今回は車買取りの手数料ってどれくらい掛かるのか?について紹介したいと思います。

車を査定し、売却する時というのは何か色々費用が掛かってしまいそうですよね?

特に車を査定してもらった後に手続きや引き取りなどをしてもらった場合は手数料もかかってしまいそうです。

しかし、

そんな手数料も実は買い取り金額の中に含まれている事がほとんどです。

そこで今回はそんな査定金額の中に含まれている手数料について色々紹介します。

査定をしてもらう段階では手数料はかからない

最近はほとんどの買取り業者は無料で出張査定をしてくれますよね。

そして、

査定をして契約した段階で手数料がかかってくるのです。

車買取契約後に手数料が発生しそうな項目をチェック

車の査定額が決定し、車を売ることに決めたら契約を交わします。

その後、色々手続きをするわけですが、その手続きにかかってくる手数料というのが、

手数料のかかるもの
  • 車の譲渡手続きの代行料手数料(名義変更の代行料&印紙代)
  • 車の運送料(自宅から買取店までの移動料)

などが一般的にかかってくると言われている手数料です。

車を売る際には名義変更の手続きが必要になります。

名義変更にかかる費用というのは、

  • 現金で徴収される場合
  • 査定金額から差し引かれる場合

の2種類があります。

もちろん、名義変更が出来る人は自分でしても問題ないのですが、多くの人は車買取り専門店に代行してもらうと思います。

そして、代行してもらう場合には代行手数料がかかってきます。

この代行手数料に関しては車買取業者によって違いもありますが1~2万円が多いですね。

中古車買取に必要な書類とは!?

中古車を買い取ってもらうことになると必要な書類があります。

  • 印鑑証明
  • 住民票

が必要になります。印鑑証明と住民票は各市区町村で発行してもらうことが出来ますが、この時にかかってしまう費用は実費になってしまいます。

この費用は各自治体によって違ってくるのですが、300円~700円くらいで入手することが出来ます。

車の買取り前にこの情報を知っているか知らないかだけでも査定後の流れが円滑に進めることが出来ますね。

私が過去に経験したことなのですがこの書類が必要だと知らなくて買取りの流れが中断してしまい振り込みまでの期間が長引いてしまったことがあります。

これらの書類は車を売却する際にはほぼ必要な書類になりますので、車を売ると決めたのであればあらかじめ用意しておくと良いのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?なんとなく手数料かかるんだろうなと思っていた人もいると思いますがこれであらかじめ書類も心構えも準備が出来そうですね。

最後に手数料としてかかるものとその費用についてまとめておきます。

手数料が必要なもの
  • 車の譲渡手続きの代行料手数料(名義変更の代行料&印紙代)
  • 車の運送料(自宅から買取店までの移動料)

手数料の相場1~2万円

実費で必要なもの
  • 印鑑証明
  • 住民票

実費費用300~700円(自治体によって違う)

ということですので、あらかじめ頭の中に入れておくことで心の準備も出来るのではないでしょうか?

ぜひ、

あなたの車の査定の際に役立ててください。

おすすめの車一括査定ランキング

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事