今回は車の査定でカーナビやETCはプラス査定になるのか?についてです。

最近は車を持っている人のほとんどがカーナビETCを車に装備していると思います。

では、

実際車を査定する際にカーナビETCはプラス査定になるのでしょうか!?気になりますよね。

ETCは車の査定でプラス査定になるの?

etc

残念ながらETCは車の査定時においてプラス査定になる事はほとんどありません。

その理由は、

純正のETCであっても最近は標準装備している車がほとんどなので特別査定時に重要視されるものではないということです。

新車購入時にオプションとして付ける場合、割と金額も高いので車を売る際にも同様の価値があるんじゃないの!?って思ってしまいがちですが売却の際にはあまり関係ないみたいですね。

知り合いの査定士に聞いてみたのですが、

「最近は車にETCが付いているのは当たり前だからプラスになる事は少ないね。逆にETCの付いていない車の方が減額されるかな」

こんなことも言っていましたので、ETCの装備の有無では買い取り金額(査定額)は影響しないようですね。

査定で評価されないのならETCを外そうかな!?

車内に装備してあるETCが純正でなく社外品だから外して次の車に乗せ換えようか!?って考えもあるかもしれませんが、ETCは自分で完全に取り外すことが出来ないのでどうしてもお金がかかってしまいます。

その金額も業者によったら1万円以上かかる場合もありますので、新品で数千円で購入できることを考えると考えモノですよね。

しかも社外品のETCだと取り外した際に取り付け部分の粘着テープ痕などがあると逆に査定額を下げてしまう事もあり得ます。

以上の事を考えるとETCは取り外さずにそのまま査定に出す方が良いと言えます。

もちろん業者によってはプラス査定を付けてくれるところもありますので、そこは実際査定に出して確かめてみてみましょう。

カーナビは車の査定でプラス査定になるの?

car-navi

カーナビはほとんどの場合プラス査定になります。

さらにカーナビの場合、

3、4年以内くらいの比較的新しいバージョンであると更にプラス査定になりやすいようです。

最近はほとんどの車にカーナビが付いているので逆にカーナビの付いてない車はETC同様減額される場合もあるようです。

どのタイプのカーナビでもプラス査定になるの?

カーナビにはいくつか種類があると思います。

あなたのカーナビのタイプは?
  • 社外品に多いオンダッシュタイプ(粘着テープ等で固定)
  • オーディオ部分に埋め込むインダッシュタイプ
  • HDDタイプ
  • DVDタイプ

一番評価の高いタイプはインダッシュでHDDタイプ、更に年式も3~4年以内のものだと好評価を得られます。

しかし、

自分のもっているのはオンダッシュでDVDタイプ、しかも年式も古い…

こんな場合は残念ながらプラス査定にならない可能性もあります。

だからといってマイナス査定になる事はほとんどの場合、無いです。

要はカーナビでも、

  • どんなタイプなのか!?
  • どれくらいの年式か!?

によって査定額が変わってくるということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ETCは査定額がプラスになる事はほとんどの場合無いようですが、カーナビの場合はよっぽど古い年式でない限りはプラス査定になる事が多いようです。

しかし、

カーナビを搭載した車を売却する際は今一度そのカーナビが正常に動作するのかを確認しておきましょう。

カーナビの確認項目
  • 現在地の検索がきちんと出来るか?
  • タッチパネルがキチンと反応するか?

などを再度確認しておきましょう!

査定士の人は必ずと言っていいほど動作確認をしますので車を一括査定する際は最終確認だけは徹底して行うようにしましょう。

また、

車を査定してもらう業者は決まっていますか?

車一括査定サイトを利用する事であなたの車がディーラーの下取りよりもはるかに高額で売却出来るかもしれません。

次の記事では、

私が過去に車一括査定サイトを利用してきた中で満足出来たものだけを5つ厳選しました。

おすすめの車一括査定ランキング

あなたにおすすめの記事