【フィットVSノート】徹底比較!ガソリンタイプどちらがオススメ?

ホンダ・フィットとニッサン・ノート。どちらもコンパクトカーの定番商品ですよね。そこで今回は両車のガソリンエンジン車同士を徹底的に比較してみました。

「フィットとノートならどっちがいいかな?」

と悩んでいる方もいるかと思いますので今回は、

  • エクステリアデザイン
  • インテリアデザイン
  • エンジン性能
  • 燃費
  • 車内の広さ

などなど細部に渡って比較しましたので、フィットとノートでお悩みの方には参考になるかと思います。是非、最後まで読んで頂き購入の参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

【フィットVSノート】人気なのはどっち!?

ホンダ・フィットは現行モデルで三代目となります。初代フィットは大人気となりましたが、三代目は人気に陰りが見られます。その理由として考えられるのがリコールの多さにあると言われています。

ホンダもそれに気が付いて2017年にマイナーチェンジを施しようやく改善されました。

一方、ニッサン・ノートは2012年に販売が開始された車になります。2016年には「ノートe-POWER」がラインナップに加えられ人気が爆発しました。ちなみに2018年に最も売れた車(軽自動車を除く)はニッサン・ノートです。

日産車が販売のトップに立ったのは、実に30年ぶりのことでした。このような側面を考えるとフィットとノートを比較した時、人気があるのはニッサン・ノートと言えそうですね。

【フィットVSノート】徹底比較!

では早速、フィットとノートの徹底比較をしていきましょう。各項目ともホンダ・フィット、ニッサン・ノートの順で見ていくことにします。

コンパクトカーとして甲乙つけがたい両車ですが、果たして軍配はどちらに上がるのでしょうか。

グレード

まずはグレードを比較しましょう。どちらも安い方から順に掲載しています。それから今回は両車ともFFのみの比較となっています。

ホンダ・フィット(FF)

  • 13G・F
  • 13G・L ホンダセンシング
  • 13G・S ホンダセンシング
  • 15XL ホンダセンシング
  • RS ホンダセンシング

ホンダ・フィットには1.3Lと1.5Lの直4N.Aエンジンが用意されています。グレードもシンプルでわかりやすいものとなっています。

この内「RS ホンダセンシング」は走りに特化したモデルですので、ファミリーカーとして考えた場合は、忘れていいグレードかも知れません。

ニッサン・ノート(FF)

  • S
  • X
  • X ブラックアロー
  • X モード・プレミア
  • メダリスト X
  • メダリスト X ブラックアロー
  • X DIG-S
  • X DIG-S ブラックアロー
  • X DIG-S モード・プレミア
  • メダリスト ブラックアロー
  • NISMO
  • NISMO S

ニッサン・ノートには1.2Lの直3N.Aエンジンと1.2Lの直3スーパーチャージドエンジンが用意されています。フィットと比較するとノートのグレードは煩雑(はんざつ)で分かり難いのが欠点かもしれません。

1.2Lの直3スーパーチャージドエンジンは「DIG-S」グレードに用意されています。「NISMO」と「NISMO S」はサスペンションやシャシーに手を入れた特殊なグレードですので、こちらも忘れていいでしょう。

エクステリア

ホンダ・フィット

ホンダ・フィットのエクステリア・デザインは、コロンとした卵型の造形に鋭いエッジをサイドに入れた、シャープなデザインとなっています。

いかにもホンダ車といったデザインで、上級グレードには別のフロントマスクを与えています。全体的によくまとまったデザインと言えるでしょう。

ニッサン・ノート

ニッサン・ノートのエクステリア・デザインは、面構成が巧みなので一クラス上の車に見せています。フロントマスクは「Vモーショングリル」が与えられ、日産車の一員であることを表現しています。

