HONDAが販売しているミニバンタイプのステップワゴン。

ステップワゴンのご購入を考えているなら、この記事が役に立つかもしれません。

この記事で書かれてある事
  • ステップワゴンの大きさ(幅、高さ、長さ)
  • ステップワゴンの定員(何人乗り)
  • ステップワゴンの燃費・維持費
  • ステップワゴンはどんな人にオススメな車?

また、お金関係は特に気になると思いますので、ステップワゴンに実際に乗るとどれくらいの維持費がかかるのか?についても紹介してます。この記事を読むことで、

  • ステップワゴンがどんな車なのか?
  • ステップワゴンにかかるお金はどれくらいなのか?

以上についてイメージしやすくなるはずです。ぜひ、最後までお付き合いいただければと思います。

ステップワゴンはこんな車


ステップワゴン(Step wgn)は、本田技研工業が生産、販売するミニバン型の乗用車です。

初代は1996年にクリエイティブ・ムーバーの第3弾として発売されました。当時、日本のワンボックス型乗用車は商用車ベースが多く、運転席下にエンジンがあるキャブオーバータイプがほとんどでした。

そんな中ステップワゴンは、

  • FF(前輪駆動)レイアウトによる床の低さ
  • 四角いシンプルなスタイル
  • 戦略的な低価格

などにより一気に人気モデルとなりました。現行モデルは2015年に発売された5代目です。パワートレーンは、

パワートレーン
  • ガソリン車が「1.5L 直列4気筒 直噴DOHCターボ+CVT」
  • ハイブリッド車が「2.0L 直列4気筒DOHC i-VTE C+i-MMD(電気式無段変速機)」

となっています。駆動形式はガソリン車には4WDと2WDが用意されており、ハイブリッド車はFFの2WDのみの設定となっています。

新車価格は245〜371万円です。

【グレード別比較】ステップワゴンの大きさ(幅、高さ、長さ)、定員、燃費は!?

さて。ここからはステップワゴンの大きさや定員、燃費などについて見ていきましょう。まずは1.5Lのガソリン車から、次にハイブリッド車を見ることにしましょう。

ステップワゴン

ステップワゴンのグレードには、

  • B Honda SENSING
  • G Honda SENSING
  • G・EX Honda SENSING
  • SPADA Honda SENSING
  • SPADA Cool Spirit Honda SENSING

の5つがあります。ではグレード別に表にしましたので各性能を見てみましょう。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
B Honda SENSING 4,690mm 1,695mm 1,840(1,855)mm 7/8人 17.0(15.4)km/L(JCO8モード)
G Honda SENSING 4,690mm 1,695mm 1,840(1,855)mm 7/8人 16.2(15.4)km/L(JCO8モード)
G・EX Honda SENSING 4,690mm 1,695mm 1,840(1,855)mm 7/8人 16.2(15.4)km/L(JCO8モード)
SPADA Honda SENSING 4,760mm 1,695mm 1,840(1,855)mm 7/8人 16.0(15.0)km/L(JCO8モード)
SPADA Cool Spirit Honda SENSING 同上 同上 同上 同上 15.4(15.0)km/L(JCO8モード)

※( )内は4WD。

※JC08モードとは、1リットルの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つ
引用元:Wikipedia

ステップワゴン”ハイブリッド”

ステップワゴン”ハイブリッド”には、

  • SPADA HYBRID B Honda SENSING
  • SPADA HYBRID G Honda SENSING
  • SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING

の3つがあります。では各グレード別にみていきましょう!

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
SPADA HYBRID B Honda SENSING 4,760mm 1,695mm 1,840mm 7人 25.0km/L(JCO8モード)
SPADA HYBRID G Honda SENSING 4,760mm 1,695mm 1,840mm 7人 25.0km/L(JCO8モード)
SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING 4,760mm 1,695mm 1,840mm 7人 25.0km/L(JCO8モード)

ハイブリッド車はさすがに燃費がいいですね。

ですが1.5Lのガソリン車は、*ダウンサイジングターボエンジンなので、ミニバンタイプとしては燃費は悪くありません。

※ダウンサイジングターボエンジン:燃費向上のためにエンジン本体の排気量を小排気量化し、その分ターボを付けて不足分のパワーを補う仕組み

ステップワゴンの維持費はどれくらいかかる!?

ステップワゴンの維持費には毎年納める自動車税の他、ガソリン代、自動車保険、メンテナンス代、点検や車検に関する費用、そして人によっては駐車場代もかかることになります。

  • 自動車税:1.5L 34,500円 2.0L 39,500円(毎年)
  • 任意保険:62,160円(35歳・車両保険あり 年間)
  • ガソリン代:133,032円(年間1万キロ 実燃費:11.5km/L レギュラー153円)
  • 車検代:100,000円(2年毎)
  • タイヤ代:205/60R16×4本=48,168円(3年毎)
  • 駐車場(月極):96,000円(8,000円×12ヶ月)

タイヤ代を除くと1年間の維持費は375,692円〜380,692円かかることになります。実際にはこれに有料道路の料金がかかります。

5ナンバーサイズのミニバンとしては標準的ですね。

ただ、ガソリン車とハイブリッド車は85万円の価格差があります。自動車税も年間5千円ハイブリッド車の方が高くなりますから、毎年よほどの距離を乗る人以外は1.5Lのダウンサイジングターボエンジンをチョイスしたほうがいいと思います。

ステップワゴンはどんな人にオススメ!?

日本の道路では使いやすい5ナンバーサイズのミニバンですから、所有する人や使い方を選ばない車でしょう。

すなわち万人にオススメできる車です。

子供が1〜2人いるファミリーだけではなく、荷物を沢山積み込んでキャンプなどのレジャーに使うのもいいでしょう。

特にステップワゴンはミニバンらしい広々とした室内空間と収納力も言うことなしです!ファミリーや友人とのキャンプ等のレジャーでもその力を発揮します。

特に最後部席については先ほど動画で南明奈さんが感動していた様に、片手で折りたたむ事が出来るので女性の方でも安心して使いこなす事ができます。

また、子連れファミリーには嬉しい足元センサーでのドアの開閉もあります。例えば、遊び疲れたお子さんが寝てしまい抱っこしている状態でも、足をサッとステップワゴンに近づけることで、リア部分のドア開閉が可能なのです。

買い物で両手がふさがっている時でも重宝しそうですよね♪

ベストチョイスは1.5Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載した7人乗りのFFがオススメです。また、雪深い地方以外は4WDは必要ないかな?と思います。

まとめ

今回はステップワゴンについて見てきましたがいかがでしたでしょうか?ハイブリッド車の燃費はたしかに魅力的に映ります。

ただ、ガソリン車との価格差を考えると少し首を傾げたくなります。

1.5Lのガゾリン車の値付けが安いのかも知れませんが価格差は大きすぎるのかな〜と…。燃費は車選びでは重要なポイントですが、全体のバランスをよく考えて決めると良いですね。

あなたにおすすめの記事