最近は軽自動車も耐久性が上がってきました。軽自動車の中古車でも問題なく使えるようになっています。

そこで今回は中古車、それも軽自動車に絞ってうまく購入するポイントや選び方をご伝授したいと思います。

これまで中古車を購入した経験がない方でも、最後までお読みいただければ、安心安全なお買い物が出来るでしょう。

「中古車」軽自動車の購入時、何を基準に選ぶ!?

軽自動車を購入するとして、何を基準にして選べばいいのでしょうか。一言に軽自動車といっても、

  • トラック
  • ハッチバック
  • トールワゴン
  • 1BOX
  • オープンカー

など様々です。価格の安さだけで飛びついてしまうと、使いにくい軽自動車を選んでしまうことになるかも知れません。

どうすれば失敗のない軽自動車選びが出来るのか、選び方を順を追って見ていきましょう。

1)車の使い方でタイプを決める

まずは自分が車を何に使うのかをハッキリさせましょう。

例えば、農作業に使うのなら軽トラック一択になりますよね。そのように用途を明確にすればどんな軽自動車がいいのか選び方も決まってきます。

具体的に言うと通勤や通学に使うのならハッチバックタイプが適しているでしょう。買い物など大きな荷物を乗せる機会が多いのならトールワゴンタイプがオススメです。幼稚園の送り迎えやレジャーユースであれば1BOXタイプが無難に使えると思います。

2)使える予算で決める

車のタイプを決めたら予算を設定して下さい。

中古車の価格は需要と供給によって決まってきます。スズキハスラーなどは人気が高い軽自動車なので中古でも高価格です。

型落ちや既に生産されていない車種などは安く買うことが出来ます。自分のお財布と相談して無理のない金額にすることが大事です。

3)求める条件で決める

タイプを決め予算を設定したら、あとは求める条件を決めましょう。条件というのは例えば以下のようなものがあります。

  • 車体のカラー
  • 車のグレード
  • 年式
  • 走行距離
  • 燃費

これらの中からどうしても譲れない条件以外は妥協するようにして下さい。そうしないと予算の枠を超えることになります。

私の経験から言えば車体のカラーや車のグレードはこだわらない方がいいと思います。それよりも年式走行距離に目を向けましょう。

より質の高い軽自動車の選び方

中古車であっても車というのは高い買い物です。出来ればより質の高い軽自動車を選びたいものです。何か選び方にコツはあるのでしょうか。

車のタイプや予算、条件も決まっていますので、なるべく良い車を買いたいですよね。どうすればいい車を選べるのか見ていきましょう。

1)整備手帳をチェックする

まずは整備手帳をチェックして下さい。

車検の内容や車検以外での修理歴などがわかります。最近では軽微な修復は「修復あり」と明示されて安く売られています。

その修復が例えばドアを門柱にぶつけて直した程度であればいい買い物になるかも知れません。それらの情報はすべて整備手帳に記載されています。

2)開けられるところは開けて見てみる

すべてのドアやトランク、ボンネットはもちろん、車内のグローブボックスなど、開閉出来るところはすべて開閉してみてください。

そしてガタがないか動きが渋くないかを確認しましょう。

ウィンドウも必ず上下させて動きを見て下さい。車検できちんと整備されている車なら、軽自動車であっても10年位ならしっかりしているものです。

3)必ず試乗する

車には必ず試乗して下さい。そして以下のポイントをチェックして下さい。

  • 異音はしないか
  • ステアリングが左右どちらかに取られないか
  • ステアリングを回した時に引っかかりはないか
  • 直進安定性に問題はないか
  • ブレーキはよく効くか
  • 乗り心地はいいか

これらのポイントは街中で30~40キロで走っても十分チェックすることが出来ます。神経を集中すれば誰でもわかりますからご心配なく。

軽自動車の中古車を購入する際の3つの注意点!

ここからは中古車を購入する際の注意点についてお話しましょう。

1)購入する店を選ぶ

車選びの前に店選びから入りましょう。

オススメはメーカー系の中古車販売店です。独立店の中古車屋も悪いとは言いませんが、メーカー系なら下取りで入ってきた自社製品を扱うことになりますから、整備などを含めて安心です。

最近ではメーカーが本腰を入れていますから、サービスも期待できます。

2)晴れた日に見に行く

必ず晴れた日に車を見るようにして下さい。

曇りやましてや雨では様々なチェックをすることが出来ません。明るいところでじっくり品定めをするようにしましょう。

3)車に詳しい人に来てもらう

先程の「必ず試乗する」で上げたポイントはじつは重要です。ですから自信のない方は車に詳しい人に来てもらいましょう。

試乗の際はチェックポイントを伝えて自分は助手席に座って下さい。少なくとも乗り心地はわかるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これで中古車選びも怖くなくなったことと思います。冒頭でも触れましたが、最近の軽自動車の耐久性は、普通車と比べても遜色(そんしょく)ありません。

楽に10万キロは走れます。ですから、中古車の軽自動車を購入する場合はまず、

  • 使い方
  • 予算
  • 求める条件

を明確にしておきましょう。中古車選びもスムーズに行うことができます。

軽自動車の中古車市場は特に最近人気があるので、色々な車種が市場出ていますのでじっくりと品定めしてみて下さい。

そして満足の行く中古車購入を実現しましょう。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事