ハイブリッド車の代名詞とも言われるTOYOTAのプリウス。その維持費はどのくらい掛かるのでしょうか。また、燃費の良さを挙げるなら軽自動車も負けていませんよね。

ただ、プリウスと軽自動車それぞれの年間維持費がどれくらい差があり高いのか?も気になるところ。

そんな私はプリウスに乗っていますが、プリウスは確かに燃費は良いです。一度の給油で800kmほど走ってくれますので、燃費だけでいうと3ナンバー車とは雲泥の差です。そこでこの記事では、プリウスと軽自動車の月間維持費年間維持費を比較してみました。

プリウスと軽自動車それぞれの維持費が気になる方には参考になるかと思いますので、是非とも最後までお付き合い頂ければと思います。

プリウスと軽自動車の維持費はどちらが高い?

車の維持費には毎年かかる「自動車税」や「任意保険」の料金、ガソリン代やメンテナンス代などがあります。駐車場を借りているなら、駐車場代も維持費になりますよね。プリウスと軽自動車ではどれくらい違うものなのでしょうか。具体的に比較してみましょう。まずは税金面の比較からです。

【税金面の比較】プリウスと軽自動車

自動車税は毎年支払う税金です。

もし支払いが滞ると遅延金が発生するだけではなく車検を受けることが出来なくなります。さて、プリウスは1.8Lのエンジンを積んだ小型車です。

車名 自動車税
プリウス(1.5〜2.0L) 39,500円/年
軽自動車 10,800円/年

税金はプリウス(1.5〜2.0L)の場合、39,500円が課せられることになります。一方、軽自動車は10,800円と優遇されていますね。税金面は圧倒的に軽自動車の方が有利ということになります。

【保険料の比較】プリウスと軽自動車

自賠責保険は強制ですが任意保険にも加入している方がほとんどだと思います。万が一の為に加入している任意保険の料金は加入者が、

  • ゴールド免許か否か
  • 年齢
  • 等級

などによっても変わってきます。また車両保険を付けるかどうかでも大きく変わります。

車両保険を付けない任意保険料は、プリウスと軽自動車では大きく違いはありません。年間で30,000〜60,000円くらいになるかと思います。つまり保険料での維持費に関しては、ほとんど違いはないと言えるかと思います。

【ガソリン費用の比較】プリウスと軽自動車

ガソリン代から見た場合の維持費はどうでしょうか。現行の四代目プリウスの実燃費はFF車で23km/Lくらいです。軽自動車ではダイハツのミラ・イース(ノンターボ車)の場合、22km/Lを誇ります。ほぼ誤差の範囲内の数字ですから、プリウスとミラ・イースを比較した場合、ガソリン代はほぼ変わらないということになります。

小型車で軽自動車と変わらない燃費というのはさすがハイブリッド車のプリウスといったところですね。年間走行距離が8,000kmならガソリン代は年間45,000円程度になります。

【車両価格の比較】プリウスと軽自動車

プリウスとミラ・イースの車両価格は以下の通りとなっています。

車名 車両価格
プリウス 251〜347万円
ミラ・イース 84〜134万円

1.8Lのハイブリッド車と軽自動車ですから価格は倍も違ってきます。車両価格の比較ではミラ・イースの圧勝となってしまうのは仕方がないと言えますね。

【メンテナンスの比較】プリウスと軽自動車

それではメンテナンス代はどうでしょうか。

【法定12ヶ月点検の料金】

  • プリウス・・・20,000円程度
  • 軽自動車・・・10,000円程度

かかります。他にオイル交換やワイパー、タイヤなどの交換を考えると、プリウスは年間で17,000円程度、軽自動車は10,000円程度見ておくといいでしょう。

合計すると、

  • プリウス・・・年間37,000円
  • 軽自動車・・・年間20,000円

ということになります。軽自動車のタイヤは小径ですので価格が安いことも料金の違いに反映されていると言えそうです。

プリウスと軽自動車の”月間維持費”と”年間維持費”

では、プリウスと軽自動車の月間維持費と年間維持費ですが前項までの維持費をまとめてみました。まずは年間維持費です。

年間維持費

車名 自動車税 任意保険 ガソリン代 メンテナンス代 合計
プリウス 39,500円 〜60,000円 45,000円 37,000円 〜181,500円
軽自動車 10,800円 〜60,000円 45,000円 20,000円 〜135,800円

年間を通して5万円近く軽自動車の方が安くなるかと思います。では、次にプリウスと軽自動車の月間維持費についてです。

月間維持費

  • プリウス・・・12,625〜15,125円
  • 軽自動車・・・8,817〜11,317円

※内訳は任意保険、ガソリン代、メンテナンス代になります。

プリウスと軽自動車なら総合的にどちらがお得!?

金額のみで比較するなら圧倒的に軽自動車の方が得になります。しかし、車としての総合性能はプリウスの方が遥かに上です。車がぶつかった場合の受動安全は軽自動車の基準は小型車の基準を下回ります。端的に言えばプリウスの様な小型車なら助かった事故でも、軽自動車の場合は命を落とす危険性があるということです。

また、動力性能もまるで違います。長距離を走行した場合の疲労の少なさもプリウスに軍配が上がります。その為、軽自動車とプリウスは使用用途が違うと思っておくと良いかと思います。軽自動車はあくまでも近所に出かける時の下駄です。

プリウスは長距離も楽にこなし受動安全も安心な車です。総合的に考えると私はプリウスの方が良いと思います。ではそんな両車なのですが、もし中古で購入する場合は何に注意して購入すれば良いのでしょうか?

中古で購入するなら何に注意すると良い!?

プリウスや軽自動車を中古で購入する場合、プリウスのようなハイブリッド車は走行距離に注目してください。年式が新しいことも大事になります。5年、5万キロ以内のハイブリッド車を選びましょう。

軽自動車の場合は特に修復歴に注意。小型車と比較するとただでさえ弱いわけですから、修復歴のある車では命取りになりかねません。車検や点検をきちんと受けている車なら、今の時代です。走行距離は気にしなくても良いと思います。

まとめ

以上、プリウスと軽自動車の月間維持費・年間維持費について比較してきました。軽自動車の車両価格や維持費の安さは確かに魅力的です。しかし、一台の車としてみた場合、あらゆる面でプリウスが上回っていると言えそうです

近所の買い物くらいしか車を使わないのであれば軽自動車でも十分だと思います。ただ、そうでない場合はプリウスに乗った方が総合的に安心かなと思いますし、数ある小型車の中でもプリウスは非常によく出来た車だと言えますよ。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事