この記事ではプリウス純正ホイール・タイヤサイズ(50系、30系、20系)について解説しています。ホイールなどの足回りを交換するだけでもプリウスの見た目はガラッと変わりますよね。

ホイール交換、スノータイヤ用のホイールの購入を検討している方には特にお役に立つ情報かと思います。では、

  • 50系(四代目プリウス)
  • 30系(三代目プリウス)
  • 20系(2代目プリウス)

の順に紹介していきたいと思います。また、後半ではホイールのインチアップの際の注意点についても紹介しましたのでぜひ最後まで読んでいただければと思います。

プリウス”純正”ホイール・タイヤサイズ(50系)


出典元:https://rojam.jp/

四代目プリウス(50系)販売時期:2015年12月〜

■型式

ZVW50/51/52/55型

【50系プリウス】ホイール・タイヤサイズについて

■ホイールサイズ(15インチ)

  • ホール数:5穴
  • サイズ:15インチ×6.5J
  • PCD:100
  • オフセット:+40mm
  • ハブ径:54mm

■タイヤサイズ

195/65R15

■ホイールサイズ(17インチ)

  • ホール数:5穴
  • サイズ:17インチ×7.0J
  • PCD:100
  • オフセット:+50mm
  • ハブ径:54mm

■タイヤサイズ

215/45R17

【50系プリウス】ナットサイズについて

■ナットサイズ

・平面ナット

  • M12×1.5
  • HEX:21mm

※純正以外のホイールを取り付ける場合は60°テーパーナットに交換してください。

プリウス”純正”ホイール・タイヤサイズ(30系)


出典元:https://rojam.jp/

三代目プリウス(30系)販売時期:2009年5月〜2015年11月

■型式

DAA-ZVW30

【30系プリウス】ホイール・タイヤサイズ

■ホイールサイズ(15インチ)

  • ホール数:5穴
  • サイズ:15インチ×6.0J
  • PCD:100
  • オフセット:+45mm
  • ハブ径:54mm

■タイヤサイズ

195/65R15

■ホイールサイズ(17インチ)

  • ホール数:5穴
  • サイズ:17インチ×7.0J
  • PCD:100
  • オフセット:+50mm
  • ハブ径:54mm

■タイヤサイズ

215/45R17

【30系プリウス】ナットサイズについて

■ナットサイズ

・平面ナット

  • M12×1.5
  • HEX:21mm

※純正以外のホイールを取り付ける場合は60°テーパーナットに交換してください。

プリウス”純正”ホイール・タイヤサイズ(20系)


出典元:http://www.kenstyle.co.jp/

二代目プリウス(20系)販売時期:2003年9月〜2009年4月

■型式

NHW20

【20系】ホイール・タイヤサイズ

■ホイールサイズ(15インチ)

  • ホール数:5穴
  • サイズ:15インチ×6.0J
  • PCD:100
  • オフセット:+45mm
  • ハブ径:54mm

■タイヤサイズ

185/65R15

■ホイールサイズ(16インチ)

  • ホール数:5穴
  • サイズ:16インチ×6.0J
  • PCD:100
  • オフセット:+45mm
  • ハブ径:54mm

■タイヤサイズ

195/55R17

【20系プリウス】ナットサイズについて

■ナットサイズ

・平面ナット

  • M12×1.5
  • HEX:21mm

※純正以外のホイールを取り付ける場合は60°テーパーナットに交換してください。

プリウスのホイール・タイヤを15→17へインチアップさせる場合の参考値

プリウスのホイール・タイヤを15インチ→17インチにインチアップさせる場合、必ず純正ホイールのサイズを守るようにしてください

15インチホイールで195/65R15のタイヤを17インチホイールに交換すると、タイヤの幅も広がりますが扁平率も低くなることに注意しましょう。

因みに17インチホイールではタイヤサイズが215/45R17となります。

インチアップする際の注意点

出典元:https://www.aihiro.com/

インチアップする際に注意することとしては、

  1. タイヤの外径
  2. タイヤの荷重指数
  3. 車体へのはみ出し

など、車検を考慮した内容を意識しなくてはいけません。せっかくインチアップしても車検に通らないとなると車検の際に取り替える必要も出てきてしまいます。見た目も法律的にも問題の無いインチアップが最良ですからね♪

①タイヤの外径を変えないように注意する

タイヤの外径はホイールの直径プラス大差の厚みで決まります。ホイールをインチアップした場合、タイヤの扁平率を下げて、外径は同じになるようにしなければなりません。

もし外径が変わってしまうと、スピードメーターに誤差が生じてしまい、正確な速度表示が出来なくなってしまいます。車検にも通らないことになるので注意です。

②タイヤの荷重指数が同等以上かチェックする

タイヤの性能表示には荷重指数というものがあります。

195/65R15 荷重指数「91」

という風に表示される数値で、この数値が同じか、それ以上でないと車体を支える力が落ちますから危険ということになります。分からない場合はお店の人に確認してもらいましょう。

③タイヤが車体からはみ出さないようにする

ホイールによってはタイヤが車体からはみ出すことがあります。大変危険な状態ですしもちろん車検にも通りませんから注意してください。純正ホイールの各種サイズを守るとこうした事は起きません。

まとめ

歴代プリウスの純正ホイールとタイヤのサイズについてご紹介しました。プリウスは燃費最優先で作られた車ですので、純正以外のホイールやタイヤに交換すると、走行性能は上がるかもしれませんが、まず確実にプリウスの燃費が悪化することも忘れないようにしましょう。

一般にインチアップをして扁平率の低いタイヤに交換した場合は、燃費は平均で5%は悪化すると言われています。中には30%も悪化したケースもありますし、軽自動車と同じくらい維持費の掛からないプリウスからすれば致命的とも言えます。

つまりタイヤ選びは慎重に行うことが大切だということですね。

また、インチアップの際に疑問点がある場合はショップの店員さんに質問するようにしましょう。そしてホイールやタイヤを交換すると結構な金額になりますので、中古車のプリウスも視野に入れておくとホイールやエアロを装備したお得なプリウスも見つけることが出来るかもしれません。

あなたにおすすめの記事