最近よく聞くカーリースですが、どんなサービスなのでしょうか?リースという言葉だけを聞くと何となくお得な気もしますよね。

しかし、カーリースを利用する場合はメリットとデメリットをちゃんと理解してから本当に自分にとって得なのか!?損なのか?を見極めてから利用する様にしましょう。

そこでここではそんなカーリースについて紹介したいと思います。この記事を読んで頂くことでカーリースが向いている人と向いていない人などについても理解出来るかと思います。

カーリースとは!?仕組みはどうなっている!?

カーリースとは顧客(個人や法人)が自由に選んだ車を、契約期間内であれば月々定額の支払いで乗ることが出来るサービスです。頭金なども用意する必要はありません。また、契約期間内の税金や諸費用は月々の支払いの中に含まれていますので当然払う必要がありません。もちろんレンタカーとは異なりますので、ナンバープレートも「わ」ナンバーではないんですよ。ただ、

  • 任意保険
  • 燃料費
  • 駐車場代

などはカーリースの定額支払いの中に含まれないものですので契約者が支払う必要があります。

カーリースの「メリット」と「デメリット」

月々定額の支払いだけで利用出来る便利なカーリースですが、当然メリットとデメリットがあります。どのような場合にメリットになるのか?またデメリットは何なのか?について見てみましょう。

カーリースの「メリット」

経済的である

車を購入する場合、多くはカーローンを組むことになります。その場合はある程度まとまった金額を頭金として用意しなければなりませんよね。しかし、カーリースは頭金を用意する必要もなく、月々定額の支払いをするだけですので、経済的と言えそうですよね。

自由に自分の好みの車を選べる

国産車であればほぼすべての車種から自分の好きな車を選ぶことが出来ます。しかも新車が用意されますから嬉しいですね。もちろん普通車ばかりではなく軽自動車も選ぶことが出来ます。

つまり自分の使い方にあった車選びをすることが可能です。

車検やメンテナンス費用がかからない

カーリースでは月々の定額支払いの中に、車検代やメンテナンス費用を組み込むことが出来るので、それらの費用がかかりません。車を維持する上では車検やメンテナンスは欠かせませんので、それらがかからないとなればお得だと言えますよね。

カーリースの「デメリット」

カスタマイズやドレスアップが出来ない

カーリースの場合は車の所有者はリース会社となりますから、車のカスタマイズやドレスアップは出来ません。中にはホイールやタイヤの変更程度なら認めている会社もあるようですが、フロントやリアにスポイラーを装着するようなことはまず認められません。

もしカスタマイズやドレスアップを行った場合は、契約終了時に原状回復が求められることになります。

走行距離に制限がある

カーリースでは契約時に月間の走行距離に上限が付けられることが普通です。この走行距離を超えると別途支払いを求められます。ですが多くのリース会社のプランでは、月間の走行距離の上限を1,000km以上に設定しているので、まず不満なく使えるはずです。

途中で解約は出来ない

通常は契約を結ぶと途中で解約することは出来ません。もし解約すると多額の損害金を請求されることになります。ですが事故などで廃車になってしまったようなケースでは相談に乗ってくれることもあります。

カーリースの料金の相場は!?購入とどれくらい違う!?

カーリースの料金はプランや契約年数によって違ってきます。契約年数が長くなれば月額に支払う料金は安くなります。また車検やメンテナンスを含めないプランであればやはり安くなります。実車で具体的な料金を見てみることにしましょう。

トヨタアクア 1.5L

  • 車両本体価格:1,886,760円
  • 諸費用:299,877円
  • 購入時支払総額:2,186,637円

この車両で7年間にかかる費用を一括購入、ローン、リースと比較してみると…。

月々支払額

一括購入 銀行ローン(金利4.8%) カーリース
0円 30,600円×83回(初回のみ31,223円) 38,340円×84回

車検、メンテナンス代

一括購入 銀行ローン カーリース
400,000円 400,000円 リース料金に含む

自動車税

一括購入 銀行ローン カーリース
172,500円 172,500円 リース料金に含む

7年間の支払総額

一括購入 銀行ローン カーリース
2,759,137円 3,143,523円 3,220,560円

現金一括購入が一番安いのは当然ですが、カーリースと銀行ローンでは、カーリースの方が77,037円高いことがわかります。しかし、銀行ローンは審査がなかなか厳しいものとなっています。ディーラーのローンを利用した場合、7%前後の金利が普通です。

その場合、カーリースの方が安くなると言えそうです。車をローンで購入する方にはカーリースという選択肢も考慮に入れると良いかもしれませんね。

カーリースがオススメな人とオススメできない人

カーリースには「向いている人」と「向いていない人」がいますので自分はどちらなのか判断してみてくださいね。

カーリースが「オススメな人」

車をローンで購入する人

一括購入する資金を用意することが困難な人は、ローンで購入することになりますよね。ディーラーのローンの金利は一般的に高いですから、月々の支払いはカーリースの方が安くてすむ場合があります。

近距離の移動が多い

車であまり遠出をしない人にもカーリースは向いています。

短期間で車を乗り換える

例えば3年毎に新車に乗りたいという人にはカーリースの方が特になる場合があります。ただし毎月の定額支払金は高くなるので、よく計算するようにしましょう。

カーリースが「オススメできない人」

車をいじりたい人

車をカスタマイズやドレスアップして楽しみたい人にはカーリースは向きません。車の所有権はリース会社にありますから、勝手にいじることはNGなんです。

長距離を走る

月に2000キロを超えるような長距離を走る人にもカーリースは向いていません。理由は先ほども紹介しましたが月間の走行距離に上限が付けられているからです。

車を自分で所有したい人

カーリースでは車の所有権はリース会社にあります。ですからリース中の車を人に売ることは出来ません。車を自分の所有物として自由にしたいと考えている人には、カーリースは向かないということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はカーリースについて紹介しました。貴方はカーリースの利用に向いている人でしたでしょうか?それとも向いていない人でしたでしょうか?ただ、車に乗る場合はこういった選択肢もあると言うことは知っておくとお得かもしれませんね。

乗ってみたい車がある、でも総合的に購入するのはちょっと…と言う場合はカーリースがお得な場合もあるかもしれませんね。ただ、カーリースを利用する場合はあくまでも所有者はリース会社であると言うことだけは覚えておきましょう。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事