新車購入時に必要な書類や流れ!ローンで購入する際の注意点

新車購入時に必要な書類って何!?

ローンで車購入を考えているけど注意点とかないのかな?

と新車購入時には色々な疑問が出てきます。家の次に高価な買い物と言われている車の購入ですが、車を購入する際にも実は必要な書類があります。

また、新車を購入する際はローンを利用して車を購入する方も多いと思いますが、ローンを利用するにはもいくつか注意点があります。そこで今回は、

  • 新車購入時に必要な書類
  • 新車購入時の流れについて
  • ローンを利用する際の注意点

などについて紹介したいと思います。見落としがちな新車購入時の注意点もありますので是非最後まで目を通していただければと思います。

スポンサーリンク

新車購入時に必要な書類

新車購入時には様々な書類が必要になります。そして普通自動車と軽自動車では揃える書類が異なるので注意が必要です。

印鑑と印鑑証明

軽自動車の場合は認印で大丈夫です(シャチハタはNG)。

しかし、普通自動車は資産と見なされるので、国に登録することが義務付けられています。そのため実印を押印する必要があります。

そして、確かに実印として登録してあることを証明するため印鑑証明を用意しなければなりません。印鑑証明は最寄りの市区町村の窓口で発行してもらえます。

※発行は即日

軽自動車は認印でOK、普通自動車は実印と印鑑証明ですね。

車庫証明申請書(普通車)

普通自動車は購入する前に車庫を用意しておく必要があります。そして確かに車庫があるという証明書を用意しなければなりません。それが車庫証明書というわけです。

車庫証明書は駐車場を管轄している警察署で申請することが出来ます。

車庫証明書は申請に2,100円交付に500円の費用がかかることも覚えておきましょう。車の販売店に代行をお願いできますが、その場合は代行料として1~2万円の費用が発生します。

また事前に以下の書類が必要なので合わせて揃えておきましょう。

  • 保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所使用承諾証明書または保管場所使用証明書
  • 保管場所の所在図・配置図

※車庫証明書は発行までに3~5日と時間がかかります。あらかじめ見越しておきましょう。

普通自動車の場合は車庫証明を所轄の警察署に申請・交付してもらいましょう。

保管場所届出(軽自動車)

軽自動車の場合は保管場所届出という書類を提出します。提出は車の購入後でも可となっています。

保管場所届出は車庫証明書と同様、駐車場を管轄している警察署で申請します。

必要な書類は軽自動車の車検証のみですので、手続きは簡単です。即日発行され、手数料は550円です。

※発行は即日

委任状

車の登録や取得に関する手続きはディーラーが代行します。そのため委任状が必要となります。ただし自分で用意する必要はありません。ディーラーが用意してくれるので、必要事項を記入して認印を押せばそれで完了となります。

※発行は即日

委任状はディーラーが用意してくれます

住民票(軽自動車)

軽自動車は現住所の確認のために発行から3ヶ月以内の住民票が必要になります。住所の確認のみですから、本籍や続柄の記載までは必要ありません。

住民票は市区町村の窓口で発行してもらえます。手数料は約300円です。

※発行は即日

軽自動車の購入時には住民票が必要です

新車購入時の流れは!?

ここで新車を購入する際の流れを確認しておきましょう。

①予算を決める

まず最初に予算を決めましょう。車の購入には車両価格の他に様々な費用がかかります。全てを含んだ予算として下さい。

目安は車両価格+30万円〜50万円です。

②車のタイプを決める

車に何を求めるのかによって車のタイプは変わってきます。一人か二人で峠道を飛ばしたいのなら2ドアのスポーツカーになるでしょうし、家族4人でレジャーや買い物に使いたいのなら、4ドアセダンやワゴン、ミニバン等が最適だと思います。

