「あれ!?スライドドア、故障してる!?」

「閉まらないし開かない!何が原因なの!?」

などミニバンの多くに採用されているスライドドア。最近のミニバンはリアドアがパワースライドドアになっていますよね。

また、ミニバンだけでなく軽自動車にも採用が広がっていますので、パワースライドドアを目にする機会も多いと思います。ところがこのパワースライドドア、開閉が出来なくなることがあります。

スライドドアが閉まらない、開かない。そんな時の原因や修理費用などについて紹介しますのでスライドドアが故障したかも!?とお悩みの方の参考になれば幸いです。

スライドドアが閉まらない開かない原因

パワースライドドアが開閉しなくなるのにはいくつか原因があります。それぞれ対処法が異なってくるのでよく見極めるようにしましょう。ここではパワースライドドアが開閉しなくなる原因を6つ紹介しますのであなたの場合と照らし合わせてみてください。

※具体的な修理費用については後ほど述べることにします。

原因1:スイッチの入れ忘れ

パワースライドドアのメインスイッチはハンドル周りに付いています。まずはこれをチェックしてみましょう。「OFF」では当然ですがパワースライドドアは動きません。自分が乗る前に誰かが乗った時などに起こりがちです。

対処法はスイッチを入れるだけですみます。

原因2:ボタンが故障している

パワースライドドアはドアノブを操作するか、運転席のボタンを押すことで開閉します。このボタンが故障していると開閉しません。ボタンの故障で一番多いのは接触不良です。対処法としてはボタンの交換がいいでしょう。

ボタンを分解して接触不良を直す手もありますが、さほど単価の高い部品でもないのでそこまでやる必要はないとは思います。

原因3:ヒューズが切れている

ボタンを押しても反応しない、あるいは左右のドアが共に開閉出来ないという場合は、ヒューズ切れかもしれません。ヒューズを交換することで直りますが、ヒューズが切れるということは過電流が流れた証拠ですから、ディーラーや整備工場で点検してもらうことをおすすめします。

電装系のトラブルは後々怖いこともありますので早めの点検が◯です。

原因4:ウェザーストリップの劣化

ドアや開閉部に付いている黒いゴムがありますね。これをウェザーストリップと呼びます。

隙間から雨風が侵入しないようにパッキングするために付いている部品ですが、劣化をするとよれてしまいドアの隙間に挟まることがあります。こうなるとパワースライドドアは開閉出来ません。

応急処置としてはゴムを押し込むなどして動くようにしてやることですが、ウェザーストリップを交換するようにしましょう。

原因5:モーターが故障した

スライドドアとモーターはワイヤーで繋がっています。このワイヤーを巻き取ることでドアを開閉しています。その為、モーターが故障してしまうと動かないということになります。

この交換費用は高額になるので、年式によってはワイヤーを切ってもらって手動にするという対処法もあります。

原因6:ワイヤーが切れている

スライドドアとモーターを繋いでいるワイヤーが切れるとドアは開閉しなくなります。この時、耳を澄ましてモーター音を確認して下さい。

モーターが動いているのに開閉しない場合はワイヤー切れということになります。ワイヤーの交換は費用がかかりますから、このまま手動で使うという選択肢もあります。

スライドドアが故障している場合車検は通る?

パワースライドドアが故障していても、手動で開閉出来るなら車検は通ります。しかし、例えばポールなどにドアを激しくぶつけてしまい、物理的に開閉が出来ない場合などは話は別です。

その場合はきちんと修理をしないと車検に通らない可能性が高くなってしまいます。

スライドドアの修理費用はどれくらいかかる!?

パワースライドドアの故障の原因については概ね分かりましたね。では、具体的にそれぞれのケースについて修理費用はいくらかかるのか?について見てみましょう。

ボタンが故障している

ボタンを交換することになります。

交換費用は2,000〜3,000円位見ておけばいいでしょう。

ヒューズが切れている

ヒューズ代と工賃合わせて1,000円程度見ておけば十分ですが、電装系のチェックも合せて行うと別に費用がかかることになります。

ウェザーストリップの劣化

ウェザーストリップの交換はスライドドア1枚分であれば10,000円位見ておけばいいでしょう。

モーターの故障

これは費用がかかります。部品代と工賃合わせて70,000円は見ておかなければなりません。ワイヤーを切って手動にするのもいいと思います。

ワイヤーが切れた

これもモーターの交換同様、費用がかかります。部品代と工賃合わせて50,000円位かかります。既にワイヤーが切れているわけですから、そのまま手動で使った方がいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はパワースライドドアについていろいろ見てきました。スライドドアがもしかしたら故障してしまったかも!

そんな場合はぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事