プリウスの燃費が悪くなった?歴代のプリウスで比較してみた!

1997年10月に世界初の量産ハイブリッド車として登場したプリウス。早くも20年以上の月日が流れ、プリウスは現在では4代目になります。

そんなプリウスですが燃費が悪くなったのではないか!?という噂が流れているようです。燃費が良い!というのがプリウスの最大の持ち味でもあるので、燃費が悪くなったとなると購入するかどうかも迷ってしまいますよね。

そんなプリウスの燃費を知る為には、歴代プリウスの燃費の動向を知ることで解決出来ると思います。そこでこの記事では、

  • 歴代プリウスの燃費の比較
  • 燃費の良い走り方

についてなど、プリウスの燃費について紹介しましたので是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

プリウスの燃費が悪くなった?歴代プリウスで比較


出典元:https://www.webcartop.jp

まず始めに歴代プリウスの燃費で比較してみましょう。燃費が悪くなったかどうか一目瞭然になるはずです。

年式 10・15モード JC08モード 実燃費
初代プリウス(NHW10)
1997年10月〜2000年4月
28.0 km/L - 18.26 km/L
初代プリウス(NHW11)
マイナーチェンジ
2000年5月〜2003年8月
29.0〜31.0 km/L - 19.02 km/L
二代目プリウス(NHW20)
2003年9月〜2009年4月
30.0〜35.5 km/L 29.6 km/L 19.97 km/L
三代目プリウス(ZVW30)
2009年5月〜2011年11月
35.5〜38.0 km/L 30.4〜32.6 km/L 19.54 km/L
三代目プリウス(ZVW30)
マイナーチェンジ
2011年12月〜2015年11月
35.5〜38.0 km/L 30.4〜32.6 km/L 19.69 km/L
四代目プリウス(ZVW50)
2015年12月〜
※S/Sツーリングセレクション(FF)
37.2 km/L - 23.08 km/L
四代目プリウス(ZVW51)
2015年12月〜
※A/Aプレミアム/E(FF)
37.2〜40.8 km/L - 23.77 km/L
四代目プリウス(ZVW55)
2015年12月〜
※A/Aプレミアム/S(4WD)
34.0 km/L - 20.32 km/L

初代プリウスでは燃費の表示は「10・15モード」のみでしたが、二代目プリウスからは「JC08モード」が加わります。これは「10・15モード」よりも実際の燃費に近いとされている燃費モードなので数値が低下していることがわかります。

しかし、実燃費では更に数値が低下してしまいます。とはいってもモデルチェンジをするたびに確実に燃費は向上しているので素晴らしいと言えます。

上記からも確認できる様にプリウスの燃費が明らかに悪くなったとは言えないかもしれません。ハイブリッド車の代名詞とも言えるプリウスなだけに、燃費に関してはカーオーナーの関心度は高い様ですね。

※実燃費については「e燃費」を参考にしました。

プリウスの燃費のいい走り方

プリウスの燃費を良くするためにはレシプロエンジンの車とはちょっと違ったテクニックが必要になります。ここからはプリウスの燃費を向上させるためのテクニックについて見ていきましょう。

レシプロエンジンとは
往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。
引用元:Wikipedia

1暖機運転をしない

以前は暖機運転をせずに車を発進させるとエンジンが痛むと言われていました。しかし現在の車、特に国産車では暖機運転をしないとエンジンが痛むということはありません。ちなみに暖機運転をしているとガソリンは消費されます。ということは暖機運転をしなければその分、燃費は向上するということですね。

2タイヤの空気圧は高めに

プリウスに装着しているタイヤの空気圧を高めに設定します。指定値よりも10%程度高くするのが目安です。ただしそれ以上高くするとタイヤの接地面が減ってしまいますので、ブレーキをかけた時などに影響が出ますので注意ですね。

3渋滞ではエアコンを切る

プリウスのエアコンは電気で動いています。ですので走行用バッテリーの電気を消費しないように渋滞時はエアコンを切るようにしましょう。

4エンジンとモーターを併用して発進する

プリウスの様なハイブリッドエンジン搭載車は、ゆっくりとスタートするよりもエンジンとモーターを同時に使って発進する方が燃費は良くなります。意外だと思われるかもしれませんが、事実です。エンジンは効率のいい回転数で使った方が良いので、スピードに乗ったらアクセルを全部戻します。そうするとエンジンは停止します。

5ブレーキの踏み方は軽く長く

プリウスで減速する時はブレーキを軽く、そして長く踏むようにして、なるべく回生ブレーキを使うようにします。こうすることでプリウスのバッテリーに電気が蓄えられます。

スポンサーリンク

冬場のプリウスの燃費はどれくらい?

冬場のプリウスの燃費は他のシーズンと比較すると1〜2割下がるようです。これは暖房を使用するとエンジンが回りっぱなしの状態になる為、仕方がありません。

寒冷地仕様のプリウスには「PTCヒーター」という補助ヒーターが付けられています。電気ヒーターなのですが、これが付いているプリウスは多少は燃費が良いようですよ。

PTCヒーターとは
PTCヒーターは、主成分チタン酸バリウムで製造した高品質な製品です。 自己制御性があり、温度制御が必要ありません。

まとめ

今回はプリウスの燃費にスポットを当てていろいろ見てきました。歴代プリウスはモデルチェンジのたびに燃費は向上しています。その為、あからさまにプリウスの燃費は悪くなったとは言えない様です。

四代目プリウスではJC08モードながらも40.8 km/Lのグレードまで登場しています。実燃費もかるく20 km/Lを超えますので、燃費を気にしている人も十分に満足できる車ではないでしょうか。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事