中古車界隈では何かと話題の「ガリバーフリマ」ですが口コミでの評判など気になりますよね。更に、ガリバーフリマは個人間売買なのにローンが組めると聞いたんですが本当なのでしょうか。

そこで今回は「ガリバーフリマ」の口コミや評判、あるいはローンのことなど、色々と調査いたしました。

ガリバーフリマとは!?

ガリバーフリマとは運営会社によると次のように説明されています。

質問「ガリバーフリマとはどのようなサービスでしょうか?」

回答「ガリバーフリマは、株式会社IDOMが提供するクルマの個人売買サービスです。売却をご検討の方、購入をご検討の方におトクにスマートに安心してお取引が行えます」

引用元:ガリバー フリマ

いわゆる「C2C(CtoC、Consumer to Consumaer)」と呼ばれる個人間売買のプラットフォームを提供してサービスを行うのが「ガリバーフリマ」というわけです。

個人間売買で有名なところと言えばヤフオクが知られていますが、トラブルが多いことでも知られています。

「ガリバーフリマ」ではトラブルの元となる、

  • 車の査定
  • 書類の手続き
  • 車の引き渡し

などを「ガリバーフリマ」の運営側が代行することによりトラブルを未然に防いでいます。

そして手数料を出品者側・購入者側から徴収することで運営が成り立っいます。

「ガリバーフリマ」での出品者と購入者のメリット

「ガリバーフリマ」での出品者と購入者のメリットは以下の通りです。

購入者のメリット

  • 消費税を払う必要がない
  • ガリバーが査定済
  • 相場より安く購入できる
  • 取引をガリバーが代行してくれる
  • 匿名で顔を合わせることなく取引できる

出品者のメリット

  • 出品料は無料となっている
  • 自分で価格を決められる
  • ガリバーが査定してくれる
  • 売れるまで乗ったまま出品できる
  • 匿名で出品できる

ガリバーフリマの口コミや評判は!?

ネット上での「ガリバーフリマ」の口コミや評判は概ね好意的な内容が多いです。ただ、よく指摘されるのは手数料の高さです。

「ガリバーフリマ」では車の出品者と購入者の双方から手数料を徴収していますが、これについてはあまり高いとは言われません。

ですが購入者が支払うことになる名義変更や車庫証明などの書類の代行料が高いと指摘されています。セット料金となっていて9万円もかかりますから。

ガリバーフリマでローンは組める!?

通常、個人間売買ではローンを組むことは出来ません。当然ですよね。

ですが「ガリバーフリマ」の場合は新生銀行系列の信販会社、株式会社アプラスがローンサービスを提供しています。

「ガリバーフリマ」で車を購入する前に審査を受ける必要がありますが、審査を通れば10〜500万円までの融資を受けることが出来ます。

実質金利は5.9%〜11.9%と新車のローンと比較すると高めですが、個人間売買でローンを利用出来るのは便利ですよね。

ガリバーフリマでトラブルに巻き込まれない為に心がける事

「ガリバーフリマ」では購入する車を事前に直接見たり、試乗することが出来ません。ネット上の車の画像と情報のみで判断することになります。

ですので、なにか疑問点がある場合はコメント欄から質問したり、あるいは運営に電話やメールで問い合わせる必要があります。

あとは「ガリバーフリマ」の査定を信じるしかありません。

心配な方は有料となりますが保証をつけることが可能です。

  • 料金は29,800円(保証期間は3ヶ月)
  • 対象となる車両は国産車で走行距離が20万km以下
  • 保証額は最大で車両本体価格の「半額」まで

※保証内容はエンジンやブレーキなど限定的となっているので注意が必要です。

まとめ

以上、「ガリバーフリマ」の口コミや評判、ローンについて見てきました。

個人間売買なのにローンまで使えるというのは画期的なサービスですが、やはり実車を見ることが出来ないというのは最大のネックかも知れません。

ですが下駄として使う車を安く手に入れることが出来るのはやはりメリットだと感じました。

「ガリバーフリマ」を利用する場合はメリットとデメリットについてよく考えてからにしましょう。

あなたにおすすめの記事