自動車を所有すると名義を登録することになります。

これは普通車でも軽自動車でも変わりはありません。そして、時によっては名義を変更を自分でしなくてはならないこともあります。

どんな時に名義変更が必要になるのでしょう?

そこで今回は、

  • 名義変更が必要な時
  • 必要書類と手続き方法
  • 名義変更にかかる時間

など普通車、軽自動車の名義変更について紹介したいと思います。今まで名義変更を代行していた人もこの記事を最後まで読むことで、代行費用をかける事なく名義変更が出来る様になるかもしれません。

名義変更が必要な時とはどんな時!?

それでは具体的にどのような場合に名義変更が必要なのか見ていくことにしましょう。

個人間売買で車を購入した時

中古車販売店から購入する時は販売店が手続きをしてくれますが、個人間売買では自分で名義変更を行わなくてはなりません。

名義変更をしないといつまでも元の所有者に自動車税の納税義務がかかります。

車を無償で譲り受けた時

個人間売買と同じで名義変更をしなくてはいけません。理由も個人間売買と同じで名義変更をしないといつまでも元の所有者に自動車税の納税義務がかかります。

所有者が死亡して相続した

亡くなった親から相続した場合も名義変更が必要です。ただし亡くなった方の死亡証明書など、特別な書類は必要ありません。

普通車、軽自動車の名義変更時の必要書類と手続き

ここからは普通車・軽自動車の名義変更に必要な書類と具体的な手続きについて見ていくことにしましょう。

前提として必要書類が集まらないと手続き自体ができないので注意しましょう。また、普通車と軽自動車では、名義変更にも若干の違いがあるので気をつけましょう。

軽自動車の名義変更時の必要書類と手続き(代行の場合と自分で行う場合)

【代行の場合】

代行の場合は以下の書類を用意して代行業者に渡します。旧所有者は以下の書類を用意して渡します。

  • 車検証の原本
  • 自賠責保険証明書の原本
  • ナンバープレート(管轄が変わる場合)
  • 住民票(3ヶ月以内のもの)
  • 申請依頼書

旧所有者欄(右側)に認印を押印します。

また、新所有者は申請依頼書の新使用者・新所有者欄に認印を押印し渡します。

【自分で行う場合】

自分で行う場合は自ら軽自動車検査協会に出向くことになります。また自分で行う場合も旧所有者が用意する書類は変わりません。ですが新所有者は以下の書類が増えます。

  • 自動車検査証記入申請書(認印)
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車取得税申告書

これらの書類は当日窓口で入手可能ですから心配ありません。

【名義変更にかかる費用】

自分で行う場合、

  • 移転登録の書類一式が35円ほど
  • 住民票、印鑑証明取得に300円〜500円

トータル535円ほどで済ますことが出来ます。ナンバープレートが変わる場合は別途ナンバープレート代がかかります。

代行業者に依頼した場合は、15000〜20,000円ほどかかります。

普通車の名義変更時の必要書類と手続き(代行の場合と自分で行う場合)

【代行の場合】

代行の場合は以下の書類を用意して代行業者に渡します。旧所有者は以下の書類を用意して渡します。

  • 車検証の原本
  • 自賠責保険証明書の原本
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書
  • 住民票

これは引っ越しで車検証の住所と現住所が異なる場合に必要になります。また押印はすべて実印で行うので注意して下さい。

新所有者は以下の書類を用意して渡します。

  • 委任状
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明委任状

認め印を押印します。

・自認書

車庫が自己所有の場合に必要です。認め印を押印して下さい。

・自動車保管場所使用承諾証明書

車庫が貸ガレージや家族名義の場合に必要です。所有者の方に記入押印してもらって下さい。

・所在図・配置図

車庫の図面が必要になります。

出典元:https://www.kaitoriou.net/

以上を見てみらっても分かる通り、軽自動車と比べても用意する書類が多くなるので注意しましょう。

【自分で行う場合】

自分で行う場合は自ら陸運支局または自動車検査登録事務所に出向く必要があります。旧所有者が用意する書類は変わりません。ですが新所有者は以下の書類が増えます。

  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 申請書(実印)

委任状があれば旧所有者の押印は必要ありません。また、これらの書類は当日窓口で揃います

【名義変更にかかる費用】

自分で行う場合は、

  • 移転登録手数料:500円
  • 申請書の用紙代:100円
  • 印鑑証明書代:200〜400円
  • 車庫証明代:3000円

かかります。ナンバープレートを変更する場合、別途ナンバープレート代がかかります。また車両の価格によっては、自動車取得税がかかることもあります。

トータルでは3,800円〜4,000円ほどかかる計算になります。また、代行業者に依頼した場合は、27,000円〜50,000円ほどかかります。

名義変更にかかる時間はどれくらい!?

軽自動車の場合はその日の内に、早ければ30分ほどで終わります。

ただ、普通自動車の場合は時間がかかります。

これは名義変更そのものはその日のうちに終わりますが、警察署で行われる車庫証明に時間がかかるためです。早くても4日はかかります。

まとめ

以上、今回は普通車、軽自動車の名義変更時の必要書類と手続きについて紹介しました。

普通自動車の場合は大変ですが、軽自動車の名義変更ならなんとかなりそうではありませんか?

名義変更自体は個人でもできますので、時間に余裕がある場合はチャレンジしても良いと思います。しかし、自分だけでは大変そう…、こう思った時は料金こそかかりますが、代行業者に一任するのも一考です。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事