日産自動車が販売しているミニバンタイプのセレナ。

セレナのご購入を考えているなら、この記事が役に立つかもしれません。

この記事で書かれてある事
  • セレナの大きさ(幅、高さ、長さ)
  • セレナの定員(何人乗り)
  • セレナの燃費・維持費
  • セレナはどんな人にオススメな車?

また、お金関係は特に気になると思いますので、セレナに実際に乗るとどれくらいの維持費がかかるのか?についても紹介してます。この記事を読むことで、

  • セレナがどんな車なのか?
  • セレナにかかるお金はどれくらいなのか?

以上についてイメージしやすくなるはずです。ぜひ、最後までお付き合いいただければと思います。

セレナ(SERENA)はこんな車


セレナ(SERENA)は、日産自動車が製造・販売している5ナンバーサイズのミニバンで、初代は1991年に発売され現行モデルは2016年から販売されている5代目。

初代モデルには商用で「カーゴ」が用意されましたが、現行モデルは乗用車のみとなっています。

セレナのパワートレーン

【ガソリン車】

「2L 直列4気筒 直噴DOHC(MR20DD)+ エクストロニックCVT」

【ハイブリッド車】

「2L 直列4気筒 直噴DOHC(MR20DD)+ SM24(アシストモーター)+ エクストロニックCVT」

さらにセレナには発電機が付いた電気自動車とも言える「e-POWER」搭載車があります。

【e-POWER】

「1.2L 直列3気筒DOHC(発電用)+ EM57(駆動用モーター)」となっており、駆動系は完全に電気自動車なので*トランスミッションは付いていません。

※トランスミッション:変速機

駆動形式はガソリン車は2WDのFF(前輪駆動)のみ、ハイブリッド車は2WDと4WDを選ぶことが出来、「e-POWER」車は2WDのFFとなっています。

新車価格は244〜343万円となっています。

【グレード別比較】セレナの大きさ(幅、高さ、長さ)、定員、燃費は!?

さて、次はセレナの大きさや定員、燃費などについてです。

まずは2.0Lのガソリン車から見て、次にハイブリッド車を、そして最後に「e-POWER」車を見ることにしましょう。

セレナ

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
S 4,690mm 1,695mm 1,865mm 8人 15.0km/L(JCO8モード)

※JC08モードとは、1リットルの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つ
引用元:Wikipedia

セレナのガソリン車はFFのみでグレードも1グレードしかありません。

セレナハイブリッド

セレナのハイブリットのグレードには、

  • X
  • X VセレクションII
  • G
  • ハイウェイスター
  • ハイウェイスター VセレクションII
  • ハイウェイスター G

の6種類が用意されています。各グレードの寸法や燃費については以下の通りになります。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
X 4,690mm 1,695mm 1,865(1,875)mm 8人 17.2(15.8)km/L(JCO8モード)
X VセレクションII 4,690mm 1,695mm 1,865(1,875)mm 8人 16.6(15.0)km/L(JCO8モード)
G 4,690mm 1,695mm 1,865(1,875)mm 8人 16.6(15.0)km/L(JCO8モード)
ハイウェイスター 4,770mm 1,740mm 1,865(1,875)mm 8人 17.2(15.8)km/L(JCO8モード)
ハイウェイスター VセレクションII 4,770mm 1,740mm 1,865(1,875)mm 8人 16.6(15.8)km/L(JCO8モード)
ハイウェイスター G 4,770mm 1,740mm 1,865(1,875)mm 8人 16.6km/L(JCO8モード)

※( )内は4WD

ハイブリッド車はラインナップが豊富で全グレードから2WDと4WDを選ぶことが可能です。

セレナ e-POWER

セレナの「e-POWER」のグレードには、

  • X
  • X V
  • ハイウェイスター
  • ハイウェイスター V

の4種類が用意されています。各グレードの寸法や燃費については以下の通りになります。

グレード 全長 全幅 全高 定員 燃費
X 4,690mm 1,695mm 1,865mm 7人 26.2km/L(JCO8モード)
XV 4,690mm 1,695mm 1,865mm 7人 26.2km/L(JCO8モード)
ハイウェイスター 4,770mm 1,740mm 1,865mm 7人 26.2km/L(JCO8モード)
ハイウェイスター V 4,770mm 1,740mm 1,865mm 7人 26.2km/L(JCO8モード)

「e-POWER」車はガゾリン車と同様のFFのみとなっています。

さすがに「e-POWER」車の燃費は素晴らしいですよね!ミニバンタイプで、しかもハイブリッド車の1.5倍も走るのには驚きです!

セレナの維持費はどれくらいかかる!?

セレナの維持費には毎年納める自動車税の他、ガソリン代、自動車保険、メンテナンス代、点検や車検に関する費用、そして人によっては駐車場代もかかることになります。

  • 自動車税:1.2L 34,500円 2.0L 39,500円(毎年)
  • 任意保険:58,560円(35歳・車両保険あり 年間)
  • ガソリン代:127,488円(年間1万キロ 実燃費:12.0km/L レギュラー153円)
  • 車検代:100,000円(2年毎)
  • タイヤ代:195/65R15×4本=41,428円(3年毎)
  • 駐車場(月極):96,000円(8,000円×12ヶ月)

タイヤ代を除くと1年間の維持費は366,548円〜371,548円かかることになります。

実際にはこれに有料道路の料金がかかります。ただし「e-POWER」車は燃費が抜群に良いのでガソリン代はかなり抑えられると思います。

セレナはどんな人にオススメ!?

セレナは5ナンバーサイズのミニバンとしてかなり優秀な車といえます。独り身の若い人が、遊び車として使うのもいいと思いますし、ファミリー層にはうってつけの車です。

先進的な内装はもちろんのこと、収納力にも長けていますのでどこに行くにもセレナは活躍してくれます。

そうした方々へのベストチョイスはFFのハイブリッド車が価格も手頃なのでお勧めです。そして、HONDAのステップワゴンでも採用されているハンズフリーのスライドドアもかなり魅力です♪

小さなお子さんを抱えていて両手がふさがっていたとしても、大きな荷物を持っていて手が使えなくても、足の動作一つでドアの開閉ができるのはかなり便利ですよ^^

また、燃費だけをみると「e-POWER」車には圧倒されてしまいますが、高価格なのがネック…ですが、車好きで、新しいもの好きの方に是非オススメしたいのが、「e-POWER」車なのです。

セレナ「e-POWER」車の魅力

セレナ「e-POWER」、この車の運転感覚はガソリン車やハイブリッド車とは全く違います。

アクセルペダル一つで加速から減速、そして停止まで出来ます。しかもモーターで駆動していますから出足から太いトルクで車を引っ張ります。

感覚的には3.0Lクラスのトルクを感じさせ、急な坂道でもグイグイ登っていきます。一度運転してみると病み付きになること間違いなしですよ。

まとめ

今回は日産セレナについて紹介しました。

注目されるのは「e-POWER」車ですがやはり価格は気になるところかもしれません。逆に言えば、高い価格というのは良いものであるという裏付けにもなります。

ハイブリッド車との価格差は45〜50万円なのでどっちを購入するかは迷ってしまいますが、長い目で見るとセレナ「e-POWER」は価格以上の活躍をしてくれるはずです。

ぜひ、当記事がセレナ購入の参考になれば幸いです。

あなたにおすすめの記事