タイプを決めたらメーカーがどんな車を用意しているのか調べましょう。どのタイプの車でも2~3車種はライバル車があるものです。

比較することになるかもしれませんので、きちんと押さえておきましょう。

③販売店に足を運ぶ

具体的な車種が決まったら、その車を販売しているディーラーに行きましょう。実車を見て中の広さなども確認し、必ず試乗をして下さい。

試乗は大事なポイントで、実際に乗ってみることでその車が自分や家族に合うのかどうかがわかります。

④気に入ったら商談に

その車が気に入ったのなら商談に入ることになります。値引きの要求などはこの段階で行うことになります。ただし注意しなければならない点が2つあります。

1つ目はメーカーオプションです。

これは注文時にしか取り付けが出来ませんので、必要だと思ったら新車購入時に忘れずに注文して下さい。

2つ目は車の納期です。

多くの車は注文から1~2ヶ月程度で納車されますが、例えばスズキ・ジムニーは現在も注文が詰まっていて、納車は1年後になるとまで言われています。

またトヨタ・アルファードも人気があり納車は半年後が普通です。納車されるまでは今の車に乗るわけですので、新車が来ないうちに車検が切れることもあり得ますので、よく確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

新車をカーローンで購入する際の注意点

ここからは車のローンについて見ていくことにしましょう。新車をカーローンで購入する際にはいくつか注意点があります。

車のローンは厳しい?落ちてしまう理由とは?

銀行や金融機関にとってローンは商品です。

そのため出来ればたくさん利用して欲しいと願っていますが、だからといって無条件で組むわけにも行きません。それぞれ審査基準があってそれを通った人にだけ利用してもらうことになります。

普通に会社に勤めているなら落ちることはまずありませんが、ちょっとした不注意で落ちてしまうことがあります。それは携帯端末の分割料金の未払いです。

携帯端末の分割料金もローンの1つです。携帯端末の利用料金と一緒に毎月払うものですが、ついうっかり払い忘れるとローンの支払が遅れたことになります。そうなると信用情報に載ってしまうので結果落ちてしまうという事になります。

ローンの審査基準や通るコツは?

金融機関により差はありますが、以下に該当する人は審査に通らない可能性があります。

  • 購入金額に比べて年収が低い
  • 勤めている会社の勤続年数が1年未満
  • 過去にローンを返済できなかった事がある
  • 記載事項に虚偽がある
  • 同居している家族の中にブラックリストに載っている人がいる
  • 既に返済額の多いローンを抱えている
  • 収入が不安定
  • 無職である
  • 年金受給者
  • 税金の支払いが滞っている
  • パートやアルバイトである
  • 30代以上なのにクレジットやローンを利用したことがない

審査に通らない人は、通らない理由を解決しなければ利用できません。強いてコツを言えばちゃんと働くことでしょうか…。

普通に働いていればそうそう審査に落とされることはないかと思いますよ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は新車購入時に必要な書類と車を購入するまでの流れ、車をローンで購入する際の注意点などを見てきました。

普通自動車はいろいろと面倒ですね。

軽自動車が優遇されているのは税金だけではないことも今回の流れで確認できました。車を購入する際の参考にしてみて下さい。

お得に車を買い替えたい方は必見!

あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたか?実はそれ、確実に損しています

 

下取りではなく、買取専門店に売るほうが確実に高く売れるのです。私の愛車であるプリウス(8年落ち6.5万キロ)を査定したところ、54万円の値段がつきました。

 

ちなみに、下取り価格は21万円でした。

 

33万円UPです。

 

あなたも愛車を高く売って、お得に車を買い替えちゃいましょう。

車一括査定サイトおすすめランキングベスト5
かんたん車査定ガイド
たった45秒の入力で買取相場がすぐ分かる!

たった45秒あれば車一括査定が申し込みできる!

