雨が降り出したら当然ワイパーを使用しますが、時には「キュッ!キュッ!」という音がして、吹き残しが目立つようなことがあります。

私も過去にキュッキュッって音が頻繁になっていたことがあったので何が原因なのかな?と思ったことがあります。そこでこの記事では、

  • ワイパーの「キュッ!」って音の原因
  • ワイパーの交換方法や交換時期について

紹介したいと思います。この記事を最後まで読んでいただくことで、何故ワイパーが「キュッ!キュッ!」っと鳴っていたのかも理解することができるはずですよ。

ワイパーの「キュッ」音がうるさい原因は何!?

ワイパーの「キュッ!キュッ!」という音は正直、耳障りですよね。実はワイパーの「キュッ!キュッ!」という音は、

  • ワイパー自体に原因がある場合
  • フロントガラスに原因がある場合

の2種類あります。それぞれ対処法も違ってきますので見極めることが大切です。主な原因としては、

ワイパー自体に原因がある場合
  1. ワイパーゴムの劣化
  2. ワイパーアームが曲がった
  3. フロントガラスに油膜が付着している
  4. ガラスコート剤にムラがある

以上が考えられます。では、ワイパー自体に原因がある場合、そしてフロントガラスが原因にある場合を順に見ていきましょう。

1ワイパーゴムの劣化

ワイパーゴムが劣化して固くなると「キュッ!キュッ!」っと音が出るようになります。そして払拭も十分にできなくなりますから、拭き残しが目立つようになります。

こうなると雨の日の運転に支障をきたしますので、交換しなければなりません。交換すれば音が収まり十分な払拭面積を得られるようになります。

2ワイパーアームが曲がった

ワイパーを取り付けているアームが曲がると、フロントガラスとワイパーゴムが密着できなくなり、音が出る原因となります。

アームが曲がる原因としては、子供のいたずらなどが考えられますが、雪国などでは雪の重みで曲がることがあります。

多少曲がったくらいなら自分で直すことも出来ますが、フロントガラスとワイパーゴムをきちんと密着させる必要もあるので、自信がない場合は修理工場に持ち込む方が安心です。

3フロントガラスに油膜が付着している

フロントガラスにワックスなどの油膜が付着していると、その部分は払拭できないので音が出ることがあります。

その場合、車用のガラスクリーナーなどで油膜を除去することで音は出なくなります。また、フロントガラスの油膜は、特に夜間はギラついて視界に悪影響があるので、必ず除去するようにしましょう。

4ガラスコート剤にムラがある

フロントガラスをガラスコート剤でコーティングしている場合、塗り方にムラがあると音が出る原因となります。フロントガラスとワイパーゴムの間に隙間が生じるからです。

この場合は、ガラスコート剤を一度落として均一な厚さで塗り直さなければなりません。均一な厚さになれば音は出なくなります。こちらも慣れていないと難しく感じるので、心配な場合は修理工場で見てもらいましょう。

ワイパーの交換方法や交換時期は!?

ワイパーゴムの劣化から「キュッ!キュッ!」という音が出ている場合は直ちに交換することになります。ですが通常はどれくらいの時期で交換すればいいのでしょうか。

ワイパーの交換時期は通常は1年と言われています。ただ雨が多い地方や雪国などではこれより短くなる場合もあります。

交換方法には2つあって、簡単なのはワイパーブレードごと交換する方法です。アームからワイパーブレードを外して、新しいものに付け替えるだけですみます。

もし、節約したいのであればワイパーゴムだけ交換する方法もあります。この場合は、ゴムの形状や長さなど車種によって異なりますから、事前に調べておく必要があります。

また、ワイパーブレードは経年劣化するので、ゴムだけ交換する場合は2年に一度はブレードごと交換するのがオススメです。

ワイパーが動かない時の原因

ワイパーをONにしても動かないことがあります。それには、

ワイパーが動かない時の原因
  1. ナットの緩み
  2. アースの不良
  3. ヒューズが切れている
  4. モーターが故障した
  5. ワイパースイッチが故障した

などの原因が考えられます。では順にワイパーが動かない時の原因を見ていきましょう。

1ナットの緩み

モーター音は聞こえるのにワイパーが動かない場合はナットの緩みが考えられます。ワイパーは雪などで高負荷がかかるとナットが緩んで故障しないように設計されています。

ナットはワイパーの付け根部分にあります。

大抵はプラスチックのカバーが付いているので、カバーを外して締め直せば動くようになりますが、ただしナットはあまりきつく締めないようにして下さい。

高負荷がかかった時に緩まなくなるとワイパーのシステムが壊れてしまいます。

2アースの不良

ワイパーが動かなくなる原因で一番多いのがアースの不良です。バッテリーからモーターへ電流が流れるわけですが、最後は車のボディにアースとして繋がれています。

これが緩んだり外れたりするとワイパーは動かなくなってしまいます。アースをしっかり繋げば問題解決です。

3ヒューズが切れている

ヒューズが切れるとワイパーは動きません。

ヒューズボックスを点検して切れていたら交換することで解決します。ただしヒューズが切れたということは、過電流が流れたということですから、修理工場で点検してもらった方が無難です。

4モーターが故障した

これはどうしようもないです。

修理工場へ依頼することになりますし、車種によって費用は異なりますが、おおむね2〜4万円はかかるかと思います。

5ワイパースイッチが故障した

これも交換することになります。

素人では手に余る作業になりますので、修理に出すわけですが費用は1〜2万円程かかります。

まとめ

以上、ワイパーが「キュッ!キュッ!」っと鳴っていた原因やその対処法について紹介しました。ワイパーは雨の日には無くてはならない大事なパーツです。

気になった時で構わないので時々は点検する様にしましょう。晴れている時に異常を見つけることで早めに安全を確保することが出来ますからね。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事