ヘッドライトも常識的なデザインとしているので落ち着いて見えます。昨今のトヨタ車のような挑発的で奇抜なデザインではないので好感を持つ方が多いかもしれませんね。

インテリア

ホンダ・フィット

高い位置に置かれたセンタークラスターパネルには、エアコンやカーナビの操作が自然に行えるように配慮されています。

インテリアの質感も高く、数あるコンパクトカーの中でも、トップクラスの仕上がりとなっています。シートの出来もよく長距離を走っても不満は出ないと思います。

ニッサン・ノート

販売が開始されてから7年以上が経過しているので、率直に言ってインテリアデザインは、古めかしいと言わざるを得ません。

フィットと比較するとその差は大きく、軽自動車の内装と言われても仕方がない質感かもしれません。

エンジン性能

ホンダ・フィット

ホンダ・フィットには「1.3L i-VTEC」と「1.5L i-VTEC」の2種類のエンジンが用意されています。

「1.3L i-VTEC」は100PSの出力と12.1kgmのトルクを発生させます。「1.5L i-VTEC」」は132PSの出力と15.8kgmのトルクとなっています。

どちらのエンジンもホンダらしく活発に回ります。エンジンの出来はホンダフィットの方が上かもしれません。

ニッサン・ノート

ニッサン・ノートには「HR12DE」「HR12DDR」の2種類のエンジンが用意されています。いずれも3気筒エンジンです。

「HR12DE」は79PSの出力と10.5kgmのトルクを得ています。「HR12DDR」はスーパーチャージャーが装着されたエンジンで、98PSの出力と14.5kgmのトルクを発生させます。

「HR12DE」エンジンは可もなく不可もないエンジンで、3気筒の為か、ややノイジーな印象を受けます。スーパーチャージャーが装着された「HR12DDR」は低速からトルクがありノートをキビキビと走らせることが出来ます。

車内空間

ホンダ・フィット

ホンダお得意のセンタータンクレイアウトを採っているので、後部座席の足元はノートよりも若干広いかもしれません。コンパクトカーとしては標準的と言えるでしょう。

ニッサン・ノート

フィットと比較しても車内空間の広さは変わりません。後部座席も十分と言えます。こちらも標準的な広さでしょう。

荷室空間

ホンダ・フィット

フィットの荷室容量は386Lあります。荷室は左右にサスペンションの張り出しがなく実に広々としています。このため大人4人の荷物をゆうゆうと飲み込むことが可能です。荷室はフィットの勝利と言っていいでしょう。

ニッサン・ノート

ノートの荷室容量は330Lあります。これはコンパクトカークラスでは狭い方に属しています。荷室は左右にサスペンションの張り出しがあるので荷物を積みにくくしています。

燃費

ホンダ・フィット

1.3L i-VTEC:24.2〜24.6km/L(JCO8モード)
実燃費:16.07km/L

1.5L i-VTEC:19.2〜22.2km/L(JCO8モード)
実燃費:15.21km/L

ニッサン・ノート

HR12DE:23.4km/L(JCO8モード)
実燃費:14.49km/L

HR12DDR:26.2〜26.8km/L(JCO8モード)
実燃費:16.36km/L

フィット、ノートともに実燃費では、ほとんど差はないと言っていいでしょう。

価格

ホンダ・フィット

1.3L i-VTEC:143〜179万円
1.5L i-VTEC:185〜205万円

ニッサン・ノート

HR12DE:140〜170万円
HR12DDR:174〜206万円

価格についてはどんぐりの背比べといったところでしょうか。両車ともあまり差はありませんね。

スポンサーリンク

【フィットVSノート】どちらがオススメ?

では、ここまでのおさらいをしてみましょう。

  • エクステリア・デザイン→互角
  • インテリア・デザイン→フィットの勝ち
  • エンジン性能→フィットの勝ち
  • 車内空間→互角
  • 荷室空間→フィットの勝ち
  • 燃費、価格→互角

※注意)個人的主観も若干含まれます

どうやら広い荷室と現代的なインテリアを持ち、ホンダらしい良いエンジンを搭載したフィットの方が、優れているという結果になりました。

決してノートが劣っているというわけではありませんが、当サイトとしてはホンダ・フィットをオススメしたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はホンダ・フィットとニッサン・ノートを徹底的に比較してみました。結果は巷の人気とは逆にホンダ・フィットの方が優れているという結果になりました。

ホンダ・フィットはマイナーチェンジが成功しましたし、かなりオススメできる車に仕上がっていると感じます。ニッサン・ノートも悪い車ではありませんが、やはり年数を感じてしまう部分は個人的にはマイナス要素かもしれません。

ぜひ、ホンダ・フィットとニッサン・ノートの比較に役立てて頂ければと思います。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事