「プリウスの寿命ってどれくらいなんだろ」

「プリウスの走行距離の限界って何kmくらいなんだろ」

などハイブリッドカーの代名詞でもあるプリウスですが、通常のガソリン車と比較してどれくらい違うのかって知りたいですよね。又、一度の給油でどれくらいの距離を走ってくれるのかも気になるところ。

そこでこの記事では、プリウスの寿命や走行距離などについて紹介したいと思います。当記事を読んで頂くことで、プリウスの寿命や走行距離、一度の給油でどれくらいの距離を走ってくれるのかも知る事ができるはずです。

ぜひ最後までお付き合い頂ければと思います。

プリウスの寿命は何年くらい!?

車の寿命と一言で言ってもエンジンやパーツなど、様々な寿命があります。特にプリウスはハイブリッド車ですので、バッテリーやモーター、それらの制御装置など車の構成が複雑になっています。それぞれの寿命について見て行きたいと思います。

プリウス本体の寿命は!?

一般的に車の寿命というのは、その車が動かなくなるまでと考えます。プリウスの場合もそうなります。初代プリウスが登場したのは1997年。

つまり一番古いプリウスは22年前の車ということになります。そして初代プリウスはまだ走行している個体が多く残っていますので、20年は寿命があると言えます。

プリウスの走行距離の限界は何km!?

通常のガソリン車の場合はメンテナンスさえしっかり行えば100万キロは走ることが出来ます。プリウスの場合も同じことが言えます。なぜなら自家用車と比較すると桁違いに走行距離の長いタクシーに使われているからです。

ちなみに現在世界一走行距離の長い車はボルボP1800です。なんと450万キロ以上を走行しているそうですよ。

プリウスのハイブリッドシステムの寿命は!?

プリウスはハイブリッド車ですので、ハイブリッドシステムの寿命も気になるところです。じつはハイブリッドシステムの中でも故障しやすいパーツがあります。それは「インバータ」と呼ばれるパーツで、役割はモーターの回転数を制御する装置になります。

バッテリーとモーターに挟まれていて、しかも常に大電流が流れており、発熱も大きいので専用のウォーターポンプで冷やされています。このウォーターポンプとインバータにトラブルが出やすいと言われています。

概ね10万キロ〜15万キロで故障するケースが多いようです。ちなみにインバータの交換費用は15万円ほどかかるようです。

プリウスのハイブリット駆動のバッテリー寿命は!?

プリウスの駆動用バッテリーの寿命は10万キロと言われています。これは放電と充電を頻繁に繰り返すことから、バッテリーが徐々に劣化していくためです。

そうなると10万キロで交換することになりますが、交換費用は20万円は見ておかなければならないので、継続して乗り続けるのかどうか思案のしどころではあります。

プリウスの補機バッテリーの寿命は!?

プリウスには駆動用バッテリーの他に、ライト類やエンジン始動などのための補機バッテリーが搭載されています。通常のガソリン車のバッテリーと同じなので、定期的に交換すべきパーツです。

弱ったバッテリーを使い続けると、ある時突然エンジンがかからなくなったり、プリウスのドアの開閉が出来なくなってしまいます。寿命は3〜4年で、交換費用は工賃とバッテリー代を合わせて3〜4万円です。

プリウスの足回りの寿命は!?

国産車の足回りは元々タフネスさで定評があります。これは1960年代からの伝統のようなもので、当時の日本は未舗装路が多く砂利道ばかり走らなければならなかったので、必然的に足回りが丈夫になったというわけです。

そのためプリウスの足回りもサスペンションについては、車体と同等以上の寿命があると言えます。したがって20年は持つと思っていいでしょう。当然タイヤは定期的に交換しなければなりません。

プリウスは満タンでどれくらい走る?

現行の四代目プリウスはガソリンを満タンにするとどれくらい走るのでしょうか。カタログ上の数値で見るとこのようになります。

プリウス(ZVW50)Sツーリングセレクション

37.2km/L(燃費)×43L(タンク容量)=1,599.6km

実燃費は20〜25km/Lですから860〜1075kmくらいは走る計算になります。実際私も30系のプリウスに乗っていますがこの計算で概ね合っています。

プリウスの走行可能距離 が0になったらどうなる!?

極論から言えば航続可能距離が0になっても走行は可能です。航続可能距離はあくまでも目安なんですね。ガソリン残量の警告ランプは、ガソリンが6Lになると点灯します。

ですから普通に運転していれば120kmくらいは走行することが出来ます。ですがギリギリまで我慢するのはやめた方が無難です。

ガソリンの残量が半分になったら給油をする癖を付けておいた方が◯。突然、長距離を走ることになるかもしれないですからね。

プリウスの寿命を長くする為に意識する事

燃費の良さで知られるプリウスですが、ガソリン代で元を取ろうとすると、最低10年は乗らなければなりません。寿命を長くするためには、なにか方法はあるのでしょうか。寿命を伸ばすために心がけたいことをいくつかご紹介します。

ガレージやカーポートの設置

これはプリウスに限ったことではありませんが、青空駐車では車の傷みは早くなります。特に紫外線は車のペイントやシートなどを痛めます。

出来ればガレージで保管するようにしましょう。ガレージが無理な場合、せめてカーポートを設置しましょう。

点検と整備を怠らない

車はメンテナンスを怠らなければ10年10万キロくらいは問題なく使えます。プリウスも同様なので、メンテナンスはしっかり行いましょう。

車検をキチンと受けていても、なにか気になる音や振動などを感じたら、ディーラーで点検してもらいましょう。

消耗品は交換する

消耗品は定期的に交換するようにしましょう。

  • エンジンオイル
  • オイルエレメント
  • 冷却水
  • ブレーキフルード

などは消耗品です。必ず定期的に交換するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はプリウスの寿命や走行可能距離の限界などについて見てきました。走行用バッテリーを交換することを考慮に入れると、20年20万キロは使えそうですね。

実際にはそこまで乗る方は少ないかもしれませんが、それだけのアドバンテージがあるということは安心できますよね。

これからプリウスを購入しようと考えている方も現在プリウスに乗っている方もプリウスの寿命や走行可能距離をある程度把握しておくとカーライフ設計がしやすいですよね。

車売るなら下取り以外をオススメします!

私は過去に新車購入の為にお世話になっていたディーラーに車の下取りをお願いしたことがありました。しかし、下取りの査定額は予想をはるかに下回る査定額でした。


当時、一旦ディーラーの下取りを諦めて「車一括査定」へ試しに申し込みをし、登録してある複数の業者に同時査定をしてもらった結果、ディーラーよりも最大で276,000円の価格差があったのです。

申し込み自体も簡単ではじめに「概算金額」を知る事もでき、愛車の現時点での「相場金額」も知ることができました。


無料一括査定であれば一度の申し込みで最大10社の買取金額と比較することができますし、何より申し込み自体も1分程度で終わりますのでオススメです。


►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


あなたにおすすめの記事