業界トップクラスの簡単申し込みが可能なのが、その名の通り「かんたん車査定ガイド」です。

24時間どんな時でも短時間で車の一括査定依頼ができるのは、忙しい現代人にとって大きな魅力です。

業者からの連絡を待たずに、申し込み後すぐ査定の概算価格がチェックできるのも嬉しいポイント。

提携業者は現在49社(HPより計算)と大手企業に比べれば少ないですが、地方の買取店などとも多数提携しているため地方ユーザーにとっては心強いはず!

特徴
特徴①:入力する項目も少なく最短32秒の速さであなたの愛車を一括査定します
特徴②:中古車一括査定を考えるならまず利用しておきたいサイト
特徴③:他社で比較する際のベースとなる金額も一括して分かる
特徴④:早く車を売却したい人にはお勧めのサイト

 

カーセンサー
カーユーザーならここは抑えておくべき!

参加企業数500社以上と圧倒的な提携ルートを持つカーセンサー

リクルートが運営しているだけあり、提携している買取業者は精査されているため安心して依頼が出来ます。

一般的な買取りでは敬遠されがちな改造車や廃車寸前の車にも強いと言われており、様々なユーザーの期待に応えてくれるはずです。

特徴
特徴①:中古車買い取り業界では最も有名な一括査定のサイト
特徴②:軽自動車~高級車、改造車や廃車寸前の車でも納得のいく一括査定が望めます
特徴③:中古車一括査定サイトの中で提携会社数も業界ナンバーワン
特徴④:90秒で簡単無料一括申込み
特徴⑤:買取り業者からの電話連絡を減らすことが出来る唯一の一括査定サイト

 

ユーカーパック
今までとは違う新しい形の車一括査定!

芸能人のローラさんがイメージキャラクターを務める人気急上昇中の新しいタイプの車一括査定です。

何と言ってもユーカーパックの最大のメリットは、車一括査定サイト利用時における業者とのやり取りを全てカットできるという点でしょう!

私たちはユーカーパックのスタッフとだけやり取りをすれば良いのです。

従来の一括査定のにありがちだった、申し込みと同時にたくさんの業者から電話が。。。というデメリットが無いのです。

特徴
特徴①:個人情報が買取り業者に流れないので、電話はユーカーパックからのみで安心!
特徴②:申込みを知ったと同時に愛車の買取相場が分かる!
特徴③:オークション形式の買取りなので入札買取額をチェックするだけ!
特徴④:提携している近所のガソリンスタンド等でやり取りが出来る

 

カービュー
カービューはみんカラ運営の大手査定会社

車の情報サイトといえばここ、カービューでしょう。

新車や試乗の情報だけでなく、車一括査定に関してもしっかりとしたサービスを提供しています。

200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時見積もり。利用者はなんと400万人を超え、トップクラスの実績を誇ります。
入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。

特徴
特徴①:200社を超える豊富な買取業者から、最大8社まで同時一括見積もり。
特徴②:利用者が400万人超えで、トップクラスの実績!
特徴③:入力にかかる時間はかんたん車査定ガイド同様、最短45秒。
特徴④:スピーディーな一括査定依頼が実現できるので、忙しい人にもおススメ。
※何より多くのユーザーが利用しているという安心感があるのが良いですし、みんカラを運営している会社ということもあり、車好きならカービューはまず利用したいですね

 

ズバット車買取比較
より多くの査定業者に申し込むならココ!

などバランスのとれた車一括査定会社です。

申し込みフォームへの入力も簡単でわかりやすく、最短1分で査定依頼が完了します。何より、下取りと比較した際の査定額アップ実績が優秀

平均で16万円アップしているほか、プラス10万〜30万未満というユーザーが4割を超えます。

ガリバーやビッグモーター、カーセブンなど安心の大手買取業車はもちろん、地域密着店とも多数提携しているのも魅力です。

特徴
特徴①:参加会社200社以上という豊富な優良一括査定サイト
特徴②:一度の申し込みで10社以上の一括査定を受けることができる。
特徴③:累計利用者数100万人を突破!
特徴④:年中無休でカスタマーサポートが受けれる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事