この記事ではステップワゴンの買取価格・査定相場について紹介しています。

ホンダの売れ筋ファミリーミニバン「ステップワゴン」。

人気のミニバン市場の中でも、トップクラスの人気を誇るモデルといえばホンダのステップワゴンです。ファミリー層から絶大な指示を受けるほか、車好きユーザーがカスタマイズを楽しむなど幅広い人気のモデルです。

相場に関しても程よく安定しているのが特徴かもしれませんね。では、多人数乗りの車でも高い需要を誇るステップワゴン、中古車市場における買取相場はどうなっているのでしょうか。

おすすめの車一括査定ランキング

ステップワゴンの買取価格・査定相場

ステップワゴンを売却したユーザーは、どれくらいの査定額をGETしているのでしょうか?

実際にあった車買取店での売却実例の価格を調べてみました。

注意)以下の価格はディーラーでの下取り価格ではなく、車買取専門店で買い取った場合の価格になります。ディーラーで仮に下取りに出す場合は以下の価格相場より更に少ない査定額になります。

タイプ

年式・距離

査定額

G Lパッケージ(2007年)

5.5万~6万km

60万円

G L HDDナビパッケージ(2007年)

8万~8.5万km

45万円

スパーダZ クールスピリット(2012年)

3万~3.5万km

180万円

スパーダZ インターナビセレクション(2012年)

5千~1万km

189.4万円

スパーダ24T(2004年)

13万~14万km

20万円

G(2006年式)

9~10万km

8.7万円

ベースグレード(2014年式)

1~2万km

106.2万円

G スタイルエディション(2007年式)

5~6万km

35.9万円

スパーダS(2004年式)

10~11万km

10.2万円

スパーダZ HDDナビエディション

7~8万km

90.3万円

ノーマル、スパーダの買取査定額の一例です。

10年以上落ちのモデルでも、走行距離など状態が良く下取りじゃない場合、十分査定額が望めるケースが多い様です。

査定額0のケースを見ると、10年以上落ちで15万km以上のステップワゴンなど一般的に難しい状態のものですね。

つまり、このようなよっぽどの車でなければそれなりの価格がつくモデルといえそうです。

ステップワゴンを相場より高く売るためには!?

1)現行モデルのステップワゴンは高値安定の相場か!?

現行型となる5代目ステップワゴンに関しては、2015年4月に発売されましたが、中古車市場では珠数がないので、しばらくは高値相場で安定するでしょう。

現行型を売る人自体がまだ少ないと思いますが、車検時期までは高額査定をGETできやすいですね。

ナビやETCなどの実用的な装備品のほか、両側電動スライドドアや純正エアロパーツなどはプラス査定となるでしょう。

一般的にはノーマルモデルよりもカスタムモデルのスパーダ人気が高くなるので、査定額もそちらが有利となります。

2)現行型以前のステップワゴンの場合は!?

4代目のステップワゴン、こちらが中古車でもメインのモデルとなり、人気車で実用性も抜群ということから、ニーズはまだまだ期待できます。

ただ、売れただけあって在庫も多数揃っているため、付け焼き刃では高額査定を得ることは難しいと言えます。

条件としては年式が新しい、内外装の見た目が綺麗といったことが挙げられます。

走行距離は短い方が良いのですが、多少走っていても4代目モデルはまだまだ値がつくはずですし、さらにスパーダであれば高評価となるでしょう。

ただ、現行型が中古車市場に出回ってくると相場価格が変動するので注意が必要です。

3)ステップワゴンでも4代目以前のモデルは厳しい査定が多いかも!

4代目以上古いステップワゴンとなると、厳しい査定が多くなります。

古いモデルなので仕方ありませんが、状態が良い場合でも相場以上の価格を得るのは難しくなってきますね。

特にディーラーでの下取りなどでは、あまり奮わない結果が多くなりやすいので、下取りではなく車買取店などでの買い取りを強くお勧めします。

まとめ:ステップワゴン売却時のポイントは?

baikyakujinopoint
通常は初回車検時期になると車を売却するユーザーが増え、相場価格が下落するのでそうなる前の売却が功を奏すでしょう。

また、ファミリーユーザーが多いと思われるステップワゴンは小さな子供を乗せるとなると、どうしても傷や汚れがつきやすくなるもので、シートカバーで対策するなど、マメな気配りも大切です。

さらにスパーダユーザーは見た目のかっこよさに惹かれる人が多いはずですので、エクステリアの状態維持にも気をつけた方が良いですね。

そして査定をする際もやはりディーラーの下取りではなく、車一括査定サイトを利用する方の一番の高価買取を実現できるポイントと言えます!

とは言っても最近は沢山の車一括査定サイトがあります。

結局どれに申し込むのが一番いいの!?

そう思うあなたの為に、次の記事では車一括査定サイトをランキングしてみましたので、あなたと一番相性の良さそうな車一括査定サイトを選んでみてください。
osusume01

3. 車一括査定サイトおすすめランキングベスト5

かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!
たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる! 業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。
24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。
業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。 提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!
特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト
 
カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!
参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー
リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。
一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。
特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト
 
ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!
芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。 何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!
私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。
従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。
特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る
 
カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社
車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。
新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。
200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。 入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね
 
ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!
などバランスのとれた車一括査定会社です。 申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀
平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。
ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。
特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
あなたにおすすめの記事