(前輪駆動)と4WDを選ぶことが出来ます。

新車価格は337〜750万円

日産のエルグランドと並び、国産車では最大級のミニバンとなります。

【グレード別比較】ヴェルファイアの大きさ、定員、燃費は?

では、ここからは具体的にヴェルファイアの大きさや定員、それに気になる燃費について見ていくことにしましょう。まずはベルファイアハイブリッドから。

ヴェルファイアハイブリッド

ヴェルファイアハイブリッドには、

  • 「Z」
  • 「ZR」
  • 「X」
  • 「V」
  • 「Executive Lounge Z」
  • 「Executive Lounge」

の6グレードがあります。ハイブリッド車の駆動形式は全車「E-Four(電気式4輪駆動方式)」となっていて、車体の大きさや定員、それから燃費については以下の通りとなります。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
Z 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
ZR 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
X 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
X 4,935mm 1,850mm 1,950mm 8人 8人 19.4Km/L(JCO8モード)
V 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
Executive Lounge Z 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)
Executive Lounge 4,935mm 1,850mm 1,950mm 7人 18.4Km/L(JCO8モード)

※JC08モードとは、1リットルの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つ
引用元:Wikipedia

さすがハイブリット車と言える燃費ですね。ヴェルファイアほどの大きさの車でリッター20km近く走れるのはハイブリッドであるがこそかなと思います。

もちろん走行する道路の状況にもよりますので、信号待ちが多い場所では少なくなるでしょうし、高速道路などでは更に距離は伸びるのではないかと思います。

ヴェルファイア

ヴェルファイアには2.5リッターと3.5リッターの2種類のエンジンが用意されていて、それぞれ2WDと4WDを選ぶことが出来ます。グレードは、

  • 「Z」
  • 「ZG」
  • 「X」
  • 「V」
  • 「VL」
  • 「Executive Lounge Z」
  • 「Executive Lounge」

の7グレードとなっています。車体の大きさや定員、それから燃費については以下の通りとなります。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
Z 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7/8人 11.4〜11.6(12.4〜12.8)km/L(JCO8モード)
ZG 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.8(10.4)km/L(JCO8モード)
X 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 8人 11.6(12.4〜12.8)km/L(JCO8モード)
V 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 11.6(12.4〜12.8)km/L(JCO8モード)
VL 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.8(10.4)km/L(JCO8モード)
Executive Lounge Z 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.6(10.4)km/L(JCO8モード)
Executive Lounge 4,935mm 1,850mm 1,935(1,950)mm 7人 10.6(10.4)km/L(JCO8モード)

※( )内は4WD

2.5リッターエンジン車
「Z」、「X」、「V」
3.5リッターエンジン車
「ZG」、「VL」、「Executive Lounge Z」、「Executive Lounge」
スポンサーリンク

ヴェルファイアの維持費はどれくらいかかる!?

ヴェルファイアの維持費には毎年納める自動車税の他、ガソリン代、自動車保険、メンテナンス代、点検や車検に関する費用、そして人によっては駐車場代もかかることになります。

  • 自動車税:2.5L 45,000円 3.5L 58,000円
  • 任意保険:75,240円(35歳 車両保険あり)
  • ガソリン代:147,108円(年間1万キロ 実燃費10.4km/L レギュラー153円)
  • 車検代:110,000円(2年毎)
  • タイヤ代:235/55R18×4本=77,025円(3年毎)
  • 駐車場(月極):96,000円(8,000円×12ヶ月)

タイヤ代を除いても一年間で418,348〜431,348円もかかります。これに有料道路の料金を加えると500,000円以上になるでしょう。

国産最大級のミニバンですから仕方がないかも知れませんね。

ヴェルファイアはどんな人にオススメ!?

ヴェルファイアは、お爺さん、お婆さんがいる大家族にはピッタリの一台かもしれません。理由は、3列目のシートもゆったり座ることが出来ますからね。

高級ラウンジを思わせるような広々とした空間は乗っている人もストレスを感じることはないでしょう!

オススメは7人乗りタイプなのですが、8人のフル乗車というのは滅多にありませんよね。7人乗りを大人6人で使うというのがゆとりがあっていいと思いますよ。

また、運転しやすい構造になっていて、とても視界が広いです!ミニバンに乗ったことのある方ならわかるかと思うのですが、視界が広いということは死角も減るということ。

もちろんバックモニターも付いていますので後ろの死角も十分に捉えることができます。

また、アルファードは法人のカンパニーカーに使ってもおかしくありませんが、ヴェルファイアのフロントマスクはアグレッシブなデザインとなっているので、パーソナルな使い方の方が向いているかと思います。

若者からシニア世代までヴェルファイアはかなりの人気ですので、まさに人を選ばない車かもしれませんね。

まとめ

ヴェルファイアはアルファードの姉妹車ですが、よりパーソナルなデザインを与えられています。

大型Lクラスの高級ミニバンですから所有する人を選ぶ車ですが、駐車場などの諸問題が解決できる方にはオススメの一台です。

特にハイブリッド車は燃費がいいので遠出をしても安心です。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事