プリウスのステーションワゴンスタイル、「プリウスa」。

プリウスαを購入を考えているなら、この記事が役に立つかもしれません。

この記事で書かれてある事
  • プリウスαの大きさ(幅、高さ、長さ)
  • プリウスαの定員(何人乗り)
  • プリウスαの燃費・維持費
  • プリウスαはどんな人にオススメな車?

また、お金関係は特に気になると思いますので、プリウスαに実際に乗るとどれくらいの維持費がかかるのか?についても紹介してます。この記事を読むことで、

  • プリウスαがどんな車なのか?
  • プリウスαにかかるお金はどれくらいなのか?

以上についてイメージしやすくなるはずです。ぜひ、最後までお付き合いいただければと思います。

「TOYOTA」プリウスαはこんな車

プリウスα(プリウスアルファ)はトヨタ自動車が製造・販売する、

  • ハイブリッド専用(スプリット方式)
  • ステーションワゴン(2列シート/5人乗りタイプ)
  • ミニバン(3列シート/7人乗りタイプ)

です。3代目プリウスのシャシーを流用していますがホイールベースを80mm延ばしてワゴン/ミニバンとして成立させています。

パワートレーンは3代目プリウスと全く同じ、

「1.8L 直列4気筒DOHC+アシストモーター+電気式無段変速機」

ですが、7人乗りのミニバンタイプはバッテリーがニッケル水素電池からリチウムイオン電池へ変更されています。

これにより3列シートの確保に成功し、駆動形式はFF(前輪駆動)の2WDのみです。

なお、プリウスの方は2015年にフルモデルチェンジされ4代目となっていますが、プリウスαには変更は加えられていません。

新車価格は256〜355万円となっています。

【グレード別比較】プリウスαの大きさ、定員、燃費は!?

さて。ここからはプリウスαの大きさや定員、燃費などについて見て行くことにしましょう。

プリウスα

プリウスαのグレードは全部で5つあります。

  • S“Lセレクション
  • S
  • S“ツーリングセレクション
  • G
  • G“ツーリングセレクション
グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
S“Lセレクション 4,630mm 1,775mm 1,575mm 5人 26.2km/L(JCO8モード)
S 4,630mm 1,775mm 1,575(1,600)mm 5/7人 26.2km/L(JCO8モード)
S“ツーリングセレクション 4,645mm 1,775mm 1,575(1,600)mm 5/7人 26.2km/L(JCO8モード)
G 4,630mm 1,775mm 1,575(1,600)mm 5/7人 26.2km/L(JCO8モード)
G“ツーリングセレクション 4,645mm 1,775mm 1,575(1,600)mm 5/7人 26.2km/L(JCO8モード)

※( )内は樹脂パノラマルーフ装着車。

※JC08モードとは、1リットルの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つ
引用元:Wikipedia

プリウスαには大きく分けて「G」・「S」の2つのグレードがあり、それぞれ「5人乗り」・「7人乗り」を選ぶことが出来ます。

「ツーリングセレクション」

も両グレードに設定されています。

燃費は5人乗り7人乗りともに変わりません。ワゴン/ミニバンとしては”かなり”優秀な値ですよね。

プリウスαの維持費はどれくらいかかる!?

プリウスαの維持費には毎年納める自動車税の他、ガソリン代、自動車保険、メンテナンス代、点検や車検に関する費用、そして人によっては駐車場代もかかることになります。

  • 自動車税:1.8L 39,500円(毎年)
  • 任意保険:67,680円(35歳・車両保険あり/年間)
  • ガソリン代:80,520円(年間1万km 実燃費:19.0km/L レギュラー153円)
  • 車検代:100,000円(2年毎)
  • タイヤ代:205/60R16×4本=48,168円(3年毎)
  • 駐車場(月極):96,000円(8,000円×12ヶ月)

タイヤ代を除くと1年間の維持費は333,700円かかることになります。

実際にはこれに有料道路の料金がかかりますが、やはりハイブリッド車の強みは”燃費”であることがよくわかります。

プリウスαはどんな人にオススメ!?

5人乗りのワゴンタイプは荷物を多く積みたい人に向いています。レジャーばかりでなく自営業の方にもいいかも知れませんね。

7人乗りのミニバンタイプはファミリー層にいいですし、3列目のシートもちゃんと実用的に使えます…が、注意して欲しいのは”モデル末期”の車であるということ。

既に新型のスパイショットも撮影されています。
出典元:NEVER

2019年には4代目プリウスをベースとした新型にモデルチェンジされますので、大幅な値引きがある場合は別ですが、ここは新型の登場を待つのも一考。

4代目プリウスは歴代の中でもその出来の良さが突出していますし、燃費もさらに向上するはずですよ。

まとめ

今回はプリウスαについて見てきました。プリウスのワゴン/ミニバンとして魅力的な一台ではありますが、フルモデルチェンジが目前に迫っています。

先にモデルチェンジされたプリウスは、特にリアサスペンションをしっかりさせたので、シャシーが流用されるプリウスαの走りも期待が出来そうですよ。

トヨタのディーラーと懇意にしている方なら、新型の情報を教えてくれるかも知れませんね♪

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事