この記事では新型プリウスにおすすめのオプションや、是非とも付けたいパーツなどを紹介したいと思います。ディーラーオプションはプリウスの購入後でも付けることが出来ますが、メーカーオプションは購入時にしか付けることが出来ません。

後から「あー、この人気のオプション付けておけばよかったなー」と思わないためにもオプション選びの参考にして頂ければと思います。

新型プリウスの人気オプション、パーツ一覧と価格

プリウスに限らずオプションにはメーカーで製造時に組み付けるメーカーオプションと、ディーラーで取り付けることが可能なディーラーオプションがあります。まずは新型プリウスにおすすめの人気ディーラーオプションの種類と価格から見ていくことにしましょう。

新型プリウスにおすすめのディーラーオプション(種類・価格)

T-Connectナビ 9インチモデル(ステアリングスイッチ付)ナビレディパッケージ用


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥241,920

9インチの大画面ナビゲーションです。T-Connectはネットの渋滞情報を元に最適な道を選択してくれます。

T-Connectナビ(ステアリングスイッチ付)ナビレディパッケージ用


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥155,520

特に大画面にこだわらない方にはこちらのナビの方がおすすめです。

USB/CDチューナー


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥30,240

USBポートから給電ができるようになっています。またワイドFM対応型なのでクリアな音質が楽しめますのでおすすめです。

ETCビルトインタイプ<ベーシックタイプ>


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥10,800

高速道路の必需品ですね。ベーシックタイプで十分でしょう。

バックガイドモニター


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥17,280

車庫入れや縦列駐車をサポートしてくれますのでおすすめです。

サイドプロテクションモール


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥34,560

ドアをぶつけてしまってもこれがあるなら保護してくれます。

フロアマット(デラックスタイプ)


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥24,840

誰もが選ぶオプションがこちら。価格も良心的でおすすめです。

新型プリウスに装備したい人気おすすめランキング5

プリウスはオプションが豊富に揃えられています。何を付ければいいのか悩むほどありますから、特におすすめしたいプリウスの人気ディーラーオプションを5つほど紹介したいと思います。

ランキング1〜5位

5位:フロアマット(デラックスタイプ)


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥24,840

プリウスのフロアマットは価格が低廉なのでおすすめできます。

4位:電子インナーミラー


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:59,400円

デジタル処理をした画像が表示されるインナーミラーです。後方確認が向上するのでおすすめです。

3位:T-Connectナビ(ステアリングスイッチ付)ナビレディパッケージ用


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:¥155,520

9インチの大画面は必要ないでしょう。こちらのナビは7インチですから十分視認性が高いのでおすすめです。

2位:ラゲージソフトボックス


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:18,360円

プリウスのトランクルームは広いのが特徴ですが、小物を入れておくと転がってしまいます。このソフトボックスは使わない時はファスナーを開いてマットになるのでプリウスでは押さえておきたい人気のおすすめオプションです。

1位:リモートスタート(スマートキー一体タイプ)


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:66,960円

価格は高めですがあると便利なのがリモートスタートです。真夏や真冬では車に乗り込む前に室内を快適な気温にすることが可能です。

あっても使わなくなるオプションは?

せっかく付けても使わなくなるオプションもあります。これはディーラー、メーカーどちらのオプションにも言えることです。プリウスの場合はメーカーオプションに使わなくなるものがいくつかあります。例えばこちらのオプションです。

おくだけ充電


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:12,960円

対応していないスマホが多い上、充電するならば他に方法があるので、必要ない方も多いかと思いますのであまりおすすめはしません。

ITSコネクト(路車間・車間通信システム)

価格:27,000円

ほとんどの交差点で対応していない上に、装備している車の数が僅かですから、付けても何のメリットもないというのが実情です。

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:43,200円

あると便利そうですがおそらく使うことはないでしょう。価格も高すぎるのでやめておいた方が無難です。

これだけは付けておきたい!新型プリウスのメーカーオプションやパーツ

プリウス購入時に必ず付けておきたい、あるいは付けなければならないオプションもあります。特にメーカーオプションは後付が不可能ですから注意しなければなりません。次に紹介する3つのオプションだけは必ず装備するようにしましょう。

ナビレディセット


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:32,400円

ステアリングでナビの操作が出来るオプションです。バックカメラも装備されるのでプリウスにも必須のオプションと言っていいでしょう。

インテリジェントクリアランスソナー [パーキングサポートブレーキ(静止物)]


引用元:https://toyota.jp/prius/

価格:28,080円

踏み間違いをサポートする機能です。付けておいた方がいいでしょう。

寒冷地仕様

価格:18,360円(Aグレード以上)

価格:23,760円(Aグレード以外)

プリウスの寒冷地仕様には特殊なヒーターが含まれます。このヒーターの有無で冬の快適さが違ってきます。そして冬場の燃費も向上しますのでぜひ付けるようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はプリウスのオススメのオプションについて紹介しました。メーカーオプションだけでも12種類程あります。

人気のオプションもたくさんありますのでどれを選ぼうか迷ってしまうかもしれませんが、本当に必要なメーカーオプションは3つほどかもしれません。

ディーラーオプションは後から選ぶことも可能ですので神経質になることはありませんよ。是非、プリウスのオプション選びの参考にして頂ければと思います